さりげなくよく考えられていて感心。取っ手(持ち手)付きコップのサーモス・ステンレススリム0.5L水筒、到着。これで優雅なコーヒーブレイク!

公開日:  最終更新日:2015/10/18

SiSO-LAB

えー、何かと便利な世の中で、冗長なお茶の飲み方が心を潤わせる、なんてことを書きながら、迅速配達のamazon.co.jpを利用して、あっと言う間に商品が届いて喜んでいたりする今日この頃です。自分用のステンレスボトルは超久しぶり!サーモスは、スポーツタイプ?を子ども達が使っていて、半日経っても熱々の実力は体感済みなので安心ですが、到着した商品を眺めていて感心したところが1つありました。

なぜにコップ付きにこだわるステンレスボトル?

これについては、前エントリにて熱く語っていますが(このネタ書こうと思ったときはそんなに熱くなかったんですが、書いているうちにだんだん熱くなってしまいました)、要約すると、こんな感じです。

  • ステンレスボトルは直飲みタイプが多い。
  • 効率的だけど、ゆとりが無い感じがする。
  • コップを使って飲む方がまったりできそう。
  • 持ち手のあるコップなら、さらに優雅かもしれない。
  • まったり優雅に飲めば身も心も潤いそう。

そんなわけでサーモスのステンレススリムボトル 0.5L FEJ-503という、コップ付でしかも持ち手(取っ手)付の水筒を購入しました。購入はいつものamazon.co.jpです。黒猫さんが運んでくれました。

中身は本体と取扱説明書が入っています。それでは、保護用のビニール袋とか外しまして…。

ジャーン!念願の取っ手付きカップのステンレスボトルです。これで休憩のときにコーヒーやお茶を飲むのが楽しくなりそうです。仕事の合間に飲むのもいいですが、やっぱり、お出かけのときに、おもむろにベンチで飲むのがいいかな。

ちなみに、カップと取り外すには、一回転半+アルファ回す必要があります。このあたりも、なかなか優雅に設計されていますね!中せんは、ノッチをスライドしながら上に開きます。ノッチを引くと中せんが自分で持ち上がります(スプリングでも入っているのかな?)ので、慣れれば片手でも操作できます。

しかし、華麗なまったり感を演出するためには、やはりここは両手で操作でしょう。

さすがサーモス、交換用部品の案内もバッチリ

有名メーカー品が好きというわけではないのですが(有名じゃないところでも、いいものはいろいろありますし)、有名どころだと安心なのが交換パーツです。パッキンなどのゴム製品は消耗品で、使っているうちにどんどん腰がなくなってきます。そんなわけで、交換するわけですが、値段の安い無名のメーカーだと注文方法がわからないことが多いです。そもそも、どこに問い合わせればいいのわからないことも。

その点、大手はしっかりしているので、こういうところは安心ですね!

コップが飲みやすくてうれしい!

ちょっと感激したところが1つあります。たくさんのメーカーのものを見たわけではないので、サーモスだけのものであるかどうかはわかりませんが、なぜかとても飲みやすいのです。ステンレスボトルについてるコップというのは、本体に取り付けるために、内側にネジが切ってあります。

で、問題は、飲んだときにこのネジ部分に飲み物が溜まってしまい、本体に取り付けるときにちょっとぬれてしまったりします。

我が家では、子ども達がサーモスのスポーツタイプ?のコップ付き(しかも取っ手あり)を使っているのですが、以前から、コップを戻すときになんで垂れないのか不思議でした。

でも、自分で購入してよく見てみたら、その謎がわかりました!

お気づきでしょうか?コップの口をつけるあたりのねじ山がありません。この構造のおかげで、飲料が綺麗に流れてしまうわけですね!もちろん、完全に0にはなりませんが、かなりいい感じです。もし、コップの内側がもう少し丸かったら、もっとよかったかもしれません。

なんだか、隠れた工夫に感激です。今度、ショッピングセンターとかにいったら、他の水筒も見てみよう。あ、写真だと、下のほうがすぼんでいるカップのように見えますが、実際にはストレートです。

 

THERMOS ステンレススリムボトル 0.5L ネイビー FEJ-503 NVY – amazon.co.jp

0.5Lだけでなく、0.35Lタイプもあります。また、デザインも何種類かあり、なぜか版権のあるミッフィーの方が安かったりします。不思議。

 

今日の一言二言三言

 

冗長な 時間も大事 まったりと

お茶を楽しむ ティーブレイク

 

何かと効率的で、効率が上がった分、バタバタと忙しく感じてしまう今日この頃です。直飲みボトルで効率的にお茶やコーヒーを飲むのもいいですが、取っ手のついたコップで、トラディショナルな雰囲気で飲むお茶ってのも、心にゆとりができて良いものかと。走りっぱなしじゃバテちゃいますから、立ち止まって休憩するのも大事です。

 


落描解説:ひねりはありませんが、取っ手付きコップでお茶を飲む、優雅な時間の脳内イメージです。電子書籍リーダーではなく、あえて紙媒体の本を、まったりと読むって感じで。実際には、子ども達とお出かけするので、こういう時間はまだまだ過ごせそうにありませんが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑