バックアップデータをローカルなWordPressにインポートして復元…まあ完了? – サーバのWordPressデータをローカル環境に手動同期実験

公開日:  最終更新日:2014/11/14

SiSO-LAB

サーバ上のWoedPressデータをエクスポートし、バックアップがてらローカル環境(XAMPP + WordrPress)にインポートする実験をしていますが、なかなか思った通りに行かず。インポートをすることはできるのですが、フォルダ構成がサーバと同じ状態にならないため試行錯誤中です。

本記事は、WordPress V3.9.1とWordPress Importer V0.6.1にて動作確認を行っています。

メディアファイルをローカルの別フォルダに置いた状態でインポート

ここまで、ローカル環境にサーバと同じ配置でファイルを展開した状態でダウンロードオプションをオフにした状態と、オンにした状態でのインポートをしてみました。

前者はメディアファイルが全くインポートされず、後者はインポートできて記事の表示ができるようになったものの、フォルダ構成やファイル名がサーバと異なるという結果になりました。

WordPress Importerの「Download and import file attachements」というオプションは、恐らく「添付されたファイルをダウンロードしてインポートする機能」なので(インポートだけしてくれればいいのに)、ローカルでも「uploads」フォルダとは別のフォルダに保存しておけば、違うファイル名に名前が変更されてインポートされるということは防げそうです。

というわけで「wp-content」の下に「uploads0」というフォルダを作成し、そこにインポート前のメディアファイルを置きました。

WordPress Importer

期待値としては、「uploads0」フォルダの内容がWordPress Importerのインポート処理によって「uploads」フォルダ内にコピーされることです。ということで、インポートのためのXMLファイル内URLも、先ほどの「uploads0」に合わせて置換します(Sakuraエディタを使用しています)。

WordPress Importer

それではインポートを開始します。インポート処理、相変わらず一度止まってしまいます。

WordPress Importer

そこは焦らず再度インポート操作をします。ということで、無事、インポートが完了しました。記事の件数もしっかり入っているので、記事はインポートできたようです。

WordPress Importer

結果は…メディアファイルをのファイル名はオリジナル通りでした!

WordPress Importer

しかし、月フォルダが無い年フォルダでは、相変わらず新しいフォルダがてきてしまいました。とほほ。

WordPress Importer

うーん、現在のWordPressの設定ではメディアファイルを「年月フォルダに保管する」ようにしています。これがいけないんでしょうか。

メディアファイルをサーバに置いた状態でインポート

これは、ちょっと今回のターゲットから外れていますが、一番、素直そうな動作なのでサーバからダウンロードする方法も試してみることにしました。

今回のターゲットは、バックアップから復旧、あるいはバックアップを使ってローカル環境に展開することですから、サーバがあるという前提ではちょっとずれています。が、何かと知識不足ということもあり、試してみることにしました。

本来、WordPress Importerというプラグインは、サーバからメディアファイルを取得し、記事内に書かれているURLも自動的に修正してくれるプラグインとのことです。試しに一度、しっかりお任せしてみようと思い、今度はエクスポートしたXMLファイル内のURLを書き換えず、また、メディアファイルもローカル側には展開せずにインポートしてみました。

例によって一度止まってしまいますが、そこは気にせず再インポート操作ですべての記事をインポートしてみました。

WordPress Importer

結果ですが、メディアデータはちゃんとダウンロードされてインポートもされましたが、メディアファイルのフォルダ状態は先の実験結果と同じく、サーバとは異なるものとなってしまいました。

また、気になる点として、トップ画面で表示されているメディアファイルは、ちゃんとローカルのURLに変更されていますが、単一記事表示部分はURLがローカルのURLに変更されていませんでした。うーん、なぜだろう?

こちらがトップ画面の画像ファイル情報を表示させたところです。

WordPress Importer

今度は、単一記事表示にした場合の画像ファイル情報を表示させてみると…サーバの画像ファイルを参照するURLになっています。

WordPress Importer

実験結果まとめ

ここまでバラバラと文章で報告をまとめてしまったため、ちょっとわかりにくいので表にしてみました。

メディア
ファイル
Download
and import file
attachements
結果 備考
ローカル
フォルダ展開
オフ インポートされず。ブラウザ表示はできる。 URL置換あり
ローカル
フォルダ展開
オン インポート成功。メディアファイルのフォルダ構成はオリジナルと異なる。ファイル名に”1″が追加される。 URL置換あり
ローカルの
別フォルダへ展開
オン インポート成功。メディアファイルのフォルダ構成はオリジナルと異なる。 URL置換あり
サーバ オン インポート成功。メディアファイルのフォルダ構成はオリジナルと異なる。単一記事表示時の画像ファイル参照先がなぜかサーバ上。 URL置換なし

 

「インポートする」という意味においては一応できたということになるので、ローカル環境でのWordPressカスタマイズテストには使えそうです。でも、オリジナルと同じ状態に、という目的には到達していないので、引き続き、もうちょっと調べてみようかと思っています。

 

今日の一言二言三言

 

あれこれと 変換せずに シンプルに

インポートできる 方法無いかな?

 

話をややこしくしている原因の一つは、WordPressへ引っ越しするときに、過去のメディアデータは年フォルダへ、最近のデータは年月フォルダに保管するようにしたことかあるかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑