Windows7って、マウスでウィンドウをデスクトップの端に持っていくと勝手に最大化してくれて、なんだか大きなお世話。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


えー、ぼちっとWindows7を使い始めている今日この頃です(世の中はWin8なのにね)。いろいろとXPと動きが異なり、戸惑いつつ、ときめきつつ格闘しております。Windows7になってから、ウィンドウが勝手に最大化したり上下一杯サイズになったり。いろいろ大変です。


 


■Windows7でウィンドウを動かすときはドキドキ


なんか、完全に世の中から遅れを取っている感がありますが、最近、Windows7を使い始めたばかりなので、今頃、Windows7に戸惑っています。すごくびっくりしたのが、ウィンドウをマウスで動かしていると、急にウィンドウサイズが変わってしまうことです。なんか、急に最大化したり、上下が最大長になったり。で、また動かすと、元にもどっちゃったり。


こういうのって、あって嬉しい人と、うれしくない人がいると思うのですが、SISO的には不評でした。だって、Evernoteのノートを単独で開いていて、デスクトップの端に持っていくと急に最大化。行の折り返しとかのイメージが変わってしまい、途端に何を書いていたか忘れてしまいます。しかも、またもとのサイズに戻すのに一苦労。勝手にやってくれるのはいいのですが、見た目にあきらかにわかるような「勝手な動作」は勘弁してほしいです。


どうも、ウィンドウを横に持っていくと画面の半分、上に持っていくと全画面になるようです。なるほど、と思いつつ、最大化はちょっと勘弁してほしいなぁと思います。ほんと、ウィンドウ操作をしなおしているだけでなんか無駄な時間をすごしているような気になります。


 


■勝手にウィンドウサイズが変わらないようにする設定方法


こんな余計なサービス機能をつけるぐらいならば、もっとチープなCPUやメモリでもサクサク動く、エコなOSにしておくれ、なんて思いつつ、きっと、設定で変更できるだろうと思い、設定方法を調べてみました。まあ、「今更」な話なので、ネットで調べたら出てくる出てくる。不満に思っている方も多いんですね!ちょっと安心。


どうやら「エアロスナップ」とか言う機能がSISOのオペレーションを邪魔しているのですね。というわけで、オフにする方法は以下のとおりです。


「コントロールパネル」から行ってもいいんですが、個人的感覚では、やっぱり画面操作関係なので、デスクトップの右クリックから行きます(コントロールパネルからも行けます)。まずは「個人設定」をクリックし、「個人設定」ウィンドウを開きます。



 


「個人設定」ウィンドウの左下に「コンピューターの簡単操作センター」というリンクがありますので、これをクリックします。今度は、「マウスを使いやすくします。」というリンクをクリックします。



 


最後に、「ウィンドウの管理を簡単にします」内の「ウィンドウが画面の端に移動されたときに自動的に整列されないようにします」のチェックをオンします。



 


これで、デスクトップの端にウィンドウを移動しても最大化しなくなります。


 


■今日の一言二言三言


 


おせっかい、してる力があるのなら


486でもサクサク動く エコなOS改良してね。


 


昔っから思っているのですが、どうしてOSとかプログラムってバージョンアップするたびに動作が重くなるんでしょうか?新しいCPUの消費電力を減らすのも大事かと思いますが、そもそもCPU能力を食わないOSになるよう改良したほうが、本当の意味でエコだと思いますが…。



 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑