書き損じた年賀状(ハガキ)を切手に交換。でも、お年玉当選発表を待って交換するのが吉。当選番号をiPhoneで確認するアプリとか。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


今日、もうさすがに年賀状来ないだろうと思い、書き損じた年賀状や印刷したけど余ってしまった年賀状を、切手に交換してきました。郵便局で「1月20日がお年玉くじの当選発表だけどいいですか?」と聞かれたのですが、まあ、郵便局まで来ちゃったので交換してもらいました。すっかり忘れてました。ちょっと損した気分。出掛ける前に確認しておけばよかったです。


 


■書き損じた葉書を切手に交換


手順は簡単で、書き損じた年賀ハガキを郵便局の窓口に持っていくだけです。手数料5円で交換してくれます。でも、この5円は先に払う必要があるようです。


例えば、書き損じた年賀状が10枚あったとします。交換してもらえる切手は450円となりそうなものですが、そうではありません。手数料の合計である50円を支払って、50円切手10枚に交換してもらうことになります。なんか子供の頃は違ったような記憶が。


このあたりは、「原則」とか「規則」みたいな感じで、場所によっては対応が違うかもしれません。


今回は、50円切手を使う用途があったので(最近、子供が雑誌の懸賞に応募したがるので)50円切手にしました。ただ、用途が決まっていない場合、10円切手の方が便利だと知人が言ってました。なるほどなるほど。


ちなみに、年賀はがきの一部の商品は60円(インクジェット写真用)ですが、切手に交換してもらう時は、50円ハガキと同じ扱いになります。


 


■iPhoneでお年玉当選番号を確認するアプリ


そういえば昨年は、iPhoneだったかiPod touchで、年賀状当選番号を調べるアプリを使って、当選番号を調べていたことを思い出しました。くじ番号の下2桁だけ入力すればチェックできるアプリです。平成25年は、1月20日の当選番号発表後にデータ更新がされるとのことです。


1枚あたり2桁だけ入力すれば確認できますので、年賀状がたくさんあっても大丈夫です。


大当たり!お年玉年賀状チェッカー 1.4.1(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: EAST Co., Ltd. – EAST Co., Ltd.(サイズ: 2.2 MB)

※アプリ情報は本エントリ作成時のものですので、購入時は、再度ご確認願います。


 


■というわけで


 




    • 自らチャンスを捨てるべからず。

SISO家の当選確率は、過去経験から極めて0なので、まあ、出かけたついでにそのまま交換してしまいました。でも、まだ交換していない方は、当選発表を待ちましょう!一緒に当選番号を探すのは、お子さんに数字慣れしてもらうにも良いかと思います。


でも、引き取られない賞品はどうなるのかな?どっかに寄付されるのかな???


 


 




SISO-LABオススメエントリ





購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー 【au用】iPhone4S対応 SIMロック解除アダプタ Gevey UltraS(IOS5.1.1) 正規品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑