リヒトラブの厚さ8mmでリーフ差替え可能なダイアリーをちょっとSiSO向けにカスタマイズとか。

公開日:  最終更新日:2016/10/20

ポケットに入るシステム手帳探求

ダイアリーを購入したものの、実は無地リーフに入れ替えて使用するために購入したという、リヒトラブのダイアリーノート D7271ですが、何枚入りそうとかそんな話を徒然に書きます。

リヒトラブ ダイアリーノートD7271

ダイアリーノートは厚さ8mmでもシステム手帳のようにリーフの入れ替えが可能なノートです。リヒトラブの「ノートブックS」というリーフに対応した、ミニ6穴サイズよりも少し大きなリーフを使用します。16穴(リングノートと同じピッチかな)のため、1穴あたりの負担が6穴よりも小さいためか、かなり薄型に作られているので持ち運びもいい感じです。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

表紙を固定するためのベルトやゴムベルトはありませんが、ロック機構が付いているので「パチン」という感触と共に表紙が開かないようにロックすることができます。

他にもよく見るといろいろな工夫がされておりもうメロメロ?です。いやいや、ほんと、こういうの弱いです。一緒にその機能美と工夫への感動に付き合って頂ける方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてください。

リヒトラブ ノートブックS 無地リーフ 16穴 D7310P

元々「ダイアリー」という名前になっているだけに、入っているリーフは2016年用ダイアリーなのですが、今回は「差替え可能なメモ帳的手帳」にしようと思っているので、無地のリーフに入れ替えます。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

ミニ6穴のリフィルと比較するとこれぐらいの差があります。リヒトラブの方が少し大きめです。一般的なミニ6穴リフィルがW76×H126mmに対し、リヒトラブのノートブックSはW80×138mmになります。ミニ6穴ばかり見て、「うーん、自分にはちょっと狭いかも。以前使っていたときも微妙に狭かったって思ったよなぁ」と感じているところでこのリーフを見ると、その絶妙な広さでまぶしさを感じてしまいます。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

ダイアリーノートは何枚入るかな?

ざくざくっと数えてみたところ、ダイアリーのリーフは、見開き1ヶ月予定表、アドレス帳、メモ帳の3パート合わせて、だいたい30枚入っていました。先ほどの無地のリーフを追加して、何枚ぐらいまでなら実用的なのかリーフを足してみました。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

だいたい合計45枚あたりが限界っぽいです。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

これ以上いれると、リング内で左右のリーフが干渉しそうですね。リング部拡大です。もうダメっぽいぐらいの一杯感がありますが、リングが横に広いので、これぐらいでも案外ペラペラめくることができます。恐らく、公称値30枚、がんばれば45枚って感じでしょう。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

ノートブックSリーフが入るサイズの手帳としては、他に「リヒトラブ ノートブックS 無地 D7231」というモレスキン風の手帳があり、こちらは60枚入れることができます。こちらも一冊購入してストック用にしようかな。

KOKUYOには幅74mmの付箋紙があるよ

最初のページにはビシビシっと付箋紙を貼り付けました。こういうのを貼っておくと、ToDOとか書くのにいいですよね!思いついたらササっと書いて、終わったらピッと剥がす、うーむ、できる人な気分に浸れます。ノートブックSリーフをお使いの方はご存知かと思いますが、ポストイット等に代表される一般的な付箋紙ではこのように貼ることができません。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

付箋紙はほとんどものが幅75mmになっています。75mm幅の付箋紙だとリング穴のところまでかなり被ってしまい、ページをめくるのに支障が出ます。実はこの付箋紙、幅が74mmなのです。わずか1mmの差ですが、されど1mmです。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

この74mm幅の微妙に珍しい?付箋紙は、KOKUYOの「コクヨ タックメモ 付箋タイプ」という付箋紙です。「付箋紙」ではなく「付箋タイプ」という表現も微妙ですが、なぜか家にストックがありました。近所の文房具屋さんでも売っていなかったので、どこで買ったんだろう?同じくKOKUYOからも「ふせん」という付箋紙が発売されていますが、こちらは普通に75mm幅なので要注意です。
SiSO-LAB☆リヒトラブ ダイアリーノート 2016 D7271

幅74mmのタックメモ付箋タイプであれば、わずかにリング穴へかかりますがノートブックSのリフィル内いっぱいに付箋を貼ることができます。付箋紙を見出しではなくメモとして貼り付ける用途に使っている方にはオススメです。

 

コクヨ タックメモ 付箋タイプ 20冊 黄色 メ-2004N – amazon.co.jp

珍しく74mm幅の付箋紙です。我が家で購入したのはだいぶ前でamazonで購入したわけではないのですが、ご参考まで。

 

今日の一言二言三言

 

どうしてか コクヨのふせん 75mm

付箋タイプは 74mm

 

コクヨのタックメモ付箋タイプ、もう我が家もストックがそんなにありませんので、amazonでポチッとしておこうかな。複数種類欲しいんですが…近所の友でブックノートSタイプ使っている人いないかな…付箋20冊はちょっと個人でストックするには多すぎな感じ…できれば複数種類欲しいですし。会社の誰かにリヒトラブを薦めてみようかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑