さとふるでふるさと納税。猪肉スライスの詰合せ 1.2kg(佐賀県唐津市)寄付金額10,000円也。

公開日:  最終更新日:2018/07/31

SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。

近頃はジビエが流行りだったりしますが、先日、ジビエ料理を家族で食べに行ったら好評だったので、ふるさと納税のお礼品で、野生のイノシシ肉を頂いてみました。

家族でジビエ料理・猪肉初体験

先日、家族でジビエ料理を体験してみよう!いうことでイノシシの焼肉を食べてきました。SiSO自身は、昔、友人の親御さんが狩猟をしていたことから、猪肉と鹿肉(他には鳥関係とか)等を食べたことはあるのですが、家族では初めてです。

車で1時間ぐらいのところに猪肉のお店があったので行ってみました。猪肉といえば牡丹鍋が有名なので、猪鍋定食、猪焼肉定食など何種類か頼んでみたのですが、子どもには焼肉が一番受けが良かったです。
SiSO-LAB☆ジビエで猪焼肉定食。

猪肉というと臭みがあって食べにくいという話をよく聞きますが、あれは血がしっかり抜いてあればかなり無くなります。最近は、ジビエ関係も精肉プロセスももしっかりしているの、ちょっと名の知れたところであれば、どのお店でもそれほど気にならないのではないかな?と思います。

それにしても脂身の旨い事!

上の焼肉でも脂身がかなり多めですが、豚肉の脂身とは全く違い、甘みがあってくどさも控えめです。先の写真1皿分ぐらいなら、ペロっと行けます。SiSO-Jr.1は1皿半食べてました。

やっぱり野生動物ということで、肉だけでなく、脂身も引き締まっているんでしょうかね???

ちなみにSiSO-Jr.2は猪を思い浮かべてしまって、食べれませんでした。でもトンカツ食べてましたけど…。

というわけで、食べに行った場所とは全然関係ないですが、いつものふるさと納税で猪肉がお礼品になっていないか探してみました。

ジビエ唐津の猪肉スライスの詰め合わせ1.2kg(バラ肉、モモ肉、ロース肉)

むふふ、いきなり1万円の寄付金で猪肉1.2kg詰め合わせを発見しました。バラ肉はちょっと脂多すぎな感じもしますが、それぞれ200gが2パックということで使いやすいサイズ、お試しには良い感じです。

SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。
〔猪肉スライス〕詰合せ 1.2kg | お礼品詳細 | ふるさと納税なら「さとふる」

ふるさと納税そのものは自治体に行いますが、お礼品を発送している会社を調べてみました。インターネットでサクサクっと検索してみたら、なぜか「吉田みかん園」がヒット…どうやら、農園主の吉田氏が野生肉加工販売グループ「ジビエ唐津」の代表で、ふるさと納税のお礼品提供もしているようです。YAHOOの方では普通に販売していました(こちらはロース肉600g、モモ肉600gです)。

SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。
天然いのしし肉ロース・モモたっぷり1.2kgセット 送料無料 – 吉田みかん園 – Yahoo!ショッピング

写真を切り替えてみると、野菜の並べ方といい、若干修正は入っていますが同じ写真のようです。こちらはさとふるに掲載されている写真です。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。

200gパックというのが使い易い量でいいなぁ

というわけで申し込んでちょうど1週間でお礼品が届きました。割とこの手の商品の場合、発泡スチロールの保冷箱に入っていたりしますが、シンプルにダンボールでした。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。到着。シンプルなパッケージが素敵。

それでは猪肉様とご対面!お、プチプチにくるまれていますよ~。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。

プチプチを開いてみました。おお、猪肉様がパックに入ってぎゅうづめになっています。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。開封の儀。

上げ底一切なしでどっさり!3種類の部位が200gずつのパックになって入っていました。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。どっさり!

テーブルに並べてみます。1.2kgもあると、見た目もかなりのボリュームです。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。いっぱい!

まずは脂身と肉のバランスの良さそうな雰囲気で、一番食べやすそうなロース肉です。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。ロース肉。

続いてもも肉、ロース肉と比べて固さはどうかな?
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。モモ肉。

最後にバラ肉です。さとふるで見た紹介写真より脂身多めです。なんとなく、ロース肉、モモ肉は紹介写真より脂身少なめ、バラ肉は脂身多めな気がします。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。バラ肉。

重さも測ってみました。本当は全部積んで測りたかったのですが、ツルツル滑っちゃって…。まずはロース肉です。パッケージはシンプルなので、間違いなく1パックあたり200g以上ありますね~。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。しっかり200g x2、入っています。

続いてモモ肉です。こちらもしっかり1パック当たり200g以上入っていそうです。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。しっかり200g x2、入っています。

最後はバラ肉です。こちらも1パックあたりちょうど200gぐらいかな。脂身と赤身の間の薄ピンク部分って、どんな味がするんでしょうね?調理前に1枚だけシンプルに焼いて食べてみようと思います。
SiSO-LAB☆ふるさと納税。ジビエで猪肉詰め合わせ。しっかり200g x2、入っています。

いつものメモです。

猪肉の調理方法調査してみたり

今回、猪肉を自分で調理するのは初めてなので、前の晩から解凍、朝、1枚焼いてみて味見をしてからどの部位をどんな料理にしようか考えてみようと思います。バラ肉、かなり脂身が多いので、カレーなんかでコトコト煮込んでトロトロの濃厚な牡丹カレーとかにするのも超濃厚でいいかもしれません。

また、塩水を使えば、精肉されてからでも調理前に追加で血抜きをすることもできるようなので、週末当たり、いろいろ試してみようかと思います。

 

今日の一言二言三言

 

ジビエって フランス語だけど 日本語の

牡丹に桜 紅葉もおしゃれ

 

「ジビエ」ってフランス語だったんですね~。まあ、野生肉料理って呼ぶのも生々しいですよね。でも、日本語もなかなか隠語がしゃれていて、「牡丹=猪肉」、「桜=馬肉」、「紅葉=鹿肉」、そして「柏=鶏肉」なんて呼んだりします。なにか総称して呼び方があったような気がするのですが、なんだったかな???

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑