IIJmioもついにSMS機能オプション追加。月額945円の格安データ通信SIMにプラス147円/月也。 – 白ロムiPhone、スマホ

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


SMS(ショートメッセージサービス)が、IIJmio高速モバイル/Dサービスでもオプションで提供されることになりました。これがあれば、LINE等のサービスでの認証がSMSにてできるようになります。と、一般的なことを書きながら実はちょっと興味深いのが、アンテナピクト表示だったりします。


 


■SMS機能付きSIMカードに交換必要


 


IIJmio:料金改定及びSMS機能提供開始のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス)


新規でIIJmio申し込む場合、SMS機能付きSIMカードを選択するだけであり、現状の新規申し込み手数料の3,150円以外、費用は発生しません。しかし、現在、既にIIJmioを契約しており、その契約の中でSMS機能を利用するためには、まず、現在使用しているSIMから、SMS機能付きSIMカードに交換する必要があります。


IIJmioのブログ、「てくろぐ」の方に解説がありますが、これは、SMS機能が付くと、従来のSIMカードとは、docomoとの契約が異なることから、交換が必要になるとのことです。


てくろぐ: IIJmio高速モバイル/D、SMS対応。セルスタンバイ問題の対策にも


 


SMS機能付きSIMカードに交換するには、SIMカード1枚につき、2,100円の手数料がかかります。また、新しいSIMカードが届くことになりますので、1週間程度かかるとのことです。現在のSIMカード(SMS無し)でも電話番号がついていたりするのですが、この電話番号は新しいものに変わるとのことです。


また、現状、イオンやビックカメラで扱っているIIJmioウェルカムパックには、SMS付きSIMカードはありませんが、今後、提供することが予定されているとのことです。


 


■iPhoneのアンテナ表示(ピクト)ができるようになる?


SMS機能と何の関係があるのやら?ですが、iPhoneのアンテナピクトが表示されるようになる、とのことです。アンテナピクト表示ってのは、「お、アンテナ棒がいっぱい立ってるね!」のアレです。下のスクリーンショットの左端を見ると、「_____ NTT DOC…」となっていますが、本来、この「_____」の部分は、電波の強度を現す棒が表示される部分です。データ通信専用の格安SIMを使うと、概ね、このような表示になるようです。




 


ただし、てくろぐで書かれている内容はSIMフリーのiPhoneでの話なので、SIM下駄使用している白ロムAU版iPhone4sでも同じかどうかはわかりませんが、ちょっと興味深いですね!他にも、iOS7化してIIJmioのSIMが使えなくなったiPhone4、iPad 2も、3G通信できるようになるそうです。うーむ、SMS機能、何がどう関係しているのかよくわかりませんが、奥深いですね!



以下、てくろぐさんからちょっと転載させて頂きます。


 



メリット3. iPhone、iPadの通信環境が改善される


いままでこのblogでも「iPhoneの新機種や、新しいiOSで端末の挙動が変ってしまった」という事をご紹介してきました。その中には残念な変化もあったのですが、SMS対応のSIMを使うことで、いくつかの問題が解決できることを確認しています。


    アンテナピクトが表示されなかったiPhoneでも、ピクトが表示されるようになる (参考)
    iPhone 4・iPad 2とiOS 7の組み合わせで利用できなかった、3G通信が行えるようになる。また、プッシュ通知が利用できるようになる (参考)
    iPhone 4・iPhone 3GS・iPad 2とiOS 6.1の組み合わせで利用できなかったプッシュ通知が利用できるようになる (参考)


これも、SMS本来の機能とは関係がありません。iOS内部の動作までは確認できていませんが、おそらくCS domainにregistrationできるようになったことが関係していると思われます。


 


■現在、SMS機能を提供している格安SIM


どこも有償ですが(音声通話付きプランでは含まれています)、ざくっと把握している範囲では、以下のMVNO業者がサービスしています。SMSはかなり古い機能ですが、最近は、携帯端末を認証するために使われていたりして、また活躍しています。LINE、Gree等のSNSや、確か、Googleなんかの何かの認証でも使われていたと思います。


そんなわけで、SMS機能のあり/なしも、格安SIM選定基準の1つになりそうです。



  • IIJ IIJmio、BIC SIM等 (147円/月)

  • DTI ServersMan SIM LTE 100 (150円/月)

  • U-NEXT U-mobile*d スタンダード (150円/月)

  • 日本通信 スマホ電話SIM

  • So-net モバイル LTE +Talkプラン

 


 


IIJmioクーポンスイッチ 2.0.2(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Internet Initiative Japan Inc. – Internet Initiative Japan, Inc.(サイズ: 0.3 MB)
全てのバージョンの評価: (39件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


 


 


■今日の一言二言三言


 


IP電話の番号で


できたらいいな


SMS


 


格安SIMには電話番号が割り振られていますが、データ通信専用SIMの場合、この電話番号で音声通話の発着信ができるわけではありません。そういった意味では、「普通のように使えるSMS」というのは、IP電話の電話番号でやりとりできるのが一番自然な形かと思います。


現実問題として、取り扱っているデータの種類が違いそうなので難しそうですが、iP電話サービス会社さんも、ぜひぜひ、SMSや緊急電話対応検討していただけるとうれしいです。


 


 




SISO-LABオススメエントリ



購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. けん より:

    こんばんは。自分も昨日SMS対応の件知りました。
    自分の4s、アンテナピクト表示はフィールドテストモードで数字表記にしてるし、セルスタンバイ問題はiPhoneなのであまり影響がなさそうなので、とりあえずはスルーな感じデスね^o^
    ただ今後Android端末に変更した場合はセルスタンバイ バッテリードレインの事もあるので、頭の片隅にでもいれときます。
    現状docomo版iPhone5s/5c共にLTE接続できないですけど、SMS 対応で接続OKみたいな事にはならないですよね^_^;

  2. SiSO より:

    けんさん>
    アンテナピクト表示、さっそくやってみました!これは面白いですね。昔、このネタを見たことがあったのですが、当時、SIMを入れていなかったのでスルーしてました。
    MVNOのSIMでのiPhone5s/c LTE接続、できるといいですよね。あえて塞いでいるのならしょうがないですけど、今後、改善されることに期待しちゃいます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑