Gmailでメールを複数選択してまとめて削除したり移動したりタグ付したり。たぶん、知らなかったのはSiSOだけネタ。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

諸事情と言いますか、特にこれといった理由もなく、何気にいろいろなメールアカウントを作っちゃっていたりますが、ネットショップ関係は、Gmailでまとめています。Gmailは、Webブラウザでアクセスしていてもなかなか快適でして、よくできたユーザーインターフェイスを持っています。先日、さらに便利な操作方法を見つけてしまいました。


 


■SHIFTキーでまとめて選択


Gmailで複数のメールをまとめて既読にしたり、削除したり、またラベル付けなどを行う場合、メールの横にあるチェックボックスをオンにして複数選択をします。今までチマチマ、1件ずつマウスでクリックしていたのですが、実はこれ、マウス操作とシフトキーを使うことで、一度にたくさんのメールを選択することができることに気が付いてしまいました。


今回はメール関係ということで、いろいろモザイクがいっぱいですいません。ほとんど、楽天関係のメールです。楽天市場といえば、とにかく広告メールが多いという印象がありますが、実際、多いですよね~。キャンペーンに登録してポイントゲットだぜ!なんてポチろうとすると、条件に、楽天市場ショップからの広告メール受信が入っていたりします。


まあ、それは許諾しているのでヨシとします。でも、ゲンナリするのが・・・最近、減った気がしますが、楽天のサービスで、そのサービスとは関係ない広告メール(本屋さんが保険紹介とか)を送ってくるのはやりすぎ感があります。


 


っと。本題から外れてしまいました。


WebブラウザでGmailにアクセスすると、受信したメールがズラズラっと表示されます。各メールの左にはチェックボックスがあり、まとめてタグ付けをしたり移動や削除する時は、このチェックをオンにします。



 


SiSOはマウスオペレーションが大の苦手で、このチェックボックスをオンにしていく操作というのもかなりストレスを感じてしまいます。モザイクかけてみましたが、なんとなく読める!人間の目と脳の補完能力ってすごいです。



 


上の方にあるメールにチェックを入れ、シフトキーを押したまま、下の方のメールにチェックを入れると、Windows等でファイルを選択するが如く、まとめてチェックボックスがオンになってくれます。



 


ということで、まとめて削除したり、タグ付したり、移動したりすることができます。



 


ちなみに、もしや!と思ってYahoo!JapanやYahoo!USAのWebメールでも試してみたら同じことができました。さりげなくユーザーインターフェイス、改良されていますね!でも、PlalaのWebメールではできませんでした。Plalaの方は、有料サービスなので、もうちょっとがんばって欲しいところです。


 


 


■今日の一言二言三言


 


Gmail かなり便利で 使いやすい


会社のメールは なんで使いにくいの?


 


お仕事メールは、こういった他のメールサービスに転送禁止なのですが、出先でのアクセス用に使っているかたも多いようです。SiSOはプライベートのみの使用ですが、かなり使い勝手が良く、気持ちがわからないでもないです。SiSOの勤め先も、以前は外出先からはとても操作性の悪いWebメールでして、「IT化してなんで不便になるんだよ!」と、かなりブーブー言ってました。今は良くなりましたが、でも、正直、Gmailの方が使い勝手がいいです。


インフラ関係といえば、最近、予定が共有できる機能がついたものがあります。他の偉いさんから、「予定を共有しよう!」なんて話が出てくるわけですが、おかげで、手元の予定表、グループウェアの予定表、さらにもう1つ、みたいな感じになってしまって3箇所も入力するハメになり、全然、便利じゃありません。ITで仕事って便利で楽になるもんじゃないのかなぁ。手間ばかり増えて、力の強い人ばかり便利になっているような気がします。


 


 


 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ



SPONSORED LINKS



落描解説:Gmailの「M」文字のデザインですが、最初にこのアイデアを描いた人はすごいなぁ、と思います。Gmailが最初なのかな?それとも、もっと別のサービスからなのかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑