Evernoteが値上げ、ベーシックプランの無料ユーザーは端末2つまで。プラン替えるか回避策考えるか?

公開日:  最終更新日:2016/08/31

SiSO-LAB☆Evernote値上げ&無料プランは端末2台制限

Evernote、ネットで集めた情報を整理したりブログ記事の元ネタ書きしたためたり、さらに日記なんか書いたりと何かと便利でお世話になっていますが、無料のベーシックプランでの同期端末数が2つに制限、有料版も値上げされるとのことです。

EVERNOTEのサービス改訂内容、お値段1.5倍

お、Evernoteからメールが来ました!何かな何かな?

Evernoteからメールが来ました。何かと思ったら「Evernoteベーシックの仕様変更について」という件名で、内容は利用可能な端末の数を2台までに変更するとのことです。あらら。
SiSO-LAB☆Evernote値上げ&無料プランは端末2台制限

まあ、パソコン1台、スマートフォン1台って考えればそんなもんですが、タブレットも、なんて思うとちょっと足らない感じです。

10秒でわかるEvernoteサービス改訂内容

SiSO-LAB☆Evernote値上げ&無料プランは端末2台制限
かなり初期の頃からお世話になっているEvernote、時々有料プラン、だいたい無料プランで、なんて感じで使っています。

今回のサービス改訂内容の詳細というか意図と言いますか、Evernoteの考えがEvernoteの公式ブログに書かれています。また、プランの紹介ページも既に改訂されています。
Evernote の価格プランの改定について – Evernote日本語版ブログ

少々長めの文章で書かれているので、簡単にまとめると以下のようになります。

  • Evernoteベーシック(無料)
    …相変わらず無料ですが、同期できる端末は2つまでに制限されます。
  • Evernoteプラス(月額360円、年額3,100円)
    …月額240円、年額2,000円から一気に50%アップ!です。
  • Evernoteプレミアム(月額600円、年額5,200円)
    …月額450円、年額4,000円から25%アップです。
  • Evernoteビジネス(月額1,100円)
    …変わらず。

価格アップもアレだけど、ベーシックの端末2台制限が痛いかな

今まで何度か有料プランになったりしたことがありますが、現在はベーシックプラン、無料でEvernoteを使っています。WEBからのアクセスはカウントされないとのことですが、やっぱり同期できる端末数2台というのはちょっと痛いですね…。
SiSO-LAB☆Evernote値上げ&無料プランは端末2台制限

現在、メインのノートPC、サブのノートPC、iPhone、Nexus 7で同期しているので、Evernoteベーシックで無料のまま使い続けようと思うとどれかを減らさないといけません。

サブのノートPCはWEBで我慢することにしようかな…あと、iPhoneからもアンインストールしてSnapEntry(Evernoteにメモを登録するアプリ)だけにしようか。Nexus 7は、Evernoteにメモった料理レシピを見るのに良く使うので外せません。でも、この先サブノートPCをもっとモバイルなノートPCに変えて、なんてことも考えているわけで、うーん、どうしようかな。

素人目には、機能制限かけるのはEvernoteベーシック(無料)だけにしておいて、Evernoteプラスへユーザーの移行を促すために、一時的にEvernoteプラスの値段を下げるキャンペーンを行う方が得策のような気がします。

EVERNOTE各プランの違い

今回のサービス改訂で無料プランの同期端末数が2つに制限されることから、有料プランに移行することも検討中です。現在のEvernoteのプラン別価格を並べてみるとこんな感じです。

ベーシック プラス プレミアム
月額 無料 360円 3,100円
年額 無料 600円 5,200円
月間容量 60MB 1GB 10GB
端末数 2台の端末 すべての端末 すべての端末
複数のプラットフォームでノートを利用
Web ページや画像を保存
画像内テキスト検索
ノートを共有&チャット
モバイル版アプリにロックを追加
ノートをオフラインで使用
メールを Evernote に転送
サポートのメール対応
サポートの優先対応
PDF 内の文字を検索
Office 文書の中を検索
PDF に注釈を挿入
名刺をスキャンしてデジタル化
ノートをプレゼンテーションに即変換
ノートの履歴を閲覧
関連するノートや記事を閲覧

 

こうやって考えると、月間アップロード容量100MBとかで月額100円みたいな、Evernoteベーシックのユーザーが気軽に移行できる有料プランがあるといいですよね。

Evernoteを無料で3つ以上の端末で使う方法検討

普段の使い方をよくよく考えると、iPhoneやNexus 7などの携帯端末系からは、Evernote内を検索したりしてノートを参照することが主な使い方です。何か思いついた時!の目も登録はSnapEntry使っているのでEvernoteアプリは不要です。

Evernoteベーシックでも、ノートブックの共有機能を使って別アカウントのEvernoteから接続できたような気がします。参照専用と割り切ればそれはそれでありかも。
※プレミアムだと相互のユーザーからノートの編集が可能だったと思います。
SiSO-LAB☆Evernote値上げ&無料プランは端末2台制限

と、思いつつも、きっとEvernote、もう少し収益が欲しいのかもしれません(いやまあ、欲しいんでしょうけど)。Evernoteプラスぐらい入っておこうかなぁ。それとも、EvernoteベーシックとEvernoteプラスの中間的なプランが出ると踏んで、もうちょっと待ってみようかな。

Evernoteプレミアムですが、今のところ、ソースネクストの3年版はまだ8,900円です。これもそのうち値上がりするのかな?

 

エバーノートプレミアムが3年使える 「EVERNOTEプレミアムパック」|ソースネクスト

 

今日の一言二言三言

 

Evernote とっても役に 立つからね

もちっと安い プランなら即登録

 

まあ、決してEvernoteプラスの月額360円が高いわけじゃないですが、もともとEvernoteベーシックで事足りているという現状の感覚から考えると、やっぱり360円は高いかな。

だってほら、今、SiSO-LABは、ネットオウルのミニバードというレンタルサーバーにてWordPressを使い、ドメインは、同じ会社で運営しているドメイン取得サービス、スタードメインで取得して運営しています。月額にしたら350円切ります。最大50GBですもんね。

Evernoteには、オフラインでパソコンで編集できるとか検索とかいろいろすごい機能があるので、一概には比較できませんが、SiSO的にはこのあたりと並ぶ商品なのでちょっと高い感はあります。

できればEvernoteベーシックの端末制限無しプランが安い価格設定であるといいかな。資金難になっていきなりサービス打ち切られるよりはいいので、程よい価格設定とサービス内容の検討、よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑