玩具 – 三角ネジ用ドライバを使えば、マクドナルド・ハッピーセットの玩具を分解して電池交換できます。

公開日:  最終更新日:2014/06/15

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


マクドナルドのハッピーセットについている玩具ですが、三角ネジが使われていて簡単に分解できないようになっています。あの三角ネジ用ドライバーは、ネットで購入することができます。電池を交換したときの様子を写真に撮りましたので、ざくっと紹介します。


 


なかなかあの玩具は侮れなくて、子供が気に入っていたりして…まあ、本音で言えば、玩具で子供の気を引かないでくれ~というのが親心ですが…捨てられなかったりします。あとは、プラレールの一部の車両が三角ネジを使っているため、我が家には結構前から三角ドライバーがあります。


三角ドライバーについては、以下のエントリを参照してください。



というわけで、ハッピーセットのプラレール。ドアが開くと音が鳴ったり、暗いところに持っていくとライトがついたりします。



 


まずは、車体をひっくり返し、三角ドライバーでネジを外します。普通のネジ(プラスとかマイナスとか)より、ずっと簡単に回すことができます。プラスドライバーと比べると、ドライバーの先がしっかりネジにはまるので、ネジを舐める心配が少ないと思います。



 


慎重に車体の上下を外し、中の基板を取り出します。外す時は、外す前の状態をしっかり見て覚えて置くようにしましょう。この電車の場合、ドアが開くので、リンク機構の位置が組み立て時に重要になります。


黒いパーツをよく見ると、カバーに覆われた電池が見えます。恐らく、子供が投げたりして強い衝撃を受けても、電池がずれたりしないようにするための構造です。このあたり、マクドナルドの玩具へのこだわりが伺えます。でも、子供が玩具欲しさにマクドナルドに行こう!とか言い出してしまうので、できればハッピーセットはやめてほしいような。



 


電池カバーを慎重に引き剥がすと電池が出てきます。経験上、ハッピーセットの玩具は、「なんとか41」というサイズばかりだと思います。子供が誤飲しないよう、捨てるときは注意してください。




というわけで、無事、電池交換完了しました。玩具によっては、ネジを外してもうまく分解できなくて断念したこともあります。それでも分解するのって楽しいので、親も楽しんで子供も喜ぶってことで、三角ドライバーがあれば一石二鳥!ですね。


 


 










※i-TOOLS@楽天市場へのリンクです。

ちなみに、このショップは、アマゾンでも出店しています(店名が同じなので、きっとそうでしょう)。なぜか楽天の方はメール便対応(240円)、アマゾンの方は送料500円で、楽天で購入するほうが送料が安いです。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑