ジビエ鹿肉セットの大きなミートボールで、トマトスープを使った洋風鍋。ボリュームがあっていい感じ!

公開日: 


ふるさと納税の返礼品で大分県国東市・おおいた魅惑のジビエ鹿肉堪能セット(計1.1kg)を頂いたので、色々と調理してみました。ミートボール、直径4センチもあって、ホクホク食べましたよ~。ちょっと形を変えたらミニハンバーグになるぐらい、しっかりとした大きさです。

大きな鹿肉ミートボールでボリューム満点洋風トマトスープ鍋

先日、ふるさと納税の返礼品で頂いた、大分県国東市・おおいた魅惑のジビエ鹿肉堪能セット(計1.1kg)には、大きなミートボールが入っています。

このミートボール、なんと直径約4cmあります。なかなかボリューム感です。

そんなわけで、冷蔵庫での解凍は約1日かけてのんびり解凍しました。

いい感じに解凍できました!

というわけで、今日は妻がトマトスープの洋風鍋を作ってくれました。レシピは秘密です…と言いつつ、こっそり眺めていたら、スパゲティ用トマトソースのレトルトパックを使って、その他具材とコンソメ、塩コショウなどでちょっと味を調整しているようです…いやいや、これがなかなか手軽で美味しいのです。

おお、鹿肉ミートボール、大きいのでドドーンと来ますね~、素敵なビジュアルです。

洋風鍋ですが、なぜか厚揚げも入っています。冷蔵庫にあったので入れたそうです。あまりこだわらずとも厚揚げや豆腐って、結構、いろいろなスープに合いますよね!

む~、ミートボール美味しいです。

ミートボールからも味が染み出ているようで、スープも美味しくて飲み干してしまいました。

SiSO-Jr.2、鹿肉の焼き肉に挑戦

さて、鹿肉の厚切りスライスの方ですが、別の日に焼き肉して食べてみました。

解凍した状態です。かなり濃いめの色となっています。

鹿肉自体は何度も調理していますので、色的にはこんなもんです。それではジュジュっと行きたいと思います。かわいい手は、SiSO-Jr.2(小学3年生)の手です。最近は料理してくれたり、魚をさばいたりしてくれます。

まずは半面、焼けてきました。

ここでひっくり返して少し焼き、一旦、フライパンから取り出してしまいます。

続いて残りの鹿肉を焼きます。フライパンの底面が小さいので、一度に全部焼くことができなかったための策です。

第2弾もひっくり返して反対面も少し焼けてきたら、先ほど取り出した鹿肉もフライパンに戻し、焼き肉のタレを入れます。

ジャッジャっと肉全体に絡めます。

焼けた鹿肉を取り出しながら、焼き肉のタレを少し煮詰めます。

後はお皿に盛り付けてできあがりです。

お味の方はどうかな?お、確かに臭みもほとんどなく(鹿肉っぽさはありますが)食べやすいですね。

でも、先日食べたエゾ鹿肉とはまたちょっと味が違うんですね。エゾ鹿肉の方が込みかなぁ。

 

【ふるさと納税】ジビエ肉セット
ミートボールが450gはいっていて、こちらは鹿肉100%ではありませんが、残りの650gは鹿肉スライスで、ちょっとお得感のある返礼品です。

 

今日の一言二言三言

 

SiSO-Jr.2 宿題あんあり しないけど

料理は色々 手伝ってくれる

 

なぜかSiSO-Jr.1(小学6年生)よりもSiSO-Jr.2(小学3年生)の方が料理に興味があるようで、色々手伝ってくれます。

そういえば、エバラ焼き肉のタレ(黄金の味)って果実分多いので、固い肉を漬けておいてヤワカクすることもできたりするので、常備しておくと便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑