毛ガニの解凍はじっくり。食べ方はハサミで一気にさばいて、お皿に並べてきれいに盛りつけ。

公開日: 

SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍して食す。
先日、ふるさと納税のお礼品で頂いた「三特毛ガニ」、2日間かけて冷蔵庫で解凍、家族で頂きました。毛ガニはキッチンバサミで簡単にさばくことができます。また、食べ終わった殻(と、ちょっと残った身やカニ味噌)で取った汁物もおいしいです。

冷凍した茹で毛ガニの美味しい解凍方法

北海道森町へのふるさと納税をし、お礼品で頂いた三特毛ガニ2尾(650g以上)です。

ふるさと納税は、納税(寄付)代行しているサービスを利用すると、ネットショップのようにいろいろな自治体のお礼品を見ながら選べるので、便利です。我が家では「さとふる」を使っています。

SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。
希少!【三特品】特大浜ゆで毛ガニ 1尾650g前後×2尾 | お礼品詳細 | ふるさと納税なら「さとふる」

冷凍された毛ガニの解凍は冷蔵庫で36~48時間、じっくりと解凍するのが美味しいとのこと、素直にじっくり行きたいと思います。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

毛ガニのフンドシ側(お腹側)を上にします。これは、解凍した時にカニみそが外に流れ出ないためとのことです。そうやって考えると、毛ガニって隙間だらけなんでしょうかね???
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

続いて、解凍中に乾かないようにキッチンペーパーなどで包みます。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

さらにラップでくるんでみました。説明書には、キッチンペーパーかラップで、とのことでしたが、なんかより厳重にした方が良いのかな?なんて思いまして。大きなものをラップでうまく包むためには、まず、ラップをビヨーンとひっぱり出してテーブルの上に広げておきます。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

そこへ毛ガニを乗せ、ラップをブチっと切ってラップで巻けば、簡単にきれいに巻くことができます。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

後はバットに乗せて冷蔵庫でじっくりのんびり解凍します。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

そして48時間経過しました。

う、意外と水が溜まっている…。毛ガニが大きく、バットから少しはみ出して底面から浮いていたおかげで、甲羅の中まで水が達することはなかったです。理想的には、キッチンペーパーでくるんで金網の上に乗せ、全体をバットごとラップでくるむ方が良かったかもしれません。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを美味しく解凍する方法。

甲羅の中に水が入っちゃうと、カニみそが薄くなっちゃいそうですからね。

毛ガニをさばくには、ひっくり返して足切ってフンドシ取り

それでは家族が食べやすいようにキッチンバサミで毛ガニを分解してい行きます。横で子どもたちがビビり気味に見守っています。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。毛ガニを食べやすくさばくよ。

道具はキッチンバサミとスプーンです。スプーンは殻の内側に身が貼りついている時があるので、それをはがすようです。どちらも100均グッズです。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。毛ガニを食べやすくさばくよ。

まずは脚とハサミをキッチンバサミでザクザクっと切り離します。うーむ、このはさみ、刃が円弧状になっていて、力入れやすいかな?と期待したのですが、堅ガニにはあまり効果はありませんでした。SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを食べやすくさばくよ。

でも、下側の刃先が細めなので切り込みは入れやすいですね。続いて、毛ガニのフンドシを指で起こして引っぺがします。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを食べやすくさばくよ。

フンドシをはがしたところに指を入れ、甲羅と脚の付け根部分をベキベキっとはがします。この感触、きっと強殖装甲ガイバーがメガスマッシャーを放つために装甲をはがすときの感触と同じに違いないと、SiSO的には思っています。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。毛ガニを食べやすくさばくよ。

脚の付け根をひっくり返すと、エラが見えますので、それは指で取ってしまいます。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。毛ガニを食べやすくさばくよ。

そして脚の付け根をキッチンバサミでざくっと、縦半分に切ります。上の方にカニみそが付いていますので、これは甲羅側にスプーンで移動しておきます。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。毛ガニを食べやすくさばくよ。

脚の付け根は脚の並びに水平方向にハサミを入れて開いておくと食べやすいです。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを食べやすくさばくよ。

また、足の方も側面(細い面)からハサミを入れて広く殻を切り取ります。あ、写真撮り忘れちゃったので盛り付け後の部分拡大写真で。こんな感じで、大きく切り取っておけば食べやすくなります。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。毛ガニを食べやすくさばくよ。足の殻の剥き方。

毛ガニをお皿に盛りつけ!もうちょっと大きいお皿がよかったかな

これらを何となく元の部位のイメージしながらお皿に並べれば完成!です。もうちょっとお皿が大きいと良かったのですが、中央上部に甲羅とカニみそ、中心に足の付け根、広がるようにハサミや足を置いてみました。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。冷凍毛ガニを食べやすくさばくよ。

もう1尾は、SiSO-Jr.2が身をほじりたいというので、そのままにしてあります。

ここまでの工程を子どもたちの目の前でやっていたのですが、「毛ガニに生まれなくて良かった」としきりに言っていました。うーん、そんなに残酷かなぁ。

カニ味噌、臭みが全然なくてナチュラルに美味しいです。一昨年は子供たち、カニ味噌気持ち悪いと言ってまったく手を付けなかったのですが、今年は違います…。大人の取り分が減っていきます。これもまた子供の成長を見守る親の定めか。

カニ味噌を身の上に乗せて食べるのもおいしいですね~。

なんだかんだと言いつつ、みんな、しっかり食べちゃいました。

翌朝は殻を使ったお味噌汁が我が家の定番

殻には身やカニみそがちょっと残っていたりしますので、これを全部入れて出汁にしています。これがまたおいしいんですよね。いい風味が出ます。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。殻までしゃぶって汁物に。

写真を整理しているだけで、また食べたくなってきてしまいますね~。
SiSO-LAB☆ふるさと納税、さとるふ、北海道森町、三特毛ガニ650g x2。殻までしゃぶって汁物に。

 

今日の一言二言三言

 

モクモクと 毛ガニを食べる 秋の夜

明日の出汁も 楽しみだな

 

よく、カニを食べ始めると会話が無くなるという話がありますが、我が家も、今回は会話が無くなりました…。一昨年、家族で毛ガニを食べた時は、子どもたちはあまり食べずにワイワイしていたのですが、今回はバクバクと…ちょっと大人になったのかな、なんて思ったりします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑