B7サイズで薄くてコンパクトなレイメイ藤井のキーワード(ジャストリフィルサイズ)ポケットシステム手帳JWP5003購入&レビュー。

公開日:  最終更新日:2018/01/29

SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。
複数並走する仕事で要点メモを取るために、ポケットに入る バインダータイプの手帳購入を検討していたのですが、結局、レイメイ藤井のポケット(ミニ6穴)システム手帳を購入しました。ちょっと妥協感はありますが…詳細を紹介します。

いつもながら悩み続けるメモの取り方

プライベートのメモは、リヒトラブのダイアリー&付箋紙で手軽に楽しく充実したメモ帳ライフを過ごしていますが(リフィルのノートブックSは既に廃版ですが)、仕事の方のメモはA5のリングノートに書いてみたり、パソコンでOneNoteに書いてみたりと、いろいろ迷走中です。

仕事柄、複数の作業が並走するので、いろいろと1冊のノートに書いてしまうと情報が探しにくくなってしまいます。そんなわけで、要点ばかり集めたようなノートを別途使ってみることにしました。

要点メモもある程度は分類したかったので、ページの入れ替えや増加が簡単にできる、バインダータイプを購入することにしましたが、なかなかミニマル感のあるスリムなものが無く、まあかなり妥協した感はありますが、ミニ6穴ポケットサイズのシステム手帳を購入することにしました。

リヒトラブのノートブックSシリーズが生産中止になっていなければ、それを使えばよかっただけの話なのですが、まあ、世の中うまくいかないものです。

文房具屋めぐりで見つけたレイメイ藤井の「無地」リフィルの薄さに喜んでコロっと購入

「76mm幅か?80mm幅か?」という話も合って、「レイメイ藤井 システム手帳 キーワード スリム ポケット ブラウン JWP5003C」と「パイロット システム手帳 PB701130」で散々迷ったのですが、レイメイ藤井の方を購入しました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。リフィルとかも一緒に購入。

スリムな手帳にたくさんの情報を入れたいため、リフィルは薄い方が枚数を増やすことができるので有利です。無地で薄いリフィルを探してみるものの、リフィルの厚さ情報ってなかなかネットでは集められず、結局、現物を見て購入してきました。

で、たまたま置いてあったレイメイ藤井の「無地」リフィルが「おおぅ!」っと思うほど薄かったので、コロっとレイメイ藤井に傾きました。
もちろん、パイロットのシステム手帳に76mm幅リフィルという選択肢もあったのですが、せっかくなのでメーカーも統一してメーカーコンセプトに浸ろうと思います。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。薄いリフィル。100枚で約5.4mm。超薄い。

同じレイメイ藤井でもダヴィンチ用のリフィルですが、「薄い・かさばらない・裏写りが少ない」ということで、良いこと尽くめの三拍子でノリノリです。

レイメイ藤井 キーワード ジャストリフィルサイズ システム手帳 JWP5003、レビュー

サイズはW89 x H136 x D15mmでシステム手帳ミニ6穴の中でも小ぶり

JWP5003は、ダヴィンチシリーズなどのイメージを継承しているのか、廉価版ですが箱に入っています。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。箱付き。

色はブラウンを購入しました。ブラックの方が落ち着く気はするのですが、SiSO的にはなんとなく最近飽きてきたような気がしていて、少し外した色の製品を選ぶ傾向があるようです。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。箱から出してみました。

しっかりと「76mmリフィル幅」ということが書かれています。ここを見落として80mm幅リフィルを入れちゃうと、かなり残念なことになるので要注意です。材質は合皮製(ポリウレタン)です。SiSO的には皮製品にこだわりは無く、むしろ、皮もどきにするぐらいなら、硬めの樹脂でもっとスリムでクールなデザインなやつが欲しいです(…という製品が見つからず、妥協点です)。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。76mm幅リフィル用。

リフィルは厚紙、スケジュール、罫線メモ、チェックリスト

それではJWP5003を開いてみます。ポケットサイズ(ミニ6穴)ということで、内径8mmの金属製リングが等間隔で並んでいます。1ページ目はちょっと厚手の紙になっており、リフィルを左側に開いた状態の時に、下敷きとして役立ってくれそうです。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。開いてみたところ。

デザインは日本で行い、中国で製造しているようです。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。中国製。

物差し機能付きのブックマーク(しおり)が入っています。たぶん、DPR151ではなかと思います。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。定規ブックマーク付き。

まずはスケジュールです。左隅に1日~31日、左ページと右ページを合わせて1か月の予定が書けるようになっています。SiSO的には無地リフィルに入れ替えちゃいますが、縦列に出張などの予定、マス目の方には懐疑予定なんか書くといい感じですね。これは14枚入っています。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。元々のリフィル。スケジュール。

続いて罫線です。普通の罫線ですが、ちょっと線の印刷が濃いかな…好みの分かれるところです。このリフィルは30枚入っていました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。元々のリフィル。メモ。

最後にCHECK LISTです。日付、内容、そしてチェックするための四角枠があります。このリフィルは10枚入っています。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。元々のリフィル。チェックリスト。

リフィルではないのですが、製品紹介などのリフィル?も入っています。

リフィル部分だけの厚みは4.3mmでした。54枚で4.3mmということは、結構、薄い方だと思います。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。元々のリフィルの厚み。

また後日、詳細はアップしますが、十云年前にミニ6穴手帳を使っていた時のリフィルが60枚で6.0mmでした。また、今回一緒に購入したレイメイ藤井の無地リフィルは、100枚で5.4mmということで、驚異的!コロっとレイメイ藤井製品で行こう!っと傾いたのでした。

カバーは柔らかめ。もうちょっとハードで薄い方が好みかな

JWP5003からビニールカバーなどを外してみました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブラウン。

お、「システム手帳 使用上の注意」が入っていました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。説明。

質感は、そうですね…ビニール感はないですが安い合皮という感じです。1枚、布が入っているのかな?ちょっとフカフカしています。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブラウン。カバー表面拡大写真。

ただ、芯となるような固い素材は入っていないようで、ちょっとフニャフニャしています。でも、おかげできれいに開くことができ、強い力で閉じている状態に戻ろうとするようなことはありません。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。カバーは柔らかめ。

ちょっとうれしいのが、JWP5003の方はカバー内側が少しへこむデザインになっており、わずかですが薄さに貢献してくれます。JWP5004の方は少し膨らんでいます。

背表紙側の内側は、チケットなんかが入りそうです。ペンホルダーも付いていますが、これはサイズ固定です。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブラウン。裏表紙内側。

ペンを入れたらいいのかもしれませんが、それにしてもB7システム手帳に入れるペンとしては太すぎる気がします。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブラウン。ペンホルダ。異様に大きい。

リングの開閉は上下のレバーを押して操作

SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。リングの開閉方法。
リフィルを差し替えるためにはリングを開く必要があります。リング金具の上下にレバーが付いており、これを押し下げることでリングが開きます。

SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。リングの開閉方法。
両方一緒に指で押さえます。


カチャっとレバーが下がると同時にリングが開きました。内径8mmということで、開いても開口部が狭いため、薄手のリフィルでも60枚とか入っていると、一度に取り出すことはできません。

ブックマーク(しおり)の保護フィルムを楽にはがす方法

ブックマークには保護フィルムが貼られています。まあ、これも使う予定はないのですが、こういうフィルムが貼ってあると剥がしたくなるのが人の性(さが)、剥がしてみようと思います。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブックマーク。保護フィルム剥がしの儀。

このシールを剥がしたら保護フィルムも一緒にはがれるのかな?と思ったら、はがれませんでした…。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブックマーク。保護フィルム剥がしの儀。

というわけで、ブックマークの端っこにシールを貼りなおします。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブックマーク。保護フィルム剥がしの儀。

そ~っと引っ張り上げると、保護フィルムも一緒に付いてきてくれました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブックマーク。保護フィルム剥がしの儀。

ブックマークの裏側も同じようにシールを貼りつけ、そ~っと引っ張り上げてみました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブックマーク。保護フィルム剥がしの儀。

お、こちらもいい感じで保護フィルムが付いてきてくれました。うーん、気持ちいい~です。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。ブックマーク。保護フィルム剥がしの儀。

厚さは実質16mmぐらいかな。ちょっとフカっとしているので微妙ですが

厚さの方は、そうですね、ちょっとフカフカしているというか、形状がビシっとしていないので微妙ですが、製品仕様の15mmというのは、どういう状態をいうんでしょうね?

まずはカバー部分がわずかに触れているぐらいの状態です。19.6mmです。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。厚さ測定。

続いて、軽く圧迫しているぐらいの状態です。16.1mmでした。シャツのポケットの中で携帯電話などでギュっとされている状態を想定してみました。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。厚さ測定。

最後は、ギュ~っと圧迫してみました。14.7mmでした。
SiSO-LAB☆レイメイJWP5003 ポケットシステム手帳。厚さ測定。

 

ということで、これから実際に仕事で持ち歩き、ビシビシっと要点メモを取ってみたいと思います。リフィル入れ替え可能なので、ハっと思いついたアイデアをラフ書きして後で整理するとか、1枚もののメモとして人にあげるという用途でも便利そうです。

 

レイメイ藤井 システム手帳 キーワード スリム ポケット ブラウン JWP5003C
レイメイ藤井
今回購入したミニ6穴(ポケット)サイズのシステム手帳です。システム手帳の中でも小ぶりでスリムサイズで、76mm幅のリフィルを使います。しばらくこれで使ってみようかと思います。

 

今日の一言二言三言

 

厚みの無い リフィルが普通に 手に入る

そういうところも 大事なポイント

 

バインダー(今回購入したのはシステム手帳ですが)そのものの薄さも大事ですが、中に入れるリフィルがすぐに手に入る、というのも需要なポイントですよね。無地って罫線入りのリフィルと違って意外と種類が少なく、見つけたところでチャチャっと買ってきちゃいました。

それにしても、4.3mm厚のメモ用紙を持ち運ぶために16mm厚のバインダーというのもなんだかなぁという気がしないでもないです。また、JWP5003のペンホルダー、やっぱり邪魔です。カットしちゃおうかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑