Panasonic DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I class3カードがオススメ。相性とか気になるよね。4K動画撮影もばっちり。

公開日:  最終更新日:2018/07/29

SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。

デジカメで4K動画というとSDメモリカードとの相性が気になりますが、手元にあった、Transcend SDXCカード 128GB UHS-I U3対応 TS128GSDU3Eというメモリカードでしっかり4K動画を撮影することができました。

4K動画撮影、SDXC UHS-I class3なら15分間連続撮影

先日、家族用に購入したPanasonicのデジカメ、DMC-TZ85ですが、実際に手にして詳細を知れば知るほど自分用にしたくなってきます。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。

でも、自分用にはタフなOLYMPUS TG-5があり、こちらはこちらでお気に入り、両方自分用というのも贅沢すぎるので、そこは我慢です。

今日はSDメモリカードの話です。OLUMPUS TG-5なんかもそうですが、4K動画を撮影するとSDメモリカードの性能も高いものが要求されます。TG-5なんかの場合、速度の遅いSDメモリカードを使うと、動画撮影が勝手に終了してしまうそうです。

パナソニックのホームページでは、SDXC UHS-I class3カードが推奨されており、しかも、このスペックのSDメモリカードを使えば、なんと、15分も一気に撮影することができるとのことです。

SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。
動画|DMC-TZ85|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)| Panasonic

「一気に」というのは、正確には「1つのファイルで」という意味になります。SDメモリカードのフォーマットの関係なのか(それにデジカメが合わせているのか)、ファイルサイズが最大4GBと言うものが多く、例えば、OLYMPUS TG-5だと約5分が限界です。

そういうもんだと思っていたので、このスペックを見て、へーっと思いました。

ちょっと古いですが我が家にあるデジタルビデオカメラでも、連続で撮影はできていてもファイルは分割されていまして、これはしょうがない物なんだ、と思っていたものでして…。あれって、動画を後でつなげても、ちょっとノイズがブチっと入ってしまったりするので、いやですよね。新しいデジタルビデオカメラはもしかしたら1つのファイルになっているのかな。

Transcend SDXCカード 128GB UHS-I U3対応 TS128GSDU3Eで4K動画撮影もバッチリ

さて、SDメモリカードはどうしようかな?相性とか心配だよね、なんと思っていたら、手元にちょうどいいSDメモリカードがありました。Amazon.co.jp限定のTranscend SDXCカード 128GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 [国内正規品] TS128GSDU3Eという、SDメモリカードです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

これならUHS-Iですし、「class 3」というのがよくわからなかったのですが、商品説明には「Class 10」となっているので多分要求スペックを超えているでしょう、と思い、使ってみることにしました(この手の規格って、数字が大きい方がスペックの高いものと、数字が小さい方がスペックが高いものがあってややこしいですよね)。

というわけで、1台で撮影対決するのもさみしいので、DMC-TZ85とTG-5、一緒に4K動画撮影してみることにしました。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

ターゲットは砂時計です。3分間しか動きがありませんが、他にちょうどいいものが無くて…時々ひっくり返すことにします。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

それではスタート前からスタート直後の様子を。まずはTG-5です。TG-5って、4K動画撮影モードにすると「00:19:26」!と表示してくれるのですが…。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。TG-5の4K動画連続撮影時間は5分。

4K動画の撮影スタートをすると、いきなり「00:05:26」に変わってしまいます。最初から4K動画撮影モードなんですけどね…とちょっと思わないでもないです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。TG-5の4K動画連続撮影時間は5分。

続いて、DMC-TZ85の方です。こちらは最初から「15m00s」と表示されており…。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

4K動画撮影を開始してもいきなり時間が短くなるようなことは無く、ちゃんと順当にカウントダウンされていきます。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

というわけで、無事、15分間の4K動画撮影を終えたDMC-TZ85、一応、パソコンでも内容を確認してみます。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

お、すごい、10GバイトのMP4データファイルができています。デジタルビデオカメラを含む我が家のデジタル撮影専用機器で、初めてみたサイズです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

プロパティで確認してみると、しっかり、15分間の4K動画が記録されているようです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

再生してみても、しっかり15分間です。まあ、プロパティを確認した時点で間違いないですよね…。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85、SDメモリカードはSDXC UHS-I Class 3。4K動画を一気に15分撮影可能。

4Kの静止画を秒間30枚連続して撮影する「4Kフォト」モードも、SDメモリカードが同じ能力を要求されるので、SDメモリカードを購入する場合は、ぜひ、このスペックのSDメモリカードを選択するのが吉です。

 

というわけで、15分間の4K動画が1つのファイルで撮影できるDMC-TZ85、3万円でお釣りの来るコンパクトデジタルカメラとしては、なかなかのパフォーマンスかと思います。

 

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ85 光学30倍 ホワイト DMC-TZ85-W
パナソニック
光学30倍、4K動画、3つのダイヤル操作、高解像度液晶モニターにさらに高解像度なファインダー装備の、コスパ良好なデジカメです。

 

今日の一言二言三言

 

4Kの 動画をバシバシ 撮影し

カードもディスクも バシバシ消費

 

いや~、一昔前と比べると、写真を保存するにも動画を保存するにも、どんどん保存媒体の容量が大きくなっていますよね…まあ、値段対容量も安くなっていますけど。

そういえば、「4K動画」と「4Kフォト」、どちらも4Kサイズの画像を秒間30枚撮影します。一見、同じようなことに思えますけど、保存形式の違いと 、たぶんそれぞれの画像を滑らかにつなぐか、シャッター的に画像をしっかり切っているかという点と思われます。

昔、動画って滑らかさが出るように、静止画撮影でいうところのシャッター速度は少し遅めと聞いたことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑