三角ネジ用ドライバ…マクドナルドのハッピーセット玩具を分解する難関は三角ネジ(プラレールの新幹線も分解可能)

公開日:  最終更新日:2014/06/15

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


会社の知人に、「マクドナルドのハッピーセットについてくる玩具を分解したいんだけど、分解できない」と相談されました。ハッピーセットの玩具といえばあまり分解してほしくないのか、「三角ネジ」が使われています。でも、分解できないのって捨てるときにちょっと気分悪いですよね。ちょっと分解すればもう少し細かな区分で捨てることができて、なんとなく環境問題の改善に貢献できた気がするのですが。


我が家には三角ネジ用ドライバーがあったのでそれをかしたのですが、案外、このドライバーを購入できることは知られていないのかもしれません。


 


それでまあ、どこで売っているんですか?と聞かれたのですが、実は、一昨年ぐらいに楽天市場の「i-TOOLS」というショップで購入したものです。調べてみたら今でもまだ売っていました(購入履歴って便利です)。今ならもっと安いところもあるかもしれませんし、探したら100円ショップなんかでもあるかもしれません。


ちなみに、このショップは、Amazon.co.jpでも出店しています(店名が同じなので、きっとそうでしょう)。Amazon.co.jpの方は、「三角△ねじ用ビットと手回しハンドルセット《モデルカー/玩具用三角ドライバー》」になります。なぜか楽天の方はメール便対応(240円)、Amazon.co.jpの方は送料500円で、楽天で購入するほうが送料が安いです。










※i-TOOLS@楽天市場へのリンクです。

さて、早速、マクドナルドのハッピーセット玩具のネジをチェックしてみます。 これはいつもらった玩具かな…、LEDが光って、ボタンを押すとくるくる回って綺麗な玩具です。



ひっくり返すと、三角ネジが見えます。これを外すことで電池交換をすることができます。三角ドライバーの太いほうがぴったりと合います。


  


続いてプラレールです。我が家にあるプラレールでは、700系新幹線とN700系新幹線に使われています。


なんでこれらの車種だけ三角ネジが使われているのか?と考えると、すごく不思議です。例えば、ほとんどのプラレールが三角ネジならばわかるのですが、他の電車ではプラスネジが使われているものがほとんどです。なんでこれらの車種だけ???



先頭車両をひっくり返すと、どちらも三角ネジが見えます。これもまた、三角ドライバーの太いほうがぴったりと合います。


 


しかし、プラレールは甘くない!のです。プラレールには、もう1つ、小さいサイズの三角ネジが使われています。



奥まったところにあったので、iPhone4SでLEDライト点灯状態で撮影してみました。プロカメラだと、LEDライト点灯状態のまま撮影ができるので、こういうとき便利ですね(Camera+でもできますので、どっちでもいいですけど)。このエントリの写真は、すべてiPhone4Sで撮影しています。


この小さい三角ネジの方は、ビットをひっくり返して小さいほうで…回るには回るのですが、ピッタリではなく、ゆるいです。工具を真面目に使うのであればやってはいけないことですが、まあ、一応ネジをなめることなく回りますので、素人としては良しとしましょう。


 


あと、ネットで見た情報だと、トーマスにも三角ネジが使われているそうですが、我が家にある、にこにこ顔のトーマスと、怒った顔のトーマスはプラスネジでした。


 


もうちょっと安いドライバーはないの?って話について、自分では試してないのですが、もっと値段の安いものですと、寸法的にはAmazon.co.jpで扱っているアネックス(ANEX) 三角ネジ用ビット1.6×2.3mm No.33TR1623も使えそうな気がします。レビューを読む限り、ピッタリかどうかわからないですが、マクドナルドのハッピーセット玩具でもプラレールでもいけそうな感じです。値段的にはこちらの方が安いので、懐には優しい感じですね。もし、お持ちの方がいらっしゃいましたら、コメントいただけるとうれしいです。


いろいろなものの値段が下がり、壊れたら買いなおすほうが安い世の中ですけど、子供に、


「壊れたら捨てる。買いなおせばいい。」


って感覚を持ってもらうよりは、大事に使って、それでも壊れたら


「直してみよう」


っていう感覚を持ってもらいたいな、なんて思っていたりします(親の勝手な気持ちの押し付けかもしれませんが…)。そんなわけで、多少お金がかかっても、物を大事に、直せるものは直して使い続けられることを伝えたいなと思います。何より、その気になれば直せるものも多い、というのを覚えて欲しいって思ってます。


 


値段が下がった、というキーワードで、最近読んだ本の一節を思い出しました。


「昔と比べれば洋服や土地は安くなっているのに、
本だけは安くなっていない。
だから、本を書くときは、1,500円の本なら、
3,000円の本を書いているつもりで書くんだ。
でも出版社の人はわかっていない。
だから本が売れない。」


(原文はもっと長文なので、SISOが要約しています)


と、斉藤一人さんの「仕事はおもしろい―当代きっての実業家が明かす仕事術の神髄!Amazon.co.jpで内容を数ページ読むことができます)」に書いてありました。あ、書いてあるのは135ページなので、「なか身!検索」だと該当の文章は見れません。すいません。


これを読んで、うーん、そういわれてみればそうかなぁ。この本、ずけずけと大切なことが書いてあっておもしろいなぁ、と、共感することが多かったです。仕事で成功するための心構え、基本行動みたいなことがいろいろと書いてありますが、自己啓発本として読んでも、おもしろいことがいろいろ書いてあります。心の持ち方とか、成功するための習慣とか。ちょっと説教くさいですが、それがまた心地よいです。




■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑