ミニ6穴、ポケットサイズのシステム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、薄くて裏写りしにくくていい感じ。使用感レビュー。

公開日:  最終更新日:2018/01/31

SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、薄くて裏写りしにくくていい感じ。
システム手帳WPと一緒に購入したのは、同じくレイメイ藤井の「DPR264W 徳用ノート(無地)ホワイト 100枚入)」と、「DPR262 カラーインデックス(4区分)」です。まずは無地の徳用のレビューから行きたいと思います。

薄くて裏写りしない「DPR264W 徳用ノート(無地)ホワイト 100枚入)」

今回、いろいろとミニ6穴サイズのメモ購入に悩んだわけですが…あ、システム手帳が欲しかったわけではなく、メモ帳レベルでリフィルの入れ替えができるものを探していて、結局システム手帳になったという経緯で現在に至っています。

結局、あれこれ考えて購入したのは、レイメイ藤井の「キーワード ジャストリフィルサイズ システム手帳 JWP5003」です。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。

ポケットサイズ(ミニ6穴システム手帳)のレイメイのジャストリフィルサイズを選ぶ=76mm幅のリフィルという事になります。一般的なポケットサイズのリフィル幅は80mmです。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。

正直、なぜ4mmの差でシステム手帳幅1mmの差(レイメイのキーワード・ジャストリフィルサイズの幅は89mm、パイロットのB7スリムバインダー手帳 PB701-130の幅は90mm)にこだわったのはよくわかりませんが…80mmで統一するわけにはいかなかったんでしょうかね、と思わないでもないです…が、まあせっかくなので、レイメイのコンセプトに乗っかってみようと思います。

「DPR264W 徳用ノート(無地)ホワイト 100枚入)」、これ薄くてオススメ

店頭でいくつか無地のリフィルを見ていたのですが、そもそも「無地のリフィル」というだけで、選択肢が狭まる中、 レイメイ藤井の「DPR264W 徳用ノート(無地)ホワイト 100枚入)」というか、レイメイ藤井のこのリフィルシリーズは、他のリフィルと比べて明らかに薄かったのです。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、薄くて裏写りしにくくていい感じ。

このリフィルは「薄い・かさばらない・裏写りが少ない」という特徴を持つリフィルです。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、薄くて裏写りしにくくていい感じ。

しかも、な、なんと、100枚全部合わせても、

 

厚さ、たったの 5.4mm

 

の薄いリフィルが店頭においてあったことが、なんていうかこう、レイメイ藤井製品の購入心をグイグイっと持ち上げました。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、薄くて裏写りしにくくていい感じ。厚さ測定。

比較用に、十云年前にミニ6穴手帳を使っていた時のリフィルを発掘、ちょっと厚みを測ってみました。60枚で6.0mmでした。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、薄くて裏写りしにくくていい感じ。手持ちのリフィルと厚さ比較。

厚みがある方が書きやすいなどのメリットはありますが、薄い手帳において、リフィルの薄さというのは非常に大きなポイントです。

小さくてスリムな手帳にいろいろな情報を書こうと思うと、当然、ページ数も増えてしまいます。そうなると、内径8mmのリングでは何枚までリフィルを支えることができるのか…そんな心配が毎日のように頭をよぎるでしょう。

レイメイ藤井の薄いリフィルがすべてを解決してくれることはありませんが、「現状、普通に購入できる中でのベスト」とわかっていればその中でも采配ということも考えることができます。

フリクションボールで「DPR264W 徳用ノート(無地)ホワイト」に落書き。裏写りをチェック

しかし、薄いからと言って、裏写りしてしまっては意味がありません。片面に情報を書き込んで、反対面へにじみだしてしまっては、わざわざ無地のリフィルを使っている意味も半減してしまいます。というわけで、愛用の筆記用具、パイロットのフリクションボールで試し書きをしてみました。

この手帳には、フリクションボール0.4mmでいろいろ書きこむ予定なので、先日、フリクションボール4を0.4mm化したもの(フリクションボール3には0.4mmと0.5mmがありますが、フリクションボール4は0.5mmしかラインナップされていません)を使います。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、フリクションボールで試し書き。

…と思いましたが、裏写りテストとしてはやっぱりもっとインクが出てくれた方がテストの意味がありますので、0.5mm、0.7mmにも参加してもらうことにしました。というわけで、いつものイラストをサラサラっと。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、フリクションボールで試し書き。

ちらっとページをめくって裏写りしていないかチェックです。下敷無しで書いたのですが、ちょっと筆圧が強かったかな…でもにじみは全くないですね!わずかに透けて見えますけどなかなかの遮蔽能力、気に入りました。0.7mmのフリクションボールでも問題ないです。
SiSO-LAB☆レイメイJ システム手帳用76mm幅リフィル DPR264W、フリクションボールで試し書き。

うーむ、素晴らしい。というわけで、超満足です。

 

ダ・ヴィンチ ポケットサイズ 徳用ノート 無地 ホワイト DPR264W
レイメイ藤井
ポケットサイズのシステム手帳用リフィルとしてはいい感じの薄さで、100枚でもたったの5.4mmです。ちょっとびっくりしました。しかも、フリクションボールの0.7mmで書いても裏写りしません。

 

今日の一言二言三言

 

手帳がね スリムがよければ リフィルもね

スリムがいいな いろいろ書けるし

 

というわけで、明日からビシバシっと仕事の要点メモを取ってみたいと思います。これで少しは重要メモを探す時間が短縮されて楽になり、見た目は「仕事ができる人」に近づけるかな…。

しかし、よくよく考えてみると、仕事でもうちょっと便利なクラウド系サービスが使えれば解決できそうな気がします。ダラダラっとしたメモの中から「要点」などの行を抽出してリスト表示、クリックするとそこへ飛ぶ「grep」みたいなことが、パソコン、スマホ上でできればいいような気がします。

うーむ、うちの会社のインフラやセキュリティルールの中でできそうなこと、ちょっと考えてみようかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑