キャンプで炭火でバームクーヘン。年輪模様がしっかりできて感激。作り方は簡単だけど根気がいるかな。

公開日:  最終更新日:2016/05/11

SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

皆様、キャンプに行ってキャンプらしい料理と言えばなんでしょうか?バーベキュー、ダッチオーブン等々いろいろありますが、我が家ではバームクーヘン作りにチャレンジしてみました。ホットケーキミックスで作るのも簡単、イベントとしても楽しかったです(味はまあまあでしたが)。

竹の筒を使ってバームクーヘンの作り方

うーん、最近、全然キャンプに行けていません。このネタ自体、かなり以前のネタなのですが、キャンプ行きたいよ~と、写真を整理していたら出てきたので、紹介します。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

キャンプに行ったら、やっぱり家ではなかなか体験できないことをやってみたいものです。キャンプと言えば炭火や焚き火を使うことも多いので、炭火を使って何かするというのが1つの楽しみだったりします。ドラえもんのキャンプの話のときに、みんなでバームクーヘンを焼く回があり、子ども達も興味をもつかな?と思って、バームクーヘン作りをしてみました。

ホットケーキミックスは400g使用しました。卵は少しでもふんわりさせるために多めの4つ。砂糖はドバドバっと100g追加。ホットケーキミックスというのは、牛乳などの水分と混ぜてから時間が経てば経つほど膨らまなくなります。また、ホットケーキミックス自体はそれほど甘みのあるものではありませんので、砂糖も大量に追加しました。

これらを大きめのボウルに入れ、アルミホイルを巻いた竹筒(破裂防止のため、節には穴を開けておきます。棒を突っ込んでバシっと叩けば貫通しますよ)に薄く塗って炭火で焼き、それを何度も繰り返して年輪のように焼いていけば完成です。

と、文章を書いているだけで甘くて香ばしい香りを思い出してきました。それほどおいしいものではありませんでしたが、アウトドア効果と自分達で作ったということで、楽しい時間を過ごすことができました。

実践!キャンプでバームクーヘン作り、子ども達30分で飽きるがウケは良好!

というわけで写真を交えてキャンプでのバームクーヘン作りを紹介します。何せ我が家の車が小さいので、あまりキャンプ道具を持っていくことができないため、竹筒一本で楽しめるバームクーヘン作りはちょうどいいイベントでした。結構時間がかかるので、炭はオガ炭などの長時間安定燃焼する炭が良いです。

まずは節を抜いた竹筒にアルミホイルを巻き、溶かしたバターを塗ります。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

そこへ薄っすらとホットケーキミックスをたらします。たらしながら竹筒を回転させて竹筒全面にホットケーキミックスが行き渡るようにし、垂れなくなったら炭火であぶります。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

モコモコっと焼けてきました。ゆっくり回しながら、また炭火に当たらないように気をつけながらじっくり焼きます。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

第一層完了です。とてもいいにおいがします。これをどんどん繰り返します。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

再び竹筒にホットケーキミックを垂らします。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

そして炭火で焼きます。これ、何層目の写真だったかな?
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

程よく焼けたら…
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

またホットケーキミックスを垂らして…
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

焼きます。ひたすらコレを繰り返します。少々形がいびつになっても大丈夫です。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

とういわけで焼き上がりです。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

自分で焼いたバームクーヘンの年輪に子ども達大喜び

え~っと、焼き始めて30分ぐらいで子ども達は飽きてしまい、後は妻と二人でひたすらグルグル焼いていました。太くなってくると時々失敗して炭火に当ててしまって黒いところを作ってしまったり…。それも良い思いでです。

竹筒は簡単に抜けました。予想外です。本当にスポン!と抜けてくれました。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

中はどうなっているのかな?わおっ!ちょっといびつですが年輪がちゃんとできています。難易度は低かったものの、結構な時間がかかったせいか、なんか感動です。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

子ども達も自分で(前半だけですけど)焼いたバームクーヘンに年輪ができてうれしかったようで、かなり盛り上がっていました。
SiSO-LAB☆ホットケーキミックスを使ってキャンプでバームクーヘン作り

味の方は、まあ、わりと固くてパサパサしており、とても美味しい!と言うものでもありませんでしたが、イベント的にはとても楽しい時間でした。特別な道具は不要なので、手軽(だけどちょっと大変)なキャンプでのおやつ作りイベントとしてなかなか楽しめます。

 

炭魂 大黒オガ備長炭 一級品 長時間燃焼 10kg – amazon.co.jp

以前は着火性が良くて安いマングローブなどの炭を使っていましたが、今はバーベキューやキャンプではほとんどオガ炭を使っています。火持ちがいいのでバーベキュー中に追加する必要もほとんど無く、コスパも結果的には良好です。着火性は悪いですが、火起こし器があれば簡単です。近所のホームセンターだとよく品切れしているので、今度はこれを購入しようと思っています。

 

今日の一言二言三言

 

オガ炭は のんびり調理に 便利だね

形状的にも バームクーヘン向き

 

オガ炭は、チャコールスターターがあれば簡単に着火することができます。長い棒のような形をしているので、バームクーヘンのような長いものを焼くのにピッタリ!です。

また、バーベキューをする時でも、火力が強くて1時間以上安定して燃焼してくれるので、途中で炭を追加する必要がありません。以前は着火の簡単なマングローブ炭(ホームセンターでよく山積みになっているやつ)を使っていましたが、今はほとんどオガ炭です。使う量を考えたら、コスパもそれほど悪くありませんのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. CAMP HACK編集部 より:

    突然のご連絡失礼します。アウトドアメディア「CAMP HACK」編集部です。「キャンプ料理」特集記事に11枚目と14枚目のお写真を是非使用させていただければと思います。ご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑