ヘリノックスっぽいデザインの組み立て簡単ハイバック軽量アウトドアチェア。

公開日:  最終更新日:2017/10/10

SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。

友達家族とバーベキューをしようと思ったのですが、ちょっと椅子の数が足らないので、自分用に前から気になっていたヘリノックスもどきの軽量組立チェアを購入してみました。軽さも大事ですがリラックスかな、ということで、ハイバック(背もたれの高い)を選んでみました。

ヘリノックスもどきの超軽量チェア。そろそろどうかな?

ヘリノックス・チェアという、アウトドア向けでとても軽くて分解するとコンパクトになるチェアがあります。アルミパイプに座面のシートを差し込んで組み立てるようになっています。が、どれも1万円以上ということで、なかなか手が出ません。


リンク先はamazon.co.jpです。

安いヘリノックスもどきが出始めたところは、すぐにジョイントの樹脂部分が割れたり、パイプとシートを結合する部分が破れてしまうものが多かったようですが、だいぶ落ち着いてきた感があるので購入してみることにしました。

軽量であること以外にも収納サイズがコンパクトなので、キャンプに行くとき(我が家はコンパクトカーなので荷物がギュウギュウパンパン)にちょっと隅っこに押し込んでおけそうなサイズです。軽いので、一人ハイキングなんかにも良さそうです。

で、安い中華製で品質面が?ということのなので、皆様のレビューを参考にいくつかピックアップしてみました。

  • Motomo ロングバックタイプ リラックス アウトドア チェア
    耐荷重は120kgですが、評価、出店で考えると、これがベストっぽい気がします。でも、背中がメッシュなのは蒸れなくて快適かもしれないけど、メッシュじゃない方がなんとなく安定感が増しそうで好みなので、次に進みます。
    組立サイズ:58x44x98cm、収納サイズ:42×15.5×13.5cm、重量:1.1kg
  • Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア
    これがメッシュ量も少なめで耐荷重も140kgと言うことでいい感じです(レビューには100kgで破れたという方もいらっしゃいますが)。なんか、商品紹介情報、他のチェアより座面のサイズが小さいです。写真から察するに、測定方法が違うだけではないかと思われます。
    組立サイズ:44x100x46cm、収納サイズ:42x15x15cm、重量:1.18kg
  • Wolfyok ロングバックタイプ 折り畳み椅子
    耐荷重140kgで写真で見る限り、上の商品とそっくりです。製造元は同じだったりするんじゃないかな(=スペックも同じ?)と思いつつ、でもロゴが入っていない方がいいかな、なんて。というわけで、2番目のチェアを購入してみることにしました。
    組立サイズ:44x100x58cm、収納サイズ:42x15x15cm、重量:1.18kg

Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア 耐荷重140kg

細長い商品と思われるので、どんな梱包で届くのかな?と楽しみにしていたところ、ごくごく普通のやや大きめなダンボールで我が家に到着しました。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。amazonダンボール。

中は隙間埋めのための紙がたくさん入っています。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。amazon梱包。

こんなにたくさん…バーベキュー網をくるむのに使おうかな。ちょうどバーベキューしに行く予定ありますし。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。amazon梱包。

出てきました。ダンボール箱の中に斜めに入っていました。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。開封の儀。

収納サイズ42x15x15cmというだけあって、予想通りちょっと大きいです。それでも、これが高さ1m程度のチェアになると思えば小さいもんです。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。開封の儀。

バッグは意外とちゃんとしたつくりで、縫製なんかもわりと丁寧です。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。開封の儀。

デイジーチェーンとかついていたり。恐らく、ザックなどの下にぶら下げた時、さらに何か下にぶら下げられるように、という配慮なのでしょう。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。ケースは予想外にしっかりしている。

説明書はちゃんと日本語です。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。説明は日本語。

重さは約1.2kg、収納サイズは42×15×15cm

それではケースから出してみます。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

さっきも書きましたが、予想外にクオリティ高そうなケースです。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

中はそれほど余裕があるものではなく、そこそこぴったり感があります。タオルとかなら入りそうです。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

パーツは、アルミパイプと樹脂製ジョイントで構成されたフレームと座面シートだけです。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

パイプは全部連結されているので組み立て簡単!

各アルミパイプはショックコードでつながっていますので間違えることは無さそう…。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

って、もしかして全部つながっているんですか?
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

あら、全部つながっていました。これは便利です。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

説明書に従ってケースを取り付けます。小物入れになるとのことです。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

アルミパイプ先端は角が取ってあり、キャップが入っていました。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。アルミパイプ端処理は良好。

そして座面シートを差し込んでいきます。座面シートの端にはアルミパイプを差し込む部分があります。ここは背もたれ側です。長期間使っているとここに結構負担がかかりそうです。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。縫製も強度ありそう。

背もたれ側の座面シート端は、厚めの生地を折り返した構造になっています。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。縫製も強度ありそう。

アルミパイプをしっかり差し込んだら背もたれ側は完成です。左右、少しずつ差し込んでいけば簡単に入ります。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

続いて座面側ですが、こっちは少し力が必要です。こちらのポケットは合皮っぽい素材になっています。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

まあこれもグイっと座面シートを引っ張れば、チェアが全体的にたわむので、差し込むことはそんなに難しくはありません。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

最終チェックでアルミパイプが座面シートしっかり差し込まれているか確認します。これで完成です。30秒は言いすぎな気がしますが、1分はかかりません。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

SiSOの身長(座高)だと、ちょっと身体を前にずらしてやるといい感じにヘッドレストに頭部がかかってくれます。かなりリラックス姿勢です。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

片付けも簡単です。座面シートをアルミパイプから外し、アルミパイプを元通りにします。あ、でも、ここはゴムよりもファスナーテープとかナイロンベルトの方がいいですよね。何か手持ちでちょうどいいもの無かったかな。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

まあ、アルミパイプは最後にグルグルっと座面シートで巻いちゃうので、そのままでもいいかな。後はケースに収納すれば、撤収も簡単です。この写真ぐらいラフに丸めてもちゃんと入ります。
SiSO-LAB☆Linkax ロングバックタイプ ラウンジチェア。組み立ては簡単。

 

スペックでは耐荷重140kgと書かれていますが、恐らく静荷重だと思うので、普通の椅子に比べればかなり弱いです。そんなわけで、座るときはそ~っと座り、アルミパイプは必ず4本設置している状態で使用する必要があるかと思います。

 

【アウトドアチェア ・キャンプ用品】 Linkax ロングバックタイプ 耐荷重140kg ラウンジチェア 折りたたみ 軽量 専用ケース付き ( 折り畳み椅子 ) – amazon.co.jp

思ったより縫製とかしっかりしていまして、しばらく使えそうな気がしています。翌日、バーベキューで1日使ったのですが特に不安もなく使えていました。壊れるようなことがあれば、その時、レポートします。

 

今日の一言二言三言

 

ハイバック ゆったりもたれて 心地よく

楽しむ秋の バーベキューかな

 

バーベキューをやるならば、炭は、オガ炭がお勧めです。着火するにはチャコールスターターが無いと難しいものがありますが、最初に炭火を用意したら、バーベキュー1回分、ほとんど炭を足さなくても大丈夫です。

ちなみにチャコールスターターはそんなに高いものではなく、我が家で使っているのはこれです。

バーベキューの炭火起こし、キャプテンスタッグの火起こし器でオガ備長炭も楽々着火!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑