ミニバードでサブドメインにWordPressを手動インストールしてみるよ。まずは下調べ。WordPress、たくさんインストールできそう。

公開日: 

SiSO-LAB ミニバード・ファイルマネージャーの使い方

SiSO-LABはレンタルサーバ・ミニバードにて運用しています。先日、サブドメインを取得したので、早速WordPressをインストールしようと思ったのですが、ミニバードの簡単インストール機能ではWordPressがインストールできないようです。というわけで、ちょっと下調べしていました。

残念、ミニバードのWordPress簡単インストールはサブドメイン未対応?

先日、サブドメインを取得したのでWordPressをインストールしようと思い、ミニバードの特長である「簡単インストール」でインストールしようとしたのですが、インストール先としてサブドメインを選択することができません。うーん、きっと簡単インストールが対応していないのかも。

SiSO-LAB ミニバードでサブドメインにWordPressを手動インストール

この簡単インストール機能、初インストール当時、超初心者(「初」だから当たり前ですが)だったSiSOにとって神機能でした。だって、ウィザードチックな画面から、わずかな情報とクリックをしていくだけでWordPressサイトが完成します。

WordPress、ローカル環境で立ち上げていたので事前にわかっていたことも多いのですが、サーバ上となると何かと勝手が異なることも多いと思われ(パーミッションとか)、簡単インストールのおかげでトラブル無しでインストールk完了でき、とても助かりました。

でも、サブドメインに対応していないというのであれば、日頃の学習の成果をババンと発揮して手動インストールしてみることにします。

ミニバードに5つを越える複数のWordPressをインストールできるの?

WordPressはPHPで作成されたプログラムですが、投稿された記事や設定情報はデータベースを使用します。ミニバードの場合、データベースの数が5個までになってますので、必然的に考えてWordPressの数=ブログの数も5個まで?ということになります。でも、WordPressにはなかなか便利な機能があって、もっとたくさんのWordPressをインストールすることができます。

データベーステーブルの「接頭辞」で複数WordPressへ対応

WordPressには「テーブルの接頭辞」という情報をWordPress別に設定することができ、複数のWordPressで1つのデータベースを共用することができます。

1397640778

ちょっと小難しい説明をすると、WordPressがデータベース内にテーブルを生成してアクセスするときに、この「接頭辞」をつけた名称で作ってくれるというものです。データベースをマンションに例えるならば、部屋番号や住んでいる人の名前でさらに区別するという感じです。

この情報を各WordPressで異なる名前にしておけば、1つのデータベースをさらに小分けして複数のWordPressが利用することができるようになります。接頭辞は文字列なので、インストールできるWordPressの数は、理論上、ものすごい数になり、実質、サーバの容量や能力の限りということになります。

とはいっても良いことばかりではなく、1つのデータベースを共用する都合上、パフォーマンスの低下が懸念されます。でも、そんなにアクセス数があるブログでもないのでまずはこの方法で試してみることにしました。もし、これで表示速度が落ちるほど人気のブログを運営できたら、喜んで上位プランに引っ越そうと思います。

マルチサイト化(ネットワーク機能)という手もあるけど…

もう1つの解決策として、「WordPressのネットワーク機能を利用する」という方法があります。よく「マルチサイト化」とか言われているようで、ネット検索するときもこっちのキーワードの方がよく引っかかります。これは1つのWordPressで複数のブログを運用する方法です。

ディレクトリ分けでの運用はもちろん、サブドメインにも対応しています。もしかしたら将来的のサイト内のWordPressを統合するときに、同じWordPress上にデータが全てあったほうが便利なのかな?と期待するところもあって魅力的な機能です。

ともて興味はあったのですが、なんとなく管理がめんどくさそうとか、プラグインが対応しているもの、していないものがある等、時間食われる予感がしたので、シンプルに新しいWordPressでブログ追加することにしました。

システムを切り替えたりするときは、ブログそのものや各記事のURLが変わって検索エンジンから見つけてもらえなくなるなどの心配があります。しかし、複数のWordPressを1つのWordPressに統合したとしても、各記事へのURLを変更せずに入れ替えることは可能です。

そんなわけで、もうちょっとスキルが上がってマルチサイト化のメリットの方が大きく感じられるようになったら、その時引越し作業すればいいかな、ぐらいに考えています。

 

と、書いているうちに時間が…いつもながらオマケっぽい部分の文章が多くなっちゃってなかなかゴールにたどり着かないような…。でも、せっかく調べたので披露したいような…。きっと物事深く理解しながら進められている、ということでヨシということでいいような…。

 

 

今日の一言二言三言

 

  • WordPressはデータベースを使用。
  • ミニバードではデータベースは5つまで。
  • でもWordPressは「テーブル接頭辞」設定すればたくさんインストール可能。

 

今日はちゃんとまとめっぽい感じで…。レンタルサーバ借りてWordPress等でブログ運営って、自由度高くて楽しいです。それでも独自ドメイン管理費を合わせても月額500円でお釣りが来るっていうんで、いい時代になったな~なんて改めて感じてしまいます。

 

ミニバードでサブドメインにWordPressを手動インストールしてみるよ。

SiSO-LABはミニバードというレンタルサーバで運営しています。ミニバードはWordPressの簡単インストール機能があり、WordPress初めてのSiSOでも引っかかるところなくブログを立ち上げることができました。でも、サブドメインへのインストールには対応していないようなので、手動インストールで頑張ってみることにしました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑