しいたけ栽培キット、1回目栽培は大成功だったけど2回目の栽培は失敗…カビてしまった模様。

公開日:  最終更新日:2018/06/01

SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。

卓上で楽しくシイタケを栽培できる、森のきのこ倶楽部しいたけ栽培キット、1回目は大収穫で大喜び!というわけで2回目の栽培に挑戦しましたが、カビてしまったようで失敗しました。

1回目のシイタケ収穫は大成功。もう1回ぐらい行けるらしいよ

家でシイタケとか栽培できたらおもしろそうだな~と思って購入してみた「森のきのこ倶楽部・しいたけ栽培キット」、1回目の栽培は無事成功し、小さいですがたくさんのシイタケを収穫することができました。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット。5日目。

もう、気持ち悪いぐらいににょきにょき出てきて、5日で収穫してしまいました。成長期間も短いですし、室内で栽培できるので、子どもと観察するのにぴったりですし、食育にもなるように思います。

試しに、干しシイタケも作ってみました。作るといっても、シイタケをネットの中で干しておくだけです。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。干しシイタケ。

このネットは、セリアで売っているネットです。そこそこ強度もあるので、キャンプで食器を乾燥&保管することにも使えますし、キャンプに行かないときは、こうやってシイタケを干すこともできます。

しっかり乾燥したシイタケはこんなにちっちゃくなってしまいました。贈答品なんかにある大きな干しシイタケって、よっぽど元のシイタケが大きいってことですよね。勉強になります。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。干しシイタケ。

しいたけ栽培キット、2周目

しいたけ栽培キットの説明に寄れば、栽培ブロックを2週間ほど休ませた後、再び浸水させることで2回目のシイタケ栽培ができるとのことです。

ただ、ちょっと心配なのが、夜はそこそこ冷えないと育たないとのことで、既に5月に入っていましたので(実際に2回目の栽培を始めたのは5月8日です)、まあ、ダメ元でやってみることにしました。

まずは2週間休ませました。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。準備中。

そして重さ測定。手に持ってみても軽いですが、実際測ってみると、596gでした。浸水させると重くなるので、確認のための重さ測定です。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。栽培開始前の栽培ブロックの重さ。

そして浸水…栽培ブロック全体が水につかるようなものはバケツぐらいしかありません。

でも、このバケツ、掃除などにつかっているバケツなので、これからシイタケが生えてくるぞ、という栽培ブロックを浸水させるには気が引けます。

そんなわけで、一生懸命ゴシゴシと洗いました。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。浸水のためバケツ栓尿。

ドボンと栽培ブロックを水に入れると、今度はぷかぷかして沈んでくれません。まあ、想定の範囲です。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。浸水開始。

庭からブロックを持ってきたのですが、これまたやっぱり食品に乗せると思うと気が引けるので、ビニール袋に入れて乗せることにしました。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。浸水、

これで一晩放置です。

一晩経過後、どれくらい浸水したか確かめるために、再び重さを量ってみたところ、1288gになっていました。ということは、692mlの水を吸い込んだことになります。これなら十分でしょう。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。浸水後の重さ測定。

うーむ、結局、カビが生えてしまった模様…

1回目が大収穫だったので、2回目は数本ぐらい生えてきたらいいな、ぐらい期待値で栽培スターtです。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。栽培開始。

2日目です。特に変化は無いようです。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。栽培中。

3日目です。なんだか緑色っぽいものが見えてきました。もしかしてこれ、カビかも…。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。栽培中。

4日目です。うーん、やっぱりカビかなぁ。こっちの方は胞子と言われればそんな気がしないでもないですが、とりあえずシイタケが育ってくる雰囲気はまったくありません。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。栽培中。胞子かカビか。

というわけで、外でしっかり乾燥させて破棄することにしました。
SiSO-LAB☆しいたけ栽培キット2回目。破棄のため乾燥中。

5月ならまだ行けるかな?と思ったのですが、暑い日も数日続いた時もありまして、そのせいか、結局、栽培には至りませんでした。

涼しいところに置く、夜は外に置くなど、温度管理をしっかりしてあげれば栽培できたかもしれないのですが、そうなるとあまり手軽じゃないので、夏が過ぎたころに栽培ブロックだけ購入し、またシイタケを栽培してみようと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しいたけ 栽培キット【栽培容器付】 きのこ栽培 【もりのしいたけ農園】 自由研究や子供の食育に!【送料無料】
価格:1980円(税込、送料無料) (2018/4/17時点)
アマゾンでも同じ出店者からの取り扱いがあります。シイタケがニョキニョキ生えてきて楽しいです!でも、手堅く楽しむには涼しくなってからかな。
シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園栽培容器付】 – amazon.co.jp

 

今日の一言二言三言

 

大きめの しいたけ数本 生えるかと

楽しみだったが ちょっと残念

 

レビューとか読んでいると、2回目は数は少なく、ちょっと大きめ(普通に売っているシイタケよりは小さいと思いますけど)のシイタケが数本生えてくるという情報があり、なんかシュールなビジュアルを楽しみにしていたのですが、ちょっと残念でした。

もしかして、秋まで寝かしていたら、うまく生えてきてくれたかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑