Amazonプライム(無料期間)の解約方法。手続き簡単あっさり完了、こういうところはさすがamazon。

公開日:  最終更新日:2018/02/14

SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)。

先日、誤ってAmazonプライム(お試し)になってしまってそのまま使っていたのですが、無料期間終了手前で解約しました。どうも、ぎりぎりまで待って解約しなくても、最初から解約するつもりであれば自動更新をしないようにしておくことで1ヶ月間、解約タイミングを気にすることなく使えたみたいです。

Amazonプライム、月額400円で無料お急ぎ便、その他いろいろ

先日、amazonで商品を注文する時に、誤って「この注文で無料お急ぎ便を試す」(多分…初お試し会員と今では表示が若干異なるかもしれません)方を押してしまい、キャンセルすることもできず、約1ヶ月、Amazonプライム会員していました。

SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験。送料無料等々。
Amazon.co.jp: Amazon Prime

Amazonプライムは1ヶ月間無料なので、それでキャンセル操作とか確認操作が無いのかもしれません。しかし、もっとここぞの時に使いたかったので、ちょっともったいないことをした気分です。

もしかしたらもっと落ち着いて確認すれば、解約(やりたいことは、無料お試し1ヶ月期間ありの状態に戻すということです)できたかもしれませんが、今となっては何ともならずです。

しかし、Amazonプライム、送料無料だとついつい買っちゃいますよね(宅配会社の方々、すいません)。「あ、買い忘れた!」なんてとき、普段なら「次、買いたい商品の合計が2,000円になるまで待つぞ~」なのが、すぐにポチっと。

うーむ、便利です。

Amazonプライム(無料期間)から解約する方法

配送料無料、無料お急ぎ便以外にもいろいろと特典はあるのですが、映画は観ませんし、音楽もそんなに聞きませんし、ゲームもしないので、継続はどうしようかな~と思っているうちに、Amazonプライム無料体験期間が終了する時期になりました。設定しておくことで自動更新の3日前にメールしてくれるサービスもありますが、amazonの商品画面の上にもこんな感じで表示してくれます。
SiSO-LAB☆Amazonプライム自動更新時期が近付くとメッセージ表示。

送料無料の2,000円に満たない安い商品を細々注文するのは、なんとなく心が痛みます。ということで、元々の予定通り解約することにしました。きっとAmazonならではの効果的な引き止め作戦がいろいろと展開されてくるんだろうと予測していたのですが、手順はあっさりとしたものでした。

まずはamazonのトップページから「アカウント&リスト」にマウスカーソルをかざし、「Amazonプライム会員情報」をクリックします。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

そうすると、amazonのログインパスワードの入力を再度求められます。アカウント情報に関わることですから、いつものことです。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

シンプルで地味なログイン画面の次は、いきなりリラックスしたお姉さんが笑顔とともに、「prime music」のサービス説明に視線を送っているの図です。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

そこには目を触れず、画面左下にある「自動移行しない」をクリックします。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

続いて確認画面が常時されますので、「特典と会員資格を終了」をクリックします。「会員資格」というのがよくわかりませんが、amazonの会員資格ではなく、Amazonプライム会員資格のことだと思われます。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

再確認の画面です。ここでも「会員資格を終了する」をクリックします。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

「次こそは解約引き止め作戦に違いない」と思ってクリックしてみたところ…あっさり解約できてしまいました。ちょっと意外です。ここで「本当にいいですか?」とか、ちょっとしつこい感じで来るのではないかと予想していたのですが、あっさりとしたものです。
SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

上記のメッセージを読んでいて初めて気が付いたのですが、この操作は、「解約」ではなく、「自動更新をやめる」ための手続きのようです。もしかしたら、もっと早い時期に解約手続きをしても、1ヶ月間はプライム会員だったのかもしれません。

メールも届きました。

SiSO-LAB☆Amazonプライム無料体験解約(自動更新停止)する方法。

もし、また次回、無料体験できるチャンスがあったら試してみたいと思います。以前、一度Amazonプライム会員(その時も無料体験のみ)になったことがあるのですが、またAmazonプライム無料体験の項目が表示されていたということは、時期や購入数などの何らかの要因で再び無料体験できる可能性があるかもしれません。

ちなみにAmazonプライム会員特典で使ったサービスで利用したのは、結局、 送料無料だけでした(特に読みたい書籍もなく、音楽を聴くこともなく…)。購入したのは400円足らずで購入できた!という、アウトドアで使用するウインドスクリーン(風防)です。

SiSO-LAB☆格安ウインドスクリーン 135x650mm。

近々レビュー記事をアップします。

購入時はamazon在庫の物があったため、Amazonプライムで送料無料でAmazon発送のウインドシールドを購入することができました。マーケットプレイス出店者が異なると中国発送もあり、その場合、到着までにちょっと時間がかかるのでちょっと気にかけておく必要があります。

 

【ノーブランド品】 ウインドスクリーン 135mm×650mm
購入したのはamazon発送で400円を切っていた商品です。入荷、売り切れを繰り返しているようです。中国発送だと、到着まで1~2週間かかることを考慮しての購入になります。

 

今日の一言二言三言

 

間違えて Amazonプライム 申し込み

ちょっと失敗 気を付けないとね

 

間違えてAmazonプライム会員(無料体験)になってしまった場合、これをキャンセルすることってできるんでしょうかね???もしご存知の方がいたら、ぜひ、教えてください。次回の無料体験お誘いの時に試してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. raven より:

    Amazonプライム会員お試し可能な状態に戻すのは、単にアカウントをもうひとつ作ればいけそうな気はします。規約上禁止されてるかどうかは知りませんし、書いてなくても何度もやるのは問題ですけど。
    1~2年くらい前にお試しでプライム会員になりましたが、さっき確認したらお試しを利用可能でした。一定期間経つとまたお試し利用可能になるようです。

    • SiSO より:

      ravenさん>
      なるほど…でも、ちょっと怖そうですね。実は、妻に試してもらうとか考えたんですけど、妻は妻で、ここぞで使いたいみたいなのでやめました。SiSOも、数年前に一度やって無料お試しが復活した口です。時々、確認して、またネタにしようかな?

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑