LUMIX DMC-TZ85開封の儀的レビュー。光学ズーム30倍で運動会等の子どものイベント向け。型遅れでも高性能、ちょっとお安くコスパ良好。

公開日:  最終更新日:2018/07/28

SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。

子どもの運動会や発表会を撮影しようと思うと、やっぱり高倍率の光学ズームが物を言います。でも、高倍率で高性能なデジカメと言うと、どうしても値段も高くなってしまいます。でも、型遅れなら1万円ぐらい安く買えます。まあ、去年買って今も使っていると思えば、そんなもんです。

3つのダイヤル操作がそそるPanasonic DMC-TZ85

購入はいつものamazonです。たまたま雨の日に届いたのですが、ダンボール箱もなんとなくフニャっとしています。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。

でも、中身はしっかりばっちりです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。

箱の中には、デジカメ本体、ケーブル、ACアダプタ、取説などが入っています。充電は充電器があるわけではなく、デジカメ本体にバッテリーを入れた状態で本体充電するタイプです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。

超コンパクトと言うわけでもなく、ちょっと直線感のあるデザインもあって、昔からありそうな何か懐かしさを感じさせてくれるデザインです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。

操作系の特徴としては、3つのダイヤル(リング)があることです。

まずはおなじみ、モードダイヤルです。カシカシカシっという操作感があって良いです。iAモードや動画撮影モード、他には絞り優先モード、シャッター優先モードなどを切り替えます。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。モードダイヤル。

続いてコントロールリングです。このリングは回すことができ、カメラのモードによって割り当てられる機能が異なります。iAモードの場合はステップズーム、A(絞り優先)の場合は絞り調整、S(シャッター速度優先)の場合はシャッター速度と言った感じになっています。ちなみにマニュアルフォーカスの場合は、このリングで調整します。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。コントロールリング。

そしてコントロールダイヤルです。ジョイスティックボタン系に見えますが、これも回すことができ、概ね、コントロールリングのような機能が割り当てられています。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。コントロールダイヤル。

ストラップ取付け部が両サイドにあって首からぶら下げるのに便利そう

続いてストラップの取付け部ですが、パッケージに同梱されているストラップが片手にホールドする用のストラップなので、まあ、このように片側に取り付けることになります。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。ストラップ取付け部。

しかし、DMC-TZ85の反対側にもストラップ取付け部があり、一眼レフカメラや大きめのコンパクトデジタルカメラのように、カメラ本体の両側にストラップを通し、本体を水平にした状態で首から下げることもできます。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。ストラップ取付け部。両サイドにあるよ。

高精細で明るい3.0型約104万ドットのタッチモニター

DMC-TZ85には、104万ドットのタッチモニターが採用されています。現在の我が家の主力デジカメ、NIKON COOLPIX S7000が 3型TFT液晶モニターで約46万ドット、また、SiSO-LAB主力カメラOLYMPUS TG-5も同じく46万ドットから比較すると、なんと、倍以上の解像度があります。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。液晶モニタははなんと104万画素。

まあ、ちょっとサンプルがアレですが…ドット比で考えれば縦横それぞれ4割以上アップしています。これなら、撮影結果の確認やマニュアルフォーカス時の精度向上が期待できそうです。

液晶ファインダーはなんと0.2型 約116万ドット!

DMC-TZ85のもう1つの特徴としてはファインダーが装備されていることです。ファインダーを覗いて撮影した方が脇が締まるため、概ね、ブレの少ない写真を撮ることができます(ぜひ、お試しあれ)。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。ファインダー付き。

この液晶がなかなか豪勢なスペックでして、なんと、0.2型で約116万ドット!の液晶モニターが採用されています。これだけの解像度(3インチモニターよりも高解像度!)しっかり使えそうです。ファインダーをのぞきこみながらコントロールリングをクリクリ回してマニュアルフォーカス合わせるなんて、なんだかかっこよくて自分に酔ってしまいそうです。

なんか、記事を書いていたら、家族用じゃなくて自分で使いたくなってきました。

ファインダーを覗くとこんな感じの画像です。こういう撮影は、OLMPUS TG-5の方が強いと思います。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。ファインダーの液晶は、、な、なんと114万画素。

レンズ胴体部分は最大約6cm伸びるよ

高倍率の光学ズームレンズを搭載してる機種は、どうしてもレンズ部分がどれくらい伸びるのか気になります。ちょっと測ってみました。まずは、電源オフ状態です。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。レンズ胴体の長さ。

電源をオンしてみました。起動が速くていいですね~。3.5cmほど伸びました。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。レンズ胴体の長さ。

光学ズームを30倍までズームインしてみました。これで約6cm伸びました。思ったより少ないですが、やはり他の高倍率ズーム搭載デジカメ同様、レンズ胴体を伸ばしている時は取り扱い注意です。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85開封の儀。レンズ胴体の長さ。

 

次回はメモリーカードの話とか、撮影サンプルの話を書く予定ですが、メモリーカードについて先に書いておくと、ぜひ、メモリーカードはSDXCのUHS-I class3カードを使用してください。我が家で動作確認済みのメモリカードは以下のものです。

 

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ85 光学30倍 ホワイト DMC-TZ85-W
パナソニック
最新型ではありませんが、30倍光学ズームに4K動画撮影ということで、なかなかのコストパフォーマンスです。液晶保護フィルムも一緒に購入しました。
Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Panasonic LUMIX FZ85/TZ85用 KLP-PAFZ85

 

今日の一言二言三言

 

ぶれてない 写真を撮るなら ファインダー

脇も締まって 気も締まるよ

 

フィルムカメラ時代からカメラをいじっていたせいか、ファインダーがあるとうれしい派です。やっぱり、ファインダーを覗くとカメラを構えた時に脇が締まるので、手振れも少なくなります。

そうそう、ファインダーをのぞくからと言って、片目を閉じてはダメですよ。ファインダーを覗いていない目の方でも、しっかり被写体を見つめるのが吉かと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑