iPhone/iPod touchでMIDIファイルを再生する方法…アプリで再生(メール経由でもOK)

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


先日のエントリで、MIDIファイルをiTunesでMP3に変換してiPhoneで再生する方法を紹介しましたが、今回は、アプリで再生する方法を紹介します。


 


■パソコンで作ったMIDIファイルをメールで送付


今回は、iTunesが入っていない(というか音楽データを管理していない)パソコンで曲修正をしていて、チャチャっとiPhonedで持ち出さないといけないハメになりました。そんな場合は、「Sweet MIDI Player – Roni Music 」が便利です。無料(機能制限があります)のMIDIプレーヤーなのですが、メールからMIDIデータを取り込むことも出来ます。


従って、人様のパソコンでちょこちょこいじったMIDIファイルでも、iPhoneへメールで送り込んでやれば即再生、持ち出してスタジオなどで聞くことが出来るようになります。あ、本来は、iTunes経由でデータを送り込むのがメジャーな方法です。


というわけで、まずはメールにMIDIファイルを添付して、iPhoneに送ります。添付されたMIDIファイルを長押しすると、メニューが開きますので、「”Sweet MIDI”で開く」をタップします。



 


そうすると、Sweet MIDI Playerが起動します。起動画面が消えると、まずは曲リストが表示されます。開いたはずのMIDIファイルが見当たりませんが、焦らなくて大丈夫です。



 


曲リストを下の方へスクロールしていくと、「Untitled / …」という名前で入っています。これは、Cherryというフリーの作曲ソフトで出力したMIDIファイルの場合ですので、ソフトウェアによっては違う名前になるかもしれません。



 


あとは、この曲を選択して再生すればOKです。


 


■Sweet MIDIの無料版制約事項


ただ、無料版の機能制限のため、1分しか再生されません。iTunes App Storeの説明には「3/4」と書いてありますので、まだ条件があるかもしれません。


1分は、1曲入れてしまおうと思うと無理がありますが、参考音源として主旋律を再生するぐらいであれば十分な時間です。SISOの場合、楽譜を読む能力が低いので、音楽を聞かないと理解できません。「音楽やってます」という集合体で見た場合、譜面読解能力は無いに等しいです。そんな時、こういうアプリがあれば、チョチョイと覚えることが出来ます。


 


■今日の一言二言三言


 


楽譜が読めればいいけれど、


ダメならダメでアプリでオタスケ。


 


先日紹介したiTunesでの変換もいいのですが、直接MIDI再生するのもなかなか手軽でよいです。SISOの場合、「この曲やるよ~」と言われて楽譜を渡された時に、「うげ、これ、理解できネ!」と思ったらCherryに打ち込み、iPhoneで再生して聞いて覚えてます。


バンド演奏録音なんかでも役に立ちますし、iPod touchやiPhoneって、音楽向けなスマートデバイスだなぁと思います。


 


 

Sweet MIDI Player 1.9.0(無料)App
カテゴリ: ミュージック, エンターテインメント
販売元: Roni Music – Roni Music(サイズ: 2.9 MB)

アプリ情報は本エントリ作成時のものですので、購入時は、再度ご確認願います。


 


 





関連エントリ





SISO-LABオススメエントリ





購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー 【au用】iPhone4S対応 SIMロック解除アダプタ Gevey UltraS(IOS5.1.1) 正規品


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑