ニトスキ!アヒージョ風味のチキンと野菜モリモリのギュウギュウ焼き。

公開日:  最終更新日:2017/02/26

SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。

ギュウギュウ焼きと言えば野菜などの具材がカラフル&ギュウギュウに詰まった料理ですが、今日はニトスキでオーブンは使わずにいろいろな野菜と鶏肉で作ってみました。

ニトスキって手軽で楽しくてステキだな

はい、ニトスキ料理ネタをアップするときは、いつもニトスキ愛を語らせていただいていますが、今週末も我が家で大活躍のニトスキさんです。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。ニトスキ19cm。

よくこのブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、いつもスキレットに無理やり食材を詰め込み、「フタが閉まらない…でもスキレットだからなんとかなる」という展開で料理をしています。

正直なところ、今回は野菜の分量を考えるときにちょっと目論見が甘かったのかフタの閉まらない加減が半端なく、今日は失敗かも…と思いました。

途中、普通のギュウギュウ焼きのようにオーブンに入れて仕上げようか、或いはアルミホイルをかけて魚焼きグリルか?とまで悩みましたが(改めて文章に書いてみると、実に小さな悩みでした)、結局、弱火でじっくり火を通していったらいい感じにできあがりました。

さすがさすがのスキレットです。

野菜モリモリ!でニンニク風味が食欲をそそるギュウギュウ焼き

先にも書きましたが、ちょっと今回はさすがに野菜が多すぎて分量をミスった感が満載です。そんなわけで、野菜や鶏肉は2/3ぐらいの分量で調理するのが良いかと思います。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。材料。

  • ニトスキ…19cm
  • ナス…1本
  • ニンジン…1/4ぐらい
  • プチトマト…8個
  • ブロッコリ…半分
  • 鶏もも肉…250g
  • 塩…小さじ1/3ぐらい
  • オリーブオイル…50cc
  • ニンニク…2かけら

まずは鶏肉焼いてちょっと焼き目をつけてみる

今回、オーブンなどは使わず、普通にコンロにかけるだけで仕上げちゃう予定なので、まずは一口サイズに切った鶏もも肉を焼きます。熱して油返しをしたスキレットに、ジュゥッ!っと放り込みます。あ、スキレットを熱したら、その後の調理はほとんど弱火です。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。鶏もの肉を焼く。

むふむふ、いい感じに焼き目が付きましだ。具材をギュウ詰めするので、オーブンを使わないと上の方は蒸し焼きになります。そのため、焼き目が欲しい食材である鶏もも肉だけは、先に焼いちゃうことでこんがり感を盛っておきます。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。鶏肉、焼き色がおいしそう。

ニンニクや野菜にじっくり火を通していこうね!

鶏もも肉をスキレットから取り出したらオリーブオイル50ccを追加します。ニンニクと塩、それに野菜の旨みが混ざっていい感じになるということで、具材を食べるときのソース代わりになります。後でバゲットと一緒に食べる予定があるのであれば、たくさん足してもいいです。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。オリーブオイルを温める。

みじん切りにしたニンニクを極弱火でじっくりと煮ます。あとは火の通りにくニンジンも一緒に入れてみました。ニンジンは色が映えますね!
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。

フタをして5分ぐらい。ニンジンが少し柔らかくなってくるのを待ちます。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。

そしてブロッコリーの茎?部分(我が家ではここは食べる部位です)も投入します。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。

さらに塩を入れて軽くかき混ぜ、味を調えます。この時点で入れておかないと、かき混ぜられなくなります。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。ブロッコリーの芯もおいしいよ。

そして先ほど焼いた鶏もも肉、野菜をドバドバっと乗せます。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。ちょっと具材を盛りすぎたかな。

いや、これ、限度越えているような…。

いつものようにフタをしてみるものの、やっぱり閉めることができません。まあ、いつものことさ、ははは!というわけには行かないような気がしています。ビシビシと…。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。フタが閉まらない…。

だって、今日は、

 

しならない野菜
ばっかり

 

なんだもん。SiSOの未来センサーが、週末を終末に変えるようなメッセージを発してるような気がしてなりません。

頭の中に「やっぱり普通のギュウギュウ焼きと同じように、オーブンにいれて上からも熱を加えようか」とか、「オーブン使うのはめんどくさいから、アルミホイルかぶせて魚焼きグリルに入れようか」などの思いがグルグルと回りつつ、まあ晩御飯までもう少し時間があったので、15分ほどのんびり弱火で焼いてみました。

さて、どうでしょう?
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。フタは閉まらなくてもなんとか。

わぉぅっ!上の方の野菜がいい感じで蒸されて、ブロッコリー、なんかすごくいい色になってますよ~。プチトマトも火が通ってフニフニになってます。これはおいしそうです。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。色鮮やかに出来上がりました!

まあ、なんとかまともな料理になってよかったです。

スキレット底にたまったオリーブオイルと一緒に食べるが

というわけでいつものようにそのまま食卓に。ブロッコリーの色がすごくよくてカラフルです。さっきのできあがり写真以降、色補正とかコントラスト調整とかまったく行っておらず、Panasonicの古いデジカメで撮影したままの写真です。色鮮やかな感じが伝わるでしょうか?
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。食卓にそのまま出せて便利。

うーむ、これはいい感じだ。でも、単なる蒸し野菜という気がしないでもないですけど。おっと、なかなかの熱量、カメラのレンズが曇ってしまいました。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。湯気でカメラのレンズが曇った!

スキレットの底にたまっているオリーブオイルを野菜や鶏肉と絡めて食べるのですが、具が多すぎて一苦労…。でもおいしいです。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。色がきれいだなぁ。

下の方にあったナスとかニンジン、焦げることなくトロトロです。

あ~、おいしかった。今度はもうちょっと具材控えめで作ろうと思います。ニトスキ、今日もありがとう。
SiSO-LAB☆ニトスキ!オーブン使わずにギュウギュウ焼き。鶏肉と野菜たっぷり。おいしかった~。

 

今日の一言二言三言

 

ブロッコリー トマトと並べて 鮮やかな

色合いとても 素敵だな

 

予想以上にブロッコリーの発色が良く、プチトマトの赤やニンジンのオレンジと対比がすごく鮮やかです。オーブンで焼いちゃうと、もうちょっとくすんだ色になっちゃうので、蒸し焼きってのもありな調理方法だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑