格安SIMでも音声通話が欲しい!派に朗報。日本通信からデータ通信(200kbps)付き音声通話プラン、1,560円

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


白ロムiPhone4sをIIJmioの格安SIM(ドコモMVNO)で「概ねスマホ」して楽しんでいる今日この頃ですが、格安SIMの場合、基本、データ通信のみだったりします。実は、日本通信では以前から音声通話もできる格安SIMを販売していますが、新しいプランが11/23からスタートするとのことです。


 


■日本通信の音声通話SIM


普通にドコモやAU、ソフトバンク等と電話として契約している場合、全然、気にもしないような話ですが、格安SIMの場合、基本的にデータ通信のみ、というものがほとんどです。そのため、メールやインターネット徘徊のための端末として使う、或いはSMARTalkや050plus等のIP電話を使って音声通話することになります。


ところが、日本通信だけは元々音声通話もできる格安SIMを提供しています。これにより、090や080で始まる電話番号を取得でき(これからは070もあるかも)、また、音声通話SIMの場合、普通の携帯電話でしゃべるのと同じですので、IP電話ほど遅延しないことが期待できます(ちなみに、携帯電話でも0.3秒ほど遅延しています)。従って、「普通の通話を重視、データ通信はメールやりとりと時刻表調べるぐらい、たまにたくさん高速通信がいい」という場合にはなかなかよさげなプランです。


 


サービス | スマホ電話SIM


 


サービス体系としては、音声通話基本料(21円/30秒)1,080円/月に、データ通信基本料を加える、という形になっています。データ通信サービスとしては、月額980円で150kbps使い放題、月額1,980円で1GBまで速度制限無し、月額2,980円で2GBまで速度制限無し、というラインナップになっています。


従って、例えば、一番安いプランですと、音声通話1,080円+150kbpsデータ通信980円ということで、2,060円/月ということになります。


 


■データ通信SIMの価格競争に終止符


実は、日本通信のSIMにはあまりいいイメージが無かったのですが(後述)、今回のニュースリリースのキャッチフレーズ?にちょっとニンマリしてしまいました。


 


日本通信、データ通信無料SIM フリーDataで宣戦布告|日本通信株式会社


 



日本通信、データ通信無料SIMで宣戦布告

日本通信株式会社は、音声サービスの基本料のみで、データ通信無料のSIM「スマホ電話SIM フリーData」を提供開始いたします。11月23日(土)より販売を開始し、これをもって、データ通信SIMの価格競争に終止符を打ちます。


 


う、なんかしびれるぐらいに強気な…。でも、確かにすごいかも。内容はこんな感じになっています。


 


スマホ電話SIM フリーData , 携帯電話SIM | b-mobile SIM


 


このプラン、11/23からスタートしますが、通信速度が150kbps→200kbpsになって月額1,560円になります。また、「今月は旅行とか行くので200kbpsじゃちょっと」という場合は、「Turbo Charge」というサービスを使うことで、100Mバイト/315円、または500Mバイト/1260円(有効期間は90日)の高速通信を行うことができます。


ただし、無料通話分はありませんので、月額の維持費を抑えるにはちょうどいいですが、たくさん通話する場合は、やはりそれなりのプランを検討した方が良いかと思います。


若干気になるのは、SISOの周りだけかもしれませんが、データ通信速度に関してはあまりいい話を聞かない、というのが実情です。高速通信時の話はわからないのですが、低速通信時の「200kbps」があまり速度が出ない(半分以下とか)そうで。


「200kbps」と聞くと、LTEなんかと比べれば雲泥の差ですが、それでも、しっかり200kbps出てくれればIP電話でも話ができますし、メール、ネットでのちょっとした調べ物程度には十分機能してくれます。もちろん、速くはありませんが、SISO的には、コスパと天秤にかけたら我慢できる範囲です。


ちなみにこのプラン、5ヶ月の最低利用期間がありまして、利用期間内に解約・解除された場合8,000円の解約金がかかるとのことです。


 


 


■今日の一言二言三言


 


しびれたぜ なにその強気な キャッチコピー


 


あ、違った。


 



  • 音声通話ができて月額1,560円

  • 150kbps→200kbpsにスピードアップ

  • 100Mバイト/315円、または500Mバイト/1260円で高速通信可能

  • MNPも可能!

 


最後、グレーな感じでまとめちゃいましたが、上記4点はポイントが高いかと思います。そういえば、最近、IP電話の遅延(SMARTalk)がちょっと多くなった気がします。最近、遅延時間とか計測していないので、明日にでも測ってみようかな?


 


 




SISO-LABオススメエントリ



購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。 














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート




SPONSORED LINKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑