PayPalで送金できないと言われたら?アカウント制限を解除する方法~後編

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

PayPal

PayPalという、便利な支払い代行サービスがあります。久しぶりに入金してもらおうとしたら、アカウントに制限がかかっていてエラーが起きてしまったことの顛末です。前編では、本人確認書類を送って郵送されてきた確認用暗証番号を入力してOK!というところまでの話を書きましたが、我が家の場合、さらに続きがありました。古参ユーザーでしばらくPayPalで入金してもらったことが無い方は要注意です。


 


■「This recipient is currently unable to receive money.」


ことの起こりは、先方に入金してもらうと思ったら、「This recipient is currently unable to receive money.」というエラーで入金できなかったことです。PayPalはかなり前から利用していたのですが、超久しぶりに入金してもらったらこんなことに。


調べてみたら、本人確認書類町のアカウント制限状態でした。何かのトラブルといわけではなく、プライバシーポリシーの変更によるものだと思います。解除そのものは簡単で、運転免許証などをPayPalにアップロードし、PayPalでの確認が終わったら、郵送で確認用のパスワードを送ってきますので、それを入力するだけです。



2014.04.15 PayPalで送金できないと言われたら?アカウント制限を解除する方法~前編


 


しかし、古参ユーザー向けにはもう1つのステップが待ちけていました。


 


 


■住所、氏名が英語名で登録してあるため不一致


PayPal 書類不備


 


「若干書類に不備がありましたのでご連絡させていただきました。」というメールが…。


 


PayPalに登録したころは、英語しか受け付けてくれませんでした。そのため、住所、氏名、銀行名に至るまで、英語表記を調べて入力したものです。それはそれで古き良き思い出なのですが…。


なんと、登録名が英語なので、日本語で書かれた運転免許証では確認できない!とのことです。も~、もともと英語で入力したのは御社都合なのに…。なんかもうちょっと対応はないかな?とか思ったりします。


でも、実際には、その後のメール対応はとても丁寧で迅速だったので良かったです。


 


 


■住所はWEBから変更可能。でも氏名は?


まず、住所ですが、これはWEB上で変更することができます。先ほどのメールによれば、以下の手順になります。



  1. マイアカウントにログインし、画面上に右の「通知」欄の[本人確認]リンクをクリックします。

  2. 「1. 本人確認書類を提出する」欄[書類を確認中]をクリックします。

  3. 「住所」欄の[変更]をクリックします。

  4. 「新しい住所の追加」をクリックし、本人確認書類と一致している住所を記入し、[保存]をクリックします。
    ※案内メールより転記

 


スクリーンショットは確かこれだったような。ここの住所の「変更」から住所変更をすることができます。でも、実際には住所が追加されているだけのような気がします。


PayPal 住所変更


 


氏名の方は、何やらカスタマーサポートへ連絡して、と書いてあります。で、連絡してみたわけですが(PayPalでログインした後の「お問い合わせ」からできます)、WEBからの連絡だけでよかったようで、すぐに対応してくれました。


4日後、郵送で確認入力用の暗証番号が届きました。



 


ペロンとめくると、本人確認用の5桁の暗証番号が書いてあります。これを、PayPalのWebサイトで入力しました。


 


「お客さまのアカウントアクセスは完全に回復されました。」


PayPal お客さまのアカウントアクセスは完全に回復されました。


 


のメッセージを見ることができました。いやー、よかったよかった。ちゃんと送金できることも確認できましたので、一件落着です。意外に早く処理が完了して助かりました。


 


ということで、いざという時に慌てないよう、PayPalアカウントを持っている方は今のうちに確認しておきしょう。


 


 


 


■今日の一言二言三言


 


PayPalの 住所変更 WEBから


氏名変更 連絡必要


 


ということでした。最初、電話だけかな?と思ったら、WEBからの問い合わせも受け付けてくれたので、助かりました。PayPal、個人でも入金や送金処理ができるので、もっと流行ってもいいんじゃないかな?なんて思います。あとは、クレジットカード番号を使わずに入出金処理ができますので(送金先にはクレジットカード番号は伝わりません)、信用していいのかわからないようなネットショップの場合でも、ちょっとは安心かも。


 


 


 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ



SPONSORED LINKS



落描解説:ペイパルさんに名前を言う時は、今なら日本語で大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑