カロリーはちょっと気になるけどリッチでおいしい!有楽製菓の白いブラックサンダー

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


久しぶりに、有楽製菓の「白いブラックサンダー」を購入しました。自分のBlogを読み返していたら、1年ちょっと前に購入していました。「2010.12.09 白いブラックサンダー」を読むと、当時、品薄でタイミング狙って購入したんですね。今はそんなに品薄と言うことは無いみたいです。


「白いブラックサンダー」は、楽天市場有楽製菓 i-ショップにて販売されているスナック菓子で、今のところ、ネット通販だけとのことです。発売当時、かなり品薄だったせいもあって、ちょっとプレミアム感を感じたります。店頭に並んでいない商品ってのも大きいですね。ついつい魅力的に感じてしまいます。でも、実際、いろいろとプレミアムな感じがしますので、食べる時、ちょっと幸せです。


1箱20個入りで1,000円ですから、1つあたり50円になります。通常の「ブラックサンダー」が30円ぐらいで販売されているので、ちょっと高いのですが、満足度も高いのでオススメです。


今回は、注文して4日で到着しました。配送は「ゆうパック」です。



きれいな無地のダンボールの中にプチプチまで入って、まるで電子部品のような梱包で届きました!うーむ、既になんだかプレミアムな気分です。写真には写っていませんが、これ以外に、納品書が入っています。SISOにとって有楽製菓は既にブランドだったりするので、「有楽製菓」って書いてあるダンボールを期待していたんですが、残念ながら無地でした。



5箱買いました。1箱20個入っていますので、100個です。ダンボール的には8個がちょうどいいのかも。絵的には、6箱買って、ピラミッド状に積み上げた方が良かったと反省しています。まだまだエンターテーナー?としての修行が足りません。しかし、


妻に怪訝そうな顔をされました。


多少の非常識さは認識していますので許してください。お菓子にも情熱を注いでしまう、しょうもない夫ですが、いろいろなことに熱くなって退屈させないという面もあるかと思いますし、お小遣いの範囲の話ですので、長い目で見てください。


それに、前回もそうだったんですが、珍しいので、友達におすそ分けしていると、どんどんなくなっちゃうんですよね。一個50円の駄菓子、という感覚もあるんですけど、それでもあちこちで配っているとね…ブラックサンダーに関しては、少々、信者じみているところもありますので、布教に近い感覚があるのかもしれません。


さて、通常のブラックサンダーとの比較です。


 


なぜか箱の大きさが違います!


これはトリビアです。「へぇ」3つぐらいで。それより、


「ブラックサンダーがなぜ箱で置いてあるのか?」


ということの方が問題かもしれません。まあ、買い置きしてるのであるわけですが…普通、1つ30円ぐらいで売っていますが、100円ショップで1箱525円で売っているところが近所にありまして、


いつも箱買い


しています。仕事場にも置いてまして、どうもちょっと頭が疲れてきたな~と思うと「よくがんばってるね、自分、パク」、ちょっと風邪気味で熱が出てきたな~とか思うと「風邪気味なのにがんばってるの?大変だね、パク」っとやっています。甘いのですが、中身はクッキーで、ほど良い軽さがいい感じです。


それでは、箱の大きさが違うので、なるべく状況を正確に把握するために、SISO JUNK STUDIO的観点で、重さでも量ってみましょう。


 


お、「白いブラックサンダー」の方が重いです。値段が高い分、重いんでしょうか。それでは、引き続き、箱を開けてみます。


 


箱に商品棚に並んでいるような形状に変形させる方法が書いてありますので、その通りにやってみました。箱の形状は微妙に違っていて、「白いブラックサンダー」では箱の上部をテープで閉じてあり、「ブラックサンダー」では、完全に糊付けされています。ここで疑問が…


「白いブラックサンダー」は


有楽製菓 i-ショップ限定商品なのに、


なぜ店頭販売用の印刷がされているのか?


まあ、よくわからないので流しましょう。そして、さらなる疑問が。


箱の大きさは違うのに商品の大きさは同じ。


中身を抜いて袋のサイズを測ってみましたが、同じサイズでした。でも、箱のサイズが違うのは先に書いたとおりです。不思議です。何か、特別なノウハウが込められているんでしょうか?ぜひ、こういうところは、開発された皆様にお話を伺ってみたいです。


さて、単品で重さを比較してみました。予想通りです。


 


有楽製菓 i-ショップのホームページにも書かれていますが、ブラックサンダーよりもチョコレートが多めとのことですので、その分、重さに差があるようです。ホワイトチョコレートがたっぷりかかったココアクッキー!なんか、Blog書いているだけでたまんないです。早く食べたいです!


気になるカロリーですが、「ブラックサンダー」は115kcalという表示があるのですが、「白いブラックサンダー」には表示がありません。


 


ネットで調べてみたら、イートスマートというサイトで公開されていました。


有楽製菓 白いブラックサンダー 袋1本 カロリー 栄養バランス | カロリー検索ならイートスマート


「白いブラックサンダー」のカロリーは134kcal


とのことです。「ブラックサンダー」と比べると、ちょっと高いですね。チョコレートの分なのでしょうか。以前、ウォーキングをiPhoneで計測(「2012.01.28 iPhone – runtastic PRO GPSで消費カロリー計測。ダイエット、健康維持の参考値に」)したら、4km歩いて159kcalだったので、なかなか手ごわそうです。でもまあ、健康維持のためのカロリー管理というのは、トータルで考えていけばいいわけで、こういうご褒美も大事ですよね!


それでは、袋を開けて並べてみました。いつも撮影に使っている紙の上に直接のせるのは気が引けたので、ティッシュの上にのせました。



 この写真だけでも、「白いブラックサンダー」のチョコレートの盛り具合が多いことがわかります。「白いブラックサンダー」の方は、表面がチョコレートで滑らかになっています。「ブラックサンダー」はちょっとゴツゴツ感が残っています。


まあ、何事もバランスが大事なので、チョコレートが多ければいいってものではないですが、この二者の場合、


濃厚でまったりな「白いブラックサンダー」


さくさく食べちゃう「ブラックサンダー」


ということでそれぞれの良さがありまして、駄菓子としての満足度はどちらも高いと思います。


さて、断面図(すいません、うまく折れなかったので、かじっちゃいました。あまり綺麗じゃないですね…)です。どちらも、ココアクッキーについては同じように見えますが、チョコレートの厚みがかなり違いますね。はやり、「白いブラックサンダー」の方が厚みがあります。



 上の写真の左上と右上を拡大(正確には写真データを縮小してない状態)してみました。


 


まったり濃厚です。「ブラックサンダー」が、小腹が空いた時に、「サクサク」っと食べる駄菓子だとすれば、「白いブラックサンダー」は、ちょっとお客さんが来た時とか、お茶を飲みながらゆったりと過ごす時とかに食べる駄菓子って感じがします。


ホワイトチョコレートとココアクッキーの組み合わせはとてもいいです。まったりとした甘みのホワイトチョコレートと香ばしいココアクッキー、50円の駄菓子としてはいいデキだと思います。









今回購入したのは、この商品です。5,000円以上で送料無料になりますので、仲間で一緒にまとめて購入するのが良いかと思います。


 


あと、2月下旬発売予定とのことですが、8本入り546円(送料込み)という商品が、左のリンク先ページの下の方にありますので、「試しに食べてみたい」という場合は、それを購入してみるのもありかと思います。


 


また、「ブラックサンダー」と食べ比べするならば、値段的には有楽製菓『サンダーセット 2B』20個×2箱という商品が、「ブラックサンダー」と「白いブラックサンダー」それぞれ1箱ずつで、1,470円でお得な感じがします。


 


その他、おもしろ情報としては、2012/02/18までですが、【楽天市場】大ヒット中の『白いブラックサンダー(8本入)』を10名様にプレゼント♪:有楽製菓 i-ショップなんてのもやってますので、応募してみるのも手かも。


 


えーっと、発送に使われていたダンボールですが、結構なサイズがあったので、子ども達のために、仮面ライダーフォーゼのシールドモジュールを作るのに使いました。2つ作れましたよ。



子どもの笑顔はプライスレスです。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. ふじわらいさを より:

    しろブラサン、ご馳走様でした( ̄▽ ̄) 二個いただきましたが一度に一気食いです。止まりません。美味しいですねぇ。

  2. SiSO より:

    ふじわらいさをさん>
    どもどもです!楽しんでもらえたようでよかったです。味がちょっと上品な感じでパクパクいっちゃいますよね~。SISOの机の中にはこれがまだ1箱あるので、自制しながら食べてますですよ。(^^)

  3. ちーちゃん より:

    白なのにブラックなのね(笑)
    有楽製菓は豊橋だけなのかと思ってた
    しかし箱買いはすごいね

  4. SiSO より:

    ちーちゃんさん>
    そうそう、「白」なのに「ブラック」なんです。有楽製菓だと、他にも「ビッグ」なのに「ミニ」という製品もあります。
    キャッチコピーの「おいしさ直滑降」などもよく見てみると、なかなか楽しいですよ(このキャッチコピーのせいで、受験生にあげるのをためらったことがありますが…)。
    合計100本買いましたが、まあ、日持ちするものなので、のんびり食べようかと…でも、自分の性格か、人にちょこちょこあげちゃうので、どんどん減ってます。(^^;

  5. […] 出典: カロリーはちょっと気になるけどリッチでおいしい!有楽製菓の白いブラックサンダー […]

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑