Quick Charge 2.0とか3.0って何?へー、急速充電規格…あら、iPhoneは未対応なんだ…。

公開日:  最終更新日:2016/08/31

SiSO-LAB☆Quick Charge 2.0 3.0

USBチェッカーを購入検討中でちょっと調べ物しているのですが、単にUSB(5Vだけと思い込んでいました)の電圧と電流等を計測するだけかと思ったら、「Quick Charge」という急速充電規格があり、最高は20V!ぐらいまで電圧がかかるようです。そういえばそんな話があったな~ぐらいの知識しかなかったので、ちょっと調べてみました。

USBの電圧って5Vだけじゃないの?Qucik Charge 2.0、3.0って何?

メインで使っているスマートデバイスが未だにiPhone 4s(デザインが好きで大事に使っています)、たまにiPhone 5s、AndroidもNexus7(2012)という、ややレトロなSiSO的には縁のなかったテクノロジー、Quick Chargeですが、なにやら高電圧でスピーディーに急速充電する技術みたいです。

USBに流れている電流や電圧、累計充電量が知りたいな

もともとの事の起こりは、USBでNiMH充電池を充電できる充電器を購入しようと思ったことです。まあ、使っていれば充電池の状態はわからんでもないですが、充電容量などを確認できればもっと正確にわかるようになるのではないかと。

ラジコン用の充電器なんかには、何mAh分充電したなどの情報を確認することができますが、あれを簡易にできたらいいなと思っています。
SiSO-LAB☆ラジコン用充電器 EOS 5i(古いよ)

そこでUSBにつなぐだけで電圧、電流、電力、容量が測定できるUSBチェッカーを買おうと思ったのですが、調べてみると、どうもUSBケーブルの中を通る電気って、5Vだけってことではないようです。

Qucik Chargeは急速充電の規格なのね

調査の結果(って、ネット調べただけですけど)、「Quck Charge」ってのは、Qualcomm(クアルコム)(https://www.qualcomm.co.jp/)という半導体メーカーが作った、新しい充電規格ということがわかりました。USBといえば5Vが一般的ですが、これをインテリジェントに電圧を変化させて、速く充電完了させてしまおう!というものです。

SiSO-LAB☆Quick Charge 2.0 3.0
https://www.qualcomm.com/products/snapdragon/quick-charge

最近のスマホはQuick Charge 2.0に対応しているものが多く、さらにQuick Charge 3.0なんていうのもあるとか。調べてみると簡単にはこんな感じ。

  • Quick Charge 2.0 Class A (5V/9V/12V)
  • Quick Charge 2.0 Class B (5V/9V/12V/20V)
  • Quick Charge 3.0 (3.6V~20V。200mVごとに調節)

USBチェッカーを購入するならばオススメはQuick Charge 3.0対応?

USBチェッカーを購入するときはQC2.0でもClass Bに注意ってこと?

いくつかのUSBチェッカーのスペックを眺めていて気づいたのですが、Quick Charge 2.0対応」と書かれていても、「Quick Charge 2.0 Class B」(最高電圧20V)に対応していない製品があるということです。

そんなわけで、Quick Charge 2.0対応のUSBチェッカーでも、Class Bの機器をつなぐと壊れてしまうかもしれません(もしかしたらClass Bにならないような保護回路があるかもしれませんが)。購入時は電圧の測定範囲に注意する必要があります。

これからしばらく使うことを考えると、QC2よりもQC3対応の方がよいかな、と思います。最高電圧もQuick Charge 3.0対応であれば、Quick Charge 2.0 Class Bの最高電圧20Vと同じです。

今後、Quick Charge 3.0対応機器も増えてくるだろうから、そのとき買い直すぐらいなら、最初から対応しているものを購入しておいた方が良いかと思って、Quick Charge 3.0対応のUSBチェッカーを購入することにしました。

Quck Charge 3.0対応USBチェッカー、意外に少ないかも

amazonでUSBチェッカーを探していたのですが、Qucik Charge 3.0対応USBチェッカー、意外に少ないです。3つぐらいか見つけることができませんでした。うち1つは中国発送で時間がかかりそうです。

ということで、2つから比較しました。

waves QC3.0 USB チェッカー 2016 国内発送 電圧・電流・容量・消費電力・時間・電力 計測 – amazon.co.jp

QC3対応でamazon発送です。QC2.0/3.0対応 多機能 中華USBチェッカ-。電圧 3-30V 電流 0-5.1A サイズ:67mm*14mm*14mm。電圧・電流・容量・消費電力・時間・電力 V/A/Ah/Wh/s/W。正逆両面差し対応。
レメカニケ USB Detector QC3.0対応 電流(A) 電圧(V) 累計容量(mAh) 累計時間(分) 簡易チェッカー – amazon.co.jp

こちらもQC3対応でamazon発送です。電流A、電圧V、累計容量mAh、累積稼働時間(分)を同時表示可能。レメカニケオリジナル保管用ポーチ付属。ストレートタイプなので他のポートの邪魔にならないので常用可能。

 

どちらも同じような機能を持っており、どちらもamazon発送なので到着も早いでしょう。しかもレメカニケの方が安かったりします。…が、表示される情報量も「waves」の方が多そうです。

それよりなにより「正逆両面差し対応」という仕様が決め手で「waves」のほうを購入しました。

写真撮影に便利そう「正逆両面差し対応」USBチェッカー

何かと記録をとるのが大好きなSiSOなので、写真の撮りやすさは大事です。「waves QC3.0 USB チェッカー 2016」は表示が暗いそうですが、まあ、電力計測する機器が電気をたくさん使うのは困るので、それはそれでよしということで。

この手の中華製品、たまに中国発送のものをオーダーしてしまって2週間近く待つ、なんてこともありますが、今回はamazon発送なのですぐに届きました。

機能詳細はまた別記事で紹介しますが、「正逆両面差し対応」のところだけ先に写真紹介します。こんな感じでUSBの口が広めに設計されており、USBコネクタがどちら向きでも入るようになっています。
SiSO-LAB☆Quick Charge 2.0 3.0、waves QC3.0 USB チェッカー 2016

USB電源アダプタの向きによっては、どうしても表示面が下になってしまったりする場合もあるので、これは地味に便利です。よく考えてるな~。

 

それではこれからあれこれ試してみます。(´∀`)

 

今日の一言二言三言

 

電圧を 上げてクイック チャージした

スマホの用途は ゲームばっかり?

 

友人家族のお子さん(中3だったかな?)、スマホを買い与えたらゲームやSNS系ばっかりやって困っているという話を聞きました。勉強時間に食い込んだり、睡眠時間が減ったり、息抜きといいつつ疲れちゃっていたり。

小学生の時は、iPod touch持っていても全然その手のことをやらないお子さんだったんですけどね…難しいです。うちの子供たちは将来どうなるかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑