iPhone/iPod touch 録音アプリの研究その2・iRig Recorder Free

公開日:  最終更新日:2017/09/24

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

引き続き、iPhoneとかiPod Touch用のアプリで音楽演奏を録音する話です。このエントリだけを読まれる方もおられるかと思いますので、簡単に背景だけ説明しますと…バンド演奏をなるべく無料アプリで、iPod Touchの付属マイクを使ってそこそこに録音しよう、という目的でアプリを試しております。


今度は、iRig Recorder Freeを試してみました。デザイン的には、3者の中で一番クールな気がします。


 
起動画面と録音操作の画面です。録音したデータは、この画面にリスト表示されます。
右の画面、なんかデータ変換する時にミスったみたいで、画面中央がBLOGの背景色になっていますけど、本当は黒です。


 
左が設定画面で、絶賛しちゃうほど調整しやすい録音レベル画面です。
右は録音中画面です。画面の下のほうに波形データが表示されているところにご注目。


■調整、設定
録音レベルの調整が可能で、しかも調整がとてもやりやすいです。[Setup]を開いて[Level]調整を行うのですが、調整画面上にも入力レベルメータがあってリアルタイムに入力レベルを表示してくれます。おかげで、入力レベルを見ながら録音レベル調整をすることができます。
録音待機画面でもレベルメータがあって待機中も動作しますので、試しに音を聞かせてレベルメータで確認することができます。


■録音
録音は、[Recordings]画面で[RECORD]を押します。[PAUSE]を押すことで、録音を一時停止することができます。また、マイクの集音状態をヘッドホンでモニタすることができますので、録音前、録音中に関わらず、ヘッドホンで聞きながら調整することも可能です。


録音中は、レベルメータ以外にも、録音データがグラフでリアルタイムに表示されます。おかげで、録音状態をかなり詳細に知ることができ、ずっと最大レベルで張り付いていたら録り直しとか、すぐに判断することができます。


また、スリープへの対応ですが、すばらしいことに設定でスリープするかどうかを選択することができ、デフォルトでは録音中はスリープしません。録音時間や録音状態をリアルタイムにモニタしながら、という場合にはスリープしてくれない方がいいので、とても助かります。自動スリープモードにしていなくても、手動でスリープボタンを押してスリープさせることは可能です。また、スリープ中も録音を継続します。


録音中に他のアプリを起動しても録音継続をすることができます。これは、[Setup]-[Background Audio]で切り替え可能です。デフォルトはONです。ただ、録音中かどうかがわかりません。ボイスメモの場合は画面上部に常に「録音中」と表示されているため、録音中であることがすぐに確認できますが、iRig Recorderの場合は、録音中でも録音待機中でも表示は同じです。


■編集
[Recording]画面で録音データを選択し、リスト右側の[>]を押すことで編集画面に入ります。Free版でも音量最適化はできるようですが、何やら登録が必要らしいので確認していません。その他の編集機能も同様、購入が必要なので確認していません。ネットで調べると使えそうな感じです。


■PCへの録音データ転送
iTunesに接続すればさらっとファイルが見れるかとおもったら、iRig RecorderでExportする必要がありました。しかもWAV形式で出力するには機能を追加購入する必要があります。Free版で出力できるのはm4a形式だけです。ちなみにWAV出力機能は85円です。出力する時は何か変換しているようなので、内部形式はまた別なのかもしれません。


iRig Recorderの[Recording]画面で録音データを選択しておき、[Export]を押して転送方式を選びます。iTunesのファイル共有機能を使う場合は、[iTunes File Sharing]を選択します。選択すると、録音データをエクスポートしてくれます。その後、iTunesのファイル共有でファイルを取り出すことができます。


先に書きましたように、ファイルはm4a形式ですので、編集するにはちょっと調査要って感じですが、軽くネットで調べてみた限りでは、大きな問題ではなさそうです。一番簡単な方法は、取り出したm4vファイルをiTunesの[ミュージック]に登録し、iTunes上でmp3データに変換し、mp3DirectCut等で編集してしまうことです。


■感想
録音レベルが調整できるので、やっぱり音割れは少ないです。音が割れないって聞きやすくていいですね。耳障りなところが無くなるので、安心して聴けます。あと、アプリ単体で編集するには有償バージョンにする必要がありますが、PCで編集することをメインで考えたら、どっちでもいいかな、という気もします。


とにかくレベルメータを確認しながら録音レベルの調整ができるので、調整が簡単です。また、録音中にデータ波形が表示されるのは、レベルメータだけではわからない状態を知ることができ、とても役に立ちます。


あと、ボイスメモでは固定だった機能が、パラメータでいろいろと選べるのは良いですね。スリープさせないのは、常時、録音レベルの確認ができるので、バンド演奏なんかの録音では良いかと思います。


フルスペックで今なら170円、ということで、お買い得感ありありです。


ただ、スリープ動作させていても、バッテリの消費量はボイスレコーダより多めな気がします。


■その他



  • バージョン1.0.1ですが、SetupでLatencyをLOWにすると、起動しなくなるバグがあるらしいです。

  • 有料版は450円から170円に値下げになってますね。魅力的です。

実は、ちょっと困っています。


 


Exportしたファイルを削除する方法がわかりません。


 


Exportしたファイルですが、iTunesからも、iRig Recorderからも削除することができません。これさえ解決すれば文句なしに使い続けたいアプリなんですけど。うーん、困りました。うちだけかなぁ。それから…


 


Background Audio-ON時の正しい終了方法がわかりません。


 


アプリの終了については、ホームボタンを押してホーム画面に戻った状態から、ホームボタンを2度押しして「マルチタスクの一覧」を開き、そこからアプリを消しています。もっと穏便に終了させることはできないものでしょうか?

 


 


iRig Recorder FREE 1.5.3(無料)App
カテゴリ: ミュージック, エンターテインメント
販売元: IK Multimedia – IK Multimedia US, LLC(サイズ: 10.4 MB)
全てのバージョンの評価: (61件の評価)


Pocket WavePad 4.56(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, ミュージック
販売元: NCH Software – NCH Software(サイズ: 3.1 MB)
全てのバージョンの評価: (19件の評価)


※アプリ情報は本エントリ作成時のものですので、購入時は、再度ご確認願います。


 


 




関連エントリ






SISO-LABオススメエントリ



SPONSORED LINKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. yuji より:

    ファイルを削除、ファイルを左にスワイプでdeleteが出るようですが、そうではなくて??

    • SiSO より:

      yujiさん>
      コメントありがとうございます。iRig、もうしばらく使っていなくて久しぶりに起動してみました。ちょっと同時の状況を再現しようとトライしていたのですが、iTunesの振る舞いがちょっと違う感じで、うまく説明できません。当時の記憶だと、iRigで録音したデータはスワイプで削除できますが、「共有」(□に↑が付いているアイコン)から「iTunes File Sharing」でExportした後、iTunesでファイルを見ることができて、削除できなかった話だったと記憶しています。

      実は、以前、iPhoneと同期していたPCが壊れてしまい、ライブラリなどを全部新しいPCに移せず、iTunesとPCの完全同期状態が作れなくなっており(iPhoneの音楽ファイルが消えちゃうので)再確認ができない状態です。コメントくださったのに、確認できなくてすいません。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑