SONY Cybershot DSC-WX100の予備バッテリー購入

公開日:  最終更新日:2016/03/15

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


先日購入した、SONYのCyber-shot WX100ですが、旅行とかで丸1日撮影した時にバッテリーの持ちが不安なので、1つ予備バッテリーを購入しました。まあ、使わずとも、今後、数年お世話になる予定ですので、どうせ初期同梱されているバッテリーもへたって交換することもあるでしょう。


 


SONY Cyber-shotWX100の購入したときのエントリについては、以下のリンクを参照してください。最近のデジカメを触って比較したわけではないですが、大きさ、使い勝手、あとは暗いところでの撮影能力等、家庭で子供を撮影するのにいい感じで、けっこう、満足しています。



付属のマニュアルを見ると、バッテリーについては、以下のような記述がされています。



???日本語がよくわかりません。さらに取扱説明書を読み進めたらNP-BN1でいいようです。なんか、この最初の表記で???になってしまいますね。



というわけで、amazon.co.jpで調べてみました。すると、概ね、3種類の結果が出てきました。それは、「国内純正品」、「平行輸入品」、「互換品」です。値段が、段階的に半分になっていきます。おもしろいですね。


ざくっとamazon.co.jpで見た感じ、正規品が3,000円ぐらい、平行輸入品が1,500円ぐらい、互換品が1,000円以下という感じです。



海外で純正品を買うと安いんでしょうか?不思議だ(そういえば、以前、正規品の音楽CDでも、海外で購入して日本に輸入した方が安いなんて話がありました)。


というわけで、なんとなく安心で安めの平行輸入品を購入しました。メール便で到着しました。




ケースに入っているのがポイント高いです。このバッテリーはリチウムイオン電池だと思うのですが、外装はそれほど強くありません。そのため、保護目的でケースがあるのはありがたいですね。しかもコンパクトですし。


というわけで、付属の物と比較してみました。型番変えるほど差があるようには思えません。



 


無事、WX100に挿入完了です。



 


充電もバッチリです。



 


取扱説明書冒頭の変な説明がなければ、こんなに心配して購入することは無かったんですが…未だに文章の意図がよくわかりません。


 


あと、購入はしていませんが、NP-BN1を単体で充電する充電器があるようです。WX100でバッテリを充電する場合、カメラ本体にバッテリを挿入してUSB経由で充電することになりますので、カメラを使うことができません。そんなわけで、バッテリー単独で充電できる充電器があると、便利かもですね。もう少し、使い込んでから考えようかな?と思っています。





関連エントリ




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑