日本通信、プランBが出ますね!「mobile X SIM」、月ごとにプラン変更可能。2014年1月31日発売。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

日本通信から自称「最強のSIM」が投入されることになりました。2014/1/31から発売になりますが、他社の人気プランに対抗した、話題のプランI(IIJmio対抗プラン)、プランN(OCN対抗プラン)、そしてプランB(Biglobe対抗プラン。但し…後述)を、なんと月毎に切り替え可能な「mobile X SIM」です。


 


■日本通信、MNVO市場に最強のSIMを投入


「最強」だそうです。でも、自称です。やはりというか、もはやお約束なのか、今回も強気のキャッチコピーです。


日本通信、MVNO市場に最強のSIMを投入


 



現在評価が高い3つのSIMに対して、料金は同一で、サービス内容で勝る3つのプランの中から、毎月好きなプランを選んで利用できます。


 


とのことです。特徴は、IIJmio、OCN、Biglobeに対抗して、価格は他社と同じ、サービス内容はプラスアルファというように設定されたプランであり、月単位で切り替えが可能なことです。自称「最強」はともかく、手数料無しで月単位切り替えというのはなかなかよさげです。


b-mobile X(エックス) SIM| b-mobile SIM


 


速度制限時の200kbpsがしっかり速度が出るのであれば、まさに「ほぼ最強」だと思いますが、そのあたりは改善されているかな?と、ちょっと気になります。でも、高速通信時にしっかり速度が出るのであれば、それほど気にしなくてもいいのかもしれません。


SiSOは、現在IIJmioを使っていますが、月のデータ通信量が500Mバイトを超えません。そんなわけで、乗り換えを考えた場合、各プランを切り替えることができて、使い始めてから自分
に合ったプランを検討できる、というメリットが生きてくるかもですね!


 


「ほぼ最強」と書いた理由ですが、ちょっと気になったのがBiglobe対抗プランの「プランB」です。このプランは、「月額1,505円で2.2GB/月の高速通信、速度制限時は200kbps」(Biglobeは速度制限時128kbps)というものです。BiglobeライトSプランは2GB/月になりますので、プランBの2.2GB/月でしっかり対抗しています。


けど、エントリープランには対抗しなかったのかな?という疑問があったり無かったり。エントリープランであれば、「月額980円で1GB/月の高速通信、速度制限時は128kbps」になります。Biglobeが提供している格安SIMプランの中では、ライトSプランが一番人気だったということでしょうか?意外ですけど…。


 


 


 












IIJ 【ビックカメラグループオリジナル】BIC SIMウェルカムパック マイクロSIM – amazon.co.jp

IIJmio高速モバイル/Dに、BICカメラがWi2 300のWi-Fiスポットサービス(有料の公衆Wi-Fi、380円/月)を追加し、価格据え置き、というプランです。IIJ系なら、現在、これがイチオシです。
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670 – amazon.co.jp

高速データ通信は1日30Mバイト、という制限方法のプランです。
NEC Biglobe [NECビッグローブ(NECBC)][BIGLOBE LTE・3G][microSIMカード][miniUIM_KIT_W] – amazon.co.jp

月額980円で1GBまで高速データ通信可能な、今のところ、月あたりの高速データ通信量が一番多いプランです。速度制限時が128kbpsですが、Wi2 300のWi-Fiスポットサービス(有料の公衆Wi-Fi、380円/月)も付いており、かなりお得なプランだと思います。

 


 


 


■今日の一言二言三言


 


なんでかな biglobeへの 対抗で


エントリープランを 無視したの?


 


 


自分で「最強」とか言わなければ好印象なんですが…。日本通信と言えば、今のところ、唯一、音声通話プランを持っているMVNO業者ですので、音声通話プランを中心に差別化した方がいいように思うのですが、いかがでしょうか?高速通信500Mバイト/月(制限時しっかり200kbps)音声通話SIM、「とりあえずスマホ」プラン、1,600円/月、MNP可能、なんてどうでしょう?これなら携帯キャリア各社が頭を抱えるほど最強でインパクトあると思うけどなぁ。「日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM] – amazon.co.jp」をもう一声がんばってくれるとうれしいです。


 


 





関連エントリ






SISO-LABオススメエントリ





購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。 














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート





SPONSORED LINKS




落描解説:特に多くは語らず…。でも、もうちょっとかわいいイラストを描けるようにならないものかな?と思う、今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. こんなみ より:

    高速通信のクーポンより通常モードの繁忙時でもしっかり200kbps出してほしいな。
    Bmobileは以前の印象が悪くてイマイチ信用できないワタクシです。
    今使ってるBBexiteも12:30~13:00は100kbps位しか出ないこともあってチト不満もありますが安いから仕方ないかな?です。

  2. SiSO より:

    こんなみさん>
    そうですね、200kbpsが100kbpsってのは、感覚的には「あと少しじゃん」って思うわけで、数MBbpsの回線(3G)からみたら、100kbpsなんてすごく小さい数字なので、きっちり出してくださいな、って思います。
    IIJmioのお昼の時間帯通信速度、今日、ちょっと計ってみようかな、と思います。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑