タカラトミー、プラレール・アドバンスを赤外線通信(IR)で無線化。ラジコンみたいに運転できて楽しそう!

公開日:  最終更新日:2015/05/11

SiSO-LAB
2014年10月からとのことですが、タカラトミーから、あのなかなかリアルなプラレールアドバンスを、赤外線通信で無線運転できる製品を発売するとの発表がありました。運転士気分が味わえて楽しそうです。ちなみに我が家では、ミスターモーターマンという製品を使って、プラレールをラジコン化していたりしますので、それもちょっと紹介します。

プラレールアドバンスIRコントロールシステム

プラレールアドバンスといえば、スリムで実車イメージにかなり近い外観、通常のプラレール用レールの片側だけを使って走行できてすれ違い走行も可能な、大人にとってもかなり魅力的なプラレールシリーズです。

単4電池で動作するのですが、なんと、これが赤外線通信で無線制御できるようになるとのこと。

「プラレール」の進化を君の手に!待望の「遠隔操作」を実現!鉄道玩具「PLARAIL Advance(プラレールアドバンス)」IRコントロールシステム導入!直感操作!15段階のスピードコントロール/前進・後進/2編成同時走行で並走、追抜きも! – p140612_2.pdf

プラレールは、走っているのを眺めるのが基本的な遊び方ですが、運転できるとなると、遊び方の幅も広がりそうです。また、「2編成同時走行」というのがポイント高いですね!子供が2人いても、同時に遊ぶことができます。

予定では、「W7系北陸新幹線かがやき」のIRコントロールセットと、中2車両分のIRコントロールユニットが発売されるとのことです。プラレールアドバンスは、2両目と3両目に電池とモーターが入っていますので、そこを入れ替えれば他のプラレールアドバンスもIRコントロール化できるということですね。

IRコントロールユニット、写真を見ると、単品でも四角い系電車として遊べそうです。ただし、2014年6月以降に発売した車両のみ対応とのことで注意が必要です。

 

プラレールアドバンス W7系北陸新幹線かがやき IRコントロールセット – amazon.co.jp

現在、予約受付中で、販売は2014.10.11からとのことです。
プラレールアドバンス ACS-01 IRコントロールユニット – amazon.co.jp

現在、予約受付中で、販売は2014.10.11からとのことです。

一足先に無線化したければミスターモーターマン

タカラトミーとは関係ありませんが、なぜか、プラレールとプラレールアドバンスにピッタリのサイズで作られた無線制御のモーターセットが売っています。これを使うと、手軽にプラレールをラジコン化できます。

この製品は、単2電池型のユニットに単4電池2本とラジコン受信器が入っており、プラレールに入れている単2電池の代わりに入れるだけで、ラジコン操作できるようになるというものです。

1371447926

我が家にはこれが2セットあります。上の子用には「慣性走行」するタイプ、下の子用にはマスコンを戻すと止まるタイプにしました。4編成まで同時走行可能なので、友達と持ち寄って遊ぶという使い方もできそうです。

電波はだいたい2mぐらい届きます。あ、ID設定の注意点ですが(よく、子ども達がミスるので)、送信機と受信機は30cmぐらい離してID設定操作をしてください。近すぎると逆に認識してくれません。

プラレールアドバンス用のものもありますが、こっちは所有していません。でも、コントローラとかは同じなので基本的には同じかと…あ、アドバンス用は充電池になっているので、そこが違います。遊ぶときは事前に充電が必要です。

 

今日の一言二言三言

 

こっそりと 無線化しておき 驚かせ

親子で競う 駅停車かな

 

お子さんには内緒で無線コントロール版にしておき、ひょい!と動かして見せるとかなり驚いてくれます。それから種明かしをして一緒に遊ぶのがよいかと。

無線コントロールできるようになると、駅で止めたり(これがなかなか難しいです)バックしたり、車両基地のようなレイアウトを作ってそこから発進させたりと、いろいろな遊び方できて楽しいです。

 

IRコントロールユニットでプラレールアドバンスを無線化

タカラトミーから発売されているプラレールアドバンスシリーズを無線化する製品が、遂に本家から発売されました。速度調整15段階に2編成同時走行可能など、なかなかうれしい製品仕様です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑