固形カレールゥがイケてる☆お気に入りのインスタント麺、エースコック まる旨 カレーうどん

公開日:  最終更新日:2014/09/04

SiSO-LAB Top Illustration

100円前後で買えるカレーヌードル系(ラーメン、うどん)のカップラーメンで一番お気に入りは、固形カレールゥがポイント高い「エースコック まる旨 カレーうどん」です。よくローソンショップ100で買っています。今年の3月に発売された製品ですが、なかなか唸るカレーうどんです。

エースコック まる旨 カレーうどん

まる旨 カレーうどんは、スタンダードな縦長カップヌードル系サイズです。なんと、ふたを半分開けてお湯をそそぐだけの手軽さです。まあ、この手の形状のインスタント食品は粉末スープ袋無しで直接お湯を注ぐタイプが主流ですが、このカレーうどんも同じくお湯を注ぐだけです。

エースコック まる旨 カレーうどん

カロリーは329kcalということで、この手のインスタント食品としては普通ぐらいです。SiSOは一部の食品に対して食品アレルギーがありますが(どういうわけか21世紀と共に食品アレルギーが発症)、このカレーうどんは、「小麦、卵、乳成分、豚肉、鶏肉、大豆」ということで、魚介類がダメな人でも大丈夫です。

エースコック まる旨 カレーうどん

そういえば余談になりますが、日清のカップヌードル、スタンダードにはエビが入っていますがシーフードにはエビは入っていません。シーフードというとエビが代表的なイメージがありますので、ちょっと不思議な感じがしますね!

その他、詳細な情報についてはエースコックのホームページで確認することができます。

まる旨 カレーうどん|商品情報|エースコック株式会社

特長は特性固形カレールウ

なんと言ってもポイントは、カレールゥがドドン!と入っていることです。まあ、他のカレーヌードル製品では粉末で乾麺にくっついているものが、この製品ではルウ状に固形化されているだけかもしれません。それでも見るからに期待させてくれます。

エースコック まる旨 カレーうどん

固形カレールゥというとなんとなく脂っぽいイメージがありますが、某有名どころのカレーヌードルよりもずっと脂質は少なくて3/4程度です。脂質の量が気になる方でも安心、とまでは行きませんが、比較的軽い方かと思います。

熱湯3分、でも2分で一度かき混ぜるのがオススメ

作り方はいたってスタンダードです。フタを半分ほどめくって熱湯を入れて(スープなどの袋物は入っていません)3分待つだけです。

ただ、具材が浮いてくることと(麺の下に具材を入れるのってどこかの特許なのかな?)、カレールウがお湯になじんでから濃厚感が出てくるまで少し時間がかかるので、2分で一度かき混ぜるのがオススメです。

2分経過の時点でカレールウはドロドロになっていますので、具材とカレールウがまんべんなく混ざる様に軽くかき混ぜるだけでOKです。

エースコック まる旨 カレーうどん

ちなみにiPhoneでは、Siriに話しかければ3分タイマーをセットしてくれます。ホームボタンを長押ししてSiriを呼び出し、「タイマー、3分セットして!」と話しかければ「タイマーをセットしました。」と答えてくれます。

タイマーはかなり有名ですが、アラームもSiriでセットしてくれます。でも、Siriの声で起こしてくれるわけではありません。できればSiriに起こしてもらいたいものですよね!もう一声な感じです。

それではさらに1分待ってできあがり~♪

エースコック まる旨 カレーうどん

麺はうどんというよりは太いラーメンに近い感じで、食感はよくあるインスタントうどんと同じです。あまり特徴はありません。しかし、スープはなかなかいい味です。ドロっとまではしませんが、安い割になかなかしっかりとカレーの味がします。

具材は肉そぼろ、玉ねぎ、人参、油揚げ、ねぎが入っており、中でも、油揚げがポイント高いです。そうだ!今度、我が家でカレーうどんをするときは、油揚げも入れることにします。

 

今日の一言二言三言

 

暑い中 ハフハフ食べる カレーうどん

これまた夏の 醍醐味かな

 

台風も通り過ぎ、また暑い日が続いています。冷たいものを食べて涼を取るのもよいですが、カレーうどんを食べて扇風機に当たるのもなかなか気持ちいいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑