格安SIM価格競争、本当に終止符を打てるのか?日本通信「スマホ電話SIMフリーData」を考察。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

先日のブログネタにもしましたが、11/23より日本通信から新しい格安SIMプランがサービス開始となります。「日本通信、データ通信無料SIMで宣戦布告…(中略)…データ通信SIMの価格競争に終止符を打ちます。」と、超刺激的でワクワクしてしまうキャッチコピーでニュースリリースが出ちゃったりしていますが、


 


■b-mobile(日本通信)の現行格安SIM音声通話プラン


日本通信は、もともと音声通信をセットにした格安音声通話プランを持っています。イオンにて販売されている音声通話のできる格安SIMと同じものです。


 


サービス | スマホ電話SIM


 


気になるところをちょっとスクリーンショットで大きくしますが、ざくっと、電話とネットが使えて月額2,060円、音声通話だけのプランは、1,080円となっています。



 


こちらが現行プランの詳細です。


 


 


これを比較用に要点だけ列挙すると、月額維持費は以下のようになっています。




    • 音声通話…1080円(SMS付き、通話料は別途)

    • データ通信…980円(150kbps無制限)

    • ターボチャージ…無し 100Mバイト/525円、または500Mバイト/1,800円(2013.11.19修正)

      合計…2,060円

 


これが以下のようになります。




    • 音声通話…1,560円(たぶんSMS付き、通話料は別途)

    • データ通信…無料(200kbps無制限)

    • ターボチャージ…100Mバイト/315円、または500Mバイト/1,260円

      合計…1,560円

 


■それでは他社サービスと比較してみた場合は?


音声通話分が1,080円として計算した場合、例えば、とても大雑把な計算にはなりますが、IIJmioの高速モバイル/Dサービスのミニマムスタートプランの場合、月額945円で200kbps、500Mバイトのバンドルクーポン(日本通信で言うところのターボチャージに相当)があります。


SMSサービス分(147円)を計算に含むかどうか悩んだのですが、考えてみれば、音声通話分の前提としている1,080円に含まれているので、追加での加算は無しとします。


そうすると、1,080円+945円ということで2,025円になります。これには、500MBのバンドルクーポンが含まれています。サービス内容を合わせるためには、「スマホ電話SIM フリーData」の場合、月額1,560円に加えて500MB分のターボチャージ分1,260円が必要になります。従って、2,820円となります。


現在の格安SIMの価格感覚において期待されるのは、


 


音声通話+200kbps+500MB高速通信で


月額2,025円以下が期待価格


 


なのではなでしょうか?(ただし、200kbps通信の品質も大事ですけど)「終止符を打つ!」のであれば、もう一声がんばらないとまずそうです。


 


なぜこのエントリを書いたかというと、実はきっかけがありまして…いつも楽しく読ませていただいているギズモード・ジャパンさんで、ちょっと、「ん?」って感じる記事を読んだことです。


 


無料でいいの!? 日本通信がデータ通信無料の音声SIM「スマホ電話SIM フリーData」を発表 : ギズモード・ジャパン


 


最後を「MVNO業界にとって衝撃的なプランとなりそうですね!」とくくっているのですが、SISO的には発表当初から、そんなに衝撃的かな?(キャッチコピーにはしびれたけど)と思っていたので、実際に、現行サービスの価格帯から推測される、市場の期待価格を考えてみました。


勢いのいいプランに水をさしてしまうような話になってしまいましたが、サービスそのものが悪い、と言う話ではなく、「終止符を打つ!」というのであれば、もう一声欲しいのでは?という話です。


音声通話付きというのは、人によっては外せないプランです。「音声通話できないとダメ、でもデータ通信はそんなに使わない」というのであれば、ベストプランになることは間違いありません。また、今のところ、音声通話サービスは、日本通信の大きなアドバンテージです。ぜひ、200kbpsデータ通信では、安定したサービスを期待します。


 


※2013.11.19 音声通話月額を980円(正しくは1,080円)と勘違いして書いていましたので、修正しました。


 


 






日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM] – amazon.co.jp

 


 


 


■今日の一言二言三言


 


ギズモさん いつも楽しく 読んでます


 


今日はちょっとグレーな雰囲気で引用させていただいちゃいましたが、いつも、楽しく読ませていただいています。がんばってくださいね!


 


 


 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ



購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。 














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート






SPONSORED LINKS





落描解説:今日から試しに落描解説を書いてみることにしました。いつもわかりにくくて、しかもヘタなイラストですが、何気にエントリの内容を表現できるよう、エッセンスを入れています(つもり)。今回は、日本通信の「スマホ通話SIMフリーData」WEBページのパロディなのですが、背景を通天閣に変更して大阪っぽくし、スマホらしきものを持っているところを後ろから見ると、実は電卓を持って計算をしていた、というオチにしてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑