新ノートPCへチマチマ環境移行中ですが、x86問題が…。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


今日はビデオ編集プログラムを新ノートPC(Win7)へインストールしていたのですが、インストール先が”Program Files”から”Program Files (x86)”になったいるため、ちょいと困ったことになってしまいました。


 


■Cyberlink PowerDirector 8


もう世の中は「Windows 8」なわけで、ネタ的には超時代遅れ感がありますが、我が家では、最新機種なので…。あ、購入は最近ですよ。あまりスタイリッシュではありませんが、コスパがすごくいいです。



2013.01.23 ノートパソコン到着!マウスコンピュータ LuvBook K LB-K812S-SH



 


使っているビデオ編集ソフトは、ちと古いですが、CyberlinkのPowerDirector 8というソフトウェアを使っています。すでに最新版は、PowerDirector 11になっていますが、特に不自由が無いのでそのまま使い続けています。


今までは、Windows XPに入れていたのですが、最近購入したWindows7(64bit)のノートPCにインストールしました。そうしたら、過去に作ったプロジェクトファイルの読み込みで、見つからないファイルが続出するようになりました。



 


調べてみると、PowerDirectorに同梱されている画像ファイルなどが読み込めなくなっていました。簡単に言えば、インストールされたフォルダのパスが、”C:\Program Files”から”C:\Program Files (x86)”に変わったため、プロジェクトファイル内に書いてあるパスとは参照先が変わってしまったためのようです。


試しに、PowerDirector8を”Program Files”にインストールしてみましたが、エラーのメッセージボックスが表示されて、インストールは完了するものの、微妙に不安ですし、どうしたものかな。


まあ、Windows7の問題と言うよりは、32bitと64bitの問題ってやつでしょうか。まさか、定義ファイル系で引っかかるとは思いませんでした。


内容をちょっと覗いてみたところ、プロジェクトファイルは、xmlファイルだったので、ちょっとエディタで書き直してみたのですが、今度は、自分で追加した動画ファイルの方が読み込めなくなってしまいました。これ以上は泥沼化の予感だったので、とりあえず、中断し、Cyberlinkに問い合わせて、一番よさげな対応方法を確認してみようと思います。あ、でも、今日は日曜日だし、明日は旗日なので回答が遅いかも(何度か問い合わせたことがありますが、なかなか対応が良くて好印象です)。


そういえば、以前、PowerDirector10を購入して自宅PCで動作させてみたら、ヘヴィで使えん!ということがありまして、問い合わせたら、返品処理してくれたこともありました。 


 


■今日の一言二言三言


 


フォルダ名で、分ける必要あるのかな?


なんだか疑問の64&32bit。


 


最近、プログラム開発をしていないので詳しくないのですが、フォルダ名で分ける必要ってあるもんなんですね?んなもん、バイナリのヘッダ部分にちょこっと書いてあるような情報なんじゃないかなぁって思ったりします。


あと、インストールパスをインストーラで自由に変更できるわけですから、プログラムを開発する方も、もうちょっと気を使ってくれるとうれしいです。インストールされたフォルダ内のデータを使うのであれば、定義ファイルを作るときインストールされたフォルダパスを基準に、相対的に書き出すようにする等々、対策はあるかと。


うちでソフト開発するときは気をつけようと思います。


「人の振り見て我が振り直せ」


のココロですね!


 


 






PowerDirector11 Ultra 特別優待版 – amazon.co.jp

我が家ではまだPowerDirector8を使っていますが、なかなか必要にして十分+αな感じで気に入ってます。

 


 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑