ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋の作り方。チリソースも旨くて追加でエリンギ鍋。

公開日:  最終更新日:2017/06/04

ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。

暑かったり寒かったり微妙な日々が続く今日この頃、どっちの日でも美味しくいただけちゃう、チリソースのピリピリ感をやさしく包むふわとろ卵が美味しい、鶏の親子鍋です。

ニトリのスキレットでレッツ・クッキング!

ニトリでスキレット買ってから、毎週末、妻の横で御飯の一品を作らせてもらっています。25cmのコンボクッカーも持っているのですが、15cmと19cmサイズのスキレットの手軽さから、ついついニトスキばかり使ってしまいます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。ニトリのスキレット19cm。

スキレットは鋳鉄製で厚みがあり、ゆっくり全体的に熱が回るせいか失敗が少なく、そのまま食卓に出した時のビジュアル性で家族受けがが良いです。作った料理をみんながニコニコしながら食べてくれるのは、とてもうれしいですね!

チリソースはケチャップと豆板醤、その他調味料で

前々から、「チリソースのなんとか」みたいな料理を作ってみたかったのですが、チリソースが家にありません。また、改めてチリソースだけ買ってきても、余っちゃったらチリソースはチリソースということで、ちょっと応用利かせにくいなぁなんて思い、手を出していませんでした。

なんて思いつつ、いつも更新を楽しみにしている料理レシピサイト、「macaroni」を眺めていたら、何やらお手軽そうなチリソースレシピを発見しました。

こちらのレシピでは、チリソースをケチャップ、豆板醤、鶏ガラスープやその他の調味料で作っています。お、豆板醤なら冷蔵庫にあります!ということで、このレシピで作ってみることにしました。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。ケチャップと豆板醤でチリソース。

で、できあがってスキレットごと食卓に出してみたら…
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。

 

うーん、これは鍋だ…

 

ということで、我が家ではチリ鶏親子鍋ということにしました。

ニトスキでふわとろ卵のチリ鶏親子鍋のレシピ

レシピですが、近所のスーパーで買ってきたものがたまたまその重さだったとか、代用品を使っているとか、卵を増やしてピリ辛のソースでも子供が食べやすいようにしている等々の理由により、ちょっとずつ変更しています。

オリジナルのレシピは「macaroni」の方を見ていただくとして、我が家で実際に作ったレシピを紹介します。これで小学校5年生と2年生の子供も食べてくれました。

  • ニトリのスキレット…19cm
    • 鶏もも肉… 1枚(250g)
    • なす… 1本
    • 卵… 3個(子供が卵好きなので2個→3個)
    • ごま油… 大さじ1杯
    • チューブしょうが…5cmぐらい
    • にんにく…1片
    • 酒:大さじ1杯(下味用)
    • 塩こしょう:少々(下味用)
  • チリソース
    • 水:100cc
    • 鶏ガラスープの素:小さじ1杯
    • ケチャップ:大さじ2杯
    • 酒:大さじ1杯
    • 砂糖:大さじ1杯
    • しょうゆ:小さじ1杯
    • 豆板醤:小さじ1杯
    • 塩:少々

ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。材料。

料理は順序良く手際よくがスマートダディ

先に鶏もも肉の下味つけをしておこう

料理って調理する順番に気を付けないと、思ったより調理時間がかかっちゃうものです。今回は、鶏もも肉の下味付けが一番時間がかかるところなので、先にやってしまいます。

まずは鶏もも肉から皮、脂を取り除き、食べやすい大きさにザクザクっと切っちゃいます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。鶏肉をぶつ切り。

で、これにお酒と塩こしょうを少々振りかけて放置しておきます。さあ焼くぞ!と言うときに、そこから下味をつけていると時間がかかっちゃいますので、これは先にやっておくとよい部分です。

ふわとろ卵焼き、スキレットなら超簡単

ニトスキ、いい感じ育っていまして、卵焼きなんか焼くと、本当にいい感じで調理できます。あ、調理している最中が気持ちいいという意味です。まずはいつものように余熱&油返しです。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。プレヒート。

卵液を流し込みます。ちょっと焼けてくるのを待って箸でツイツイっとすると、おお、焼けた部分がスルスルっと箸に付いてきてくれます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。卵も簡単にふわとろに焼けるね。

反対側もスルスルっと。超気持ちいいです。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。卵も簡単にふわとろに焼けるね。

なんて楽しんでいると卵を焼きすぎてしまうので、ほどほどのところでボールに移します。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。卵も簡単にふわとろに焼けるね。

やっぱりスキレットには肉料理が似合うよね!

続いてニンニクを炒めていきます。極弱火です。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

ニンニクに火が通ってきたら鶏もも肉を焼きます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

冷蔵庫にショウガがなかったので、チューブしょうがをちょっと入れます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

スキレットが小さいため、ニンニクと鶏もも肉を一旦、ボールに取り出します。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

さらに乱切りにしたナスを焼きます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットでナスを焼くよ。

これまたゴロゴロっとスキレットに投入!
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

風味づけにごま油を回しかけます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

そしてフタをして蒸し焼きにします。ナス自身の水分だけでなく、ごま油も蒸し焼き調理に役立ってくれている気がします。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。スキレットで鶏もも肉を焼くよ。

いよいよ仕上げ!完成間近のチリ鶏親子鍋

卵以外の材料、つまり鶏もも肉、ニンニク、チリソースをスキレットにドバドバっと、多少はビジュアルを意識しながら入れます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。チリソースとか入れちゃう。

フタをしてグツグツさせてます。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。チリソースとか入れちゃう。

おっと、グツグツしてきたらフタの上までチリソースが…もう少し背の高いフタが欲しいなぁ。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。チリソースとか入れちゃう。

全体に熱が回ってきました。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。チリソースとか入れちゃう。

そこでふわとろ卵焼きを流し込みます。軽くかき混ぜて出来上がりです。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。完成。おいしそう!

ふわとろ卵とチリソースのバランスがいい感じでたまりません

おほほ、なぜか微笑んでしまうビジュアルです。おいしそう~。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。完成。おいしそう!

うまい!チリソースの味加減が良く、また卵がふんわりと辛さを包んでくれてナスの食感と鶏もも肉のボリューム感がハーモニーでなんたらかんたら…言葉がうまく出てきません。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。完成。おいしい!

あっという間に食べ終わってしまいました。食材の味がしみこんだチリソース、これがどうにも美味しくてたまりません。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。完成。おいしい!

ならば!ということで、スライスしたエリンギを入れてエリンギ鍋に!
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。余ったソースでエリンギ鍋。

チリソースが絡んできて、エリンギ鍋らしくなってきました。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。余ったソースでエリンギ鍋。

おほほ、やっぱよくわからない微笑みが浮かんできてしまいます。チリソース最高!です。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。余ったソースでエリンギ鍋。

というわけで、あまったチリソース(しかもいろいろな食材の味でグレードアップ!)は捨てずにとっておき、他の料理に使うことにしました。
ニトスキ!ふわとろ卵のチリ鶏親子鍋。余ったソースでエリンギ鍋。

 

今日の一言二言三言

 

どうしてか おほほと微笑み どこからか

湧き出てくるよ チリ鶏親子鍋

 

チリソースってケチャップと豆板醤があれば作れたんですね~(似て非なるものかもしれませんけど)。豆板醤は、餃子のタレに入れたりするために、我が家の冷蔵庫では常備品になっているので、このレシピならいつでもチリソース料理が作れます。今度は何を作ろうかなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑