ボール紙でサイコロやぼてじん、いぬてんを日曜工作。立方体紙工作のコツとか。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

 

日曜大工ならぬ、日曜工作ですが、SISO-Jr.1にお願いされて、ボール紙で「サイコロ」を作りました。で、作っていたら、今度はSISO-Jr.2が、「ぼてじん」、「いぬてん」が欲しいと言い出して、ついでに作ってました。今度は「いえてん」を作らないと…。

 

こういう立方体を作るときですが…

 

超個人的には、上の絵のように全部ののりしろを一箇所に集めて、最後にふたをするように糊付けするのがやりやすいな、と思っています。糊付けしたら、輪ゴムで固定して乾くのを待ちます。

 

最後に閉じる場合、糊付けした面を押さえるのが難しいので、どうしても接着度が甘くなります。しかし、のりしろを全部集めると、のりしろへの糊を塗るのと同時にフタ部分への糊を糊を塗ることができます。両面に糊付けできるので接着度がアップするかなと。違う組み合わせだと(はめ込む形になると思いますが)、両面に糊を塗れなかったり、立方体にするときに糊がはみ出してきたりしてちとイマイチかなーなんて思ってます。

 

サイズですが、大きなサイコロを欲しがったので、サイコロとぼてじんが5cm角、いぬてんは3cm角で作りました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑