LUMIX DMC-TZ85を購入。液晶保護フィルムの貼り方は事前準備が大事かと。ホコリさえ入らなければ気泡はそんなに怖くない。

公開日:  最終更新日:2018/07/28

SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

家族用に光学ズーム30倍のデジカメを購入しました。DMC-TZ85はタッチパネル式の液晶モニターなので、まずは液晶保護フィルムを貼ることにしました。今まで何度も貼っていて失敗したことはほとんどありませんが、やっぱり緊張しますよね~。

型遅れでちょっと安いLUMIX DMC-TZ85、光学ズーム30倍と高解像度液晶モニターがよさげ

家庭用のデジカメに、NIKON COOLPIX S7000を使っていますが、最近、子ども達がよく写真を撮る(どうも撮り鉄になりつつある)ことから、新しいデジカメを購入して、COOLPIXは子供たち用にすることにしました。

家庭用デジカメと言えば、やっぱり、運動会や学習発表会などで高倍率の光学ズームが必要になるため、何倍ズームなのか?というのが大事な選択ポイントの1つになります。今回購入したデジカメはPanasonicのLUMIX DMC-TZ85という、最新より1つ前のモデルです。

最新型のDMC-TZ90だと液晶モニターをチルトすることができるのですが、DMC-TZ85は光学ズームが30倍、4K動画対応ということで我が家的には十分なスペックだろうという事で、予算のことも考えてDMC-TZ85を選びました。

購入はいつものAmazonです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

今日の記事のメインは、液晶保護フィルムを貼る方法なので、DMC-TZ85の開封儀的な話は次の記事で書こうと思います。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

液晶保護フィルムをきれいに貼る、SiSO的コツ

DMC-TZ85の液晶モニターは3.0型ですが約104万ドットということでなかなかの高性能です。また、タッチパネル式になっていて、各種操作を行うことができます。そのため、スマホ並みに液晶モニターを触ることになるので、液晶保護フィルムは貼っておいた方が良さげです。

今回購入した液晶保護シートは、KENKOの液晶保護フィルムで、「液晶プロテクター KLP-PAFZ85」です。「日本製」と強調されています。また、パナソニックLUMIXのFZ85とTZ85の液晶モニタサイズとうことで、そのまま貼ることができます。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

「クラス最高水準!!」とか書かれていると、ホントかな、とか思いつつ、ついつい買っちゃいますよね。

新開発のバブルレス加工?ということで、気泡が残っても消えてくれる(厳密には分散するらしい)とのことで、液晶保護フィルム貼りの不安を和らげてくれています。さらに反射が抑えられていて光沢仕様で、しかも傷に強いハードコート加工、汚れにも強いということです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

「貼れる」という説明文に続いて「取り付け方」という表現もどうかな?と思いつつ、貼り方の説明を見ると、液晶保護フィルムそのものも両面から保護されているようです。また、カメラの液晶サイズに比べてわずかに小さめになっているとのことです。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

まずはホコリを取ろう!液晶モニターだけでなく周りもね!

液晶保護フィルム貼りで一番悩ましいのが、気泡が残ってしまうことです。ただ、先ほども書きましたように、液晶保護フィルムの方が進化しているようで、ある程度の気泡は目立たなくしてくれます。

しかし、それでも残ってしまう気泡らしき物があります。それはホコリです。ホコリが液晶保護シートと液晶モニターの間に入ってしまうと、液晶保護シートが膨らみが膨らんでしまい、そこに気泡ができてしまいます。

そんなわけで、エアーブロワー(100均で売っています)などでホコリを飛ばします。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

まずは作業艦橋周辺のほこりを飛ばします。エアコンや扇風機をよく見ると、送風口やメッシュ部分にホコリが付いていたりします。あれが部屋の中を舞っているわけですので、当然、机の上もホコリが結構あります。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

続いて、デジカメ本体と液晶モニター面のホコリも飛ばします。もし、このとき、液晶モニターに汚れが付いていたら、きれいな布で拭き取り、さらにエアーブロワーでホコリを全部飛ばします。エアコンや扇風機の風などが当たるようでしたら、作業場所そのものを見直しましょう。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

液晶保護フィルムを貼る前に貼る位置をイメージ

続いて、液晶保護フィルムを貼る前に、実際に液晶モニターに液晶保護フィルムを乗せてみます。液晶保護フィルムは、製品によってぴったりなものもありますし、端から剥がれにくいように、少しだけ小さくカットしてあるものがあります。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

やや小さくカットしてある液晶保護フィルムを、液晶モニターの端から貼ってしまうともう片方の端が大きく足りなくなってしまい、ちょっとイマイチです。

それを防ぐためにも、まずは貼ろうとしている液晶保護フィルムがどの位置に来るとベストなのか、しっかりと事前に把握しておきましょう。

ゆっくり水がしみこんでいくイメージで端から液晶保護フィルムを乗せていく

あとは説明書通りに貼ればよいわけですが(「貼る」というよりは「乗せる」という表現の方がイメージしやすいですよね)、先ほど確認した位置に液晶保護フィルムの端を乗せ、静かに、液晶保護フィルムが液晶モニターに吸着していく動きに合わせていきます。水が薄い布にしみこんで広がっていくのをイメージしながら貼っていきます。

というわけで、いい感じに貼れました。ん、ちょっと液晶保護フィルム保護用の粘着剤が残っているようです。商品在庫期間が長いと、残りやすくなっちゃうんでしょうかね?これは柔らかい布で拭き取ってしまいます。

というわけで液晶保護フィルム、今回も無事、きれいに貼ることができました。液晶保護フィルムって、年々貼りやすくなっているように思います。技術の進歩ですよね。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

次の記事では、LUMIX DMC-TZ85の紹介をしたいと思います。なかなかいいコンデジで、COOLPIX S7000より、もっと言う事を聞いてくれる感じがします。
SiSO-LAB☆LUMIX DMC-TZ85。液晶保護フィルムを貼るコツ。KENKO液晶プロテクター。

 

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ85 光学30倍 ホワイト DMC-TZ85-W
パナソニック
最新型ではありませんが、30倍光学ズームに4K動画撮影ということで、なかなかのコストパフォーマンスです。液晶保護フィルムも一緒に購入しました。
Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Panasonic LUMIX FZ85/TZ85用 KLP-PAFZ85

 

今日の一言二言三言

 

何事も 事前準備が 大事だね

フィルム貼りも 段取り八分

 

液晶保護フィルム、説明書通りに貼ればうまくいくと思うのですが、ホコリを挟み込んでしまうとどうしても抜けない気泡ができてしまいます。そんなわけで、液晶保護フィルムを貼る対象だけでなく、周りもちょっと掃除しておくのが吉です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑