kobo Touch – せっかくなのでスケッチブックで何か描いてみました。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


kobo Touchには、お試し機能で「スケッチブック」というお絵かきソフトが入っています。お試し機能のせいか、かなり貧弱なのですが、そういう制限の中で描いてみるのもおもしろいかな?と思って、ちょっとイラストを描いてみました。まあ、もともと技量が無いのであまり期待しないでください。


 


■スケッチブックの起動


「設定(歯車マーク)」から、「設定」→「その他」→「スケッチブックを起動」と選択していきます。あとは思うがままに画面をタッチして絵を描きます。拡大表示はできませんし、ペンの太さは変えることができません。また、描き損じても部分的に消すこともできません。指への追従性はかなり悪いです。


絵が描きあがったら、右下の右から2つめのボタンを押して保存します。


確認はありませんが、保存したファイル名が表示されますので「OK」を押します。


 


■描いたイラストの取り出し方


描いたイラストは、kobo Touch上ではホーム画面から「ライブラリ」→「本」と進むことで表示することができます。また、ここからイラストの再編集、削除を行うことができます。


パソコンに取り出すには、USBケーブルでkobo Touchを接続し、本体側メモリのフォルダ内にある「drawings」というフォルダの中に、png形式で保存されています。画像サイズは、600×800でした。



 


というわけで、描いてみたイラストです。タッチの特性とか、ペンの太さが変わらないとか、拡大できないとかなので、ボールペンでガシガシ描いたようなイラストになりました。これはこれで


結構、味がある


と思います。 



まあ、絵日記のイラストぐらいには使えるかな?なんとなく、多少制限(この場合は機能不足ですが)があると燃えてしまいます。:-P


 















電子ブック楽天<kobo> kobo Touch 【販売:楽天kobo】【今なら送料無料】
楽天では、2012年8月20日(月)9:59→2012年8月31日(金)まで、楽天会員で3000ポイントプレゼント(プラチナ会員の場合)キャンペーン中です。上記リンクで楽天のkobo Touchへ移動しますが、そこにエントリボタンがあります。キャンペーンにエントリしてから購入する必要がありますので、ご注意ください。





 kobo Touch SISO-LABまとめ情報



  • kobo Touch – コボタッチのSISO-LAB内まとめエントリ
    だいぶエントリが増えてしまったので、上記エントリでまとめ風に紹介しています。ハッキングはしていませんが、購入してから

      あれやこれやと試して楽しんだこと

    を書いていますので、ぜひ見てください。
     

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑