月額892円!LTE通信データ500MBバンドル。格安LTE/3G通信SIM戦国時代、BB.exciteモバイルでもプラン追加!

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


もともと、200kbpsの中では月額が787円と、格安SIMの中でも安かったBB.exciteモバイル、ついにとうとう500MBの高速通信データ分が毎月バンドルされることになりました。SISOは現在、IIJmioを使っていますので、初期費用のことを考えると、契約を乗り換えるところまで心は揺れていませんが、これから加入される方には選択肢が広がって朗報ですね!


 


■3G/LTE格安SIM、戦国時代


よく格安SIIMと呼んでいますが、docomoのデータ通信回線を使って、別のプロバイダが低速化やデータ通信量の制限などをかけることで、安く3G/LTE通信サービスを提供しています。中身はdocomoのSIMなので、ドコモで取り扱っているスマートフォンや、SIM下駄を使ったiPhoneなどに挿入することで、3G/LTE通信をすることができるようになります。


月額1,000円以下のSIMでも、最近は各社200kpbs化したことで、低速通信時でもかなり実用度が上がっています。


ここ数ヶ月、新規参入も含めて、「戦国時代」と呼んでもいいのでは?と思えるぐらいのサービス追加がありました。



 


こうやって自分が描いたイラストを並べてみると…なんだか複雑な気分です。恥ずかしいような楽しいような。hi-hoのやつなんか、小人7人分、よく描いたなぁなんて思います。


各社低速通信時200kbpsですが、毎月500MBバンドルのIIJmioとhi-ho、それに加えてWi2 300(公衆無線LAN)付きののBIC SIM、毎月ではなく毎日30MBバンドルのOCNという感じです。また、わかりやすくまとめたいと思いますが、簡単にはこんな感じです。このサービス競争の中に、ついに、BB.exciteモバイルも参戦しました!


なんで、200kbpsプランの話ばかりしているかといいますと、


 


200kbpsは案外使える!


 


のです。100kbpsだと、遅い、とりあえず無いよりましか…としか思えないのですが、200kbpsあるとIP電話で話をしても、そこそこ快適ですし(短い会話なら相手が気が付かないぐらい)、ネット徘徊はサクサクできなくても検索ぐらいはサクサクっといけます。電車の時間を調べたり天気を調べたり、ネット通販の価格を調べたりするぐらいなら、ばっちり実用範囲です。というわけで、


 


低速通信時でも最大200kbps出るサービスがオススメ


 


と、暗に主張しています。


 


■BB.exciteモバイル新コースと移行手続きについて


6月20日:「BB.exciteモバイルLTE」に新コースが登場 : エキサイト プレスリリース


格安SIM仲間に教えてもらって知ったのですが(ありがとうございます)、6月20日に、新プラン追加に関するうプレスリリースがBB.exciteから出ています。従来コース内容が変更されるのではなく、追加とのことで、IIJmioが500MBバンドルされるようになったときとは違うようです。移行手続きが必要ですが、2013年6月24日(月)12時より、会員様用お手続きページ( https://ssl.excite.co.jp/bb/cdn/lte/docomo/menu/ )にて新コースへのコース変更を先行して受け付けているとのことです。


いずれもLTE通信容量を使い切って低速通信になった場合でも、最大200kbps(最高速度200kbpsで、速度はそのときの状況による、という意味)で通信できます。



  • LTE 500MBコース(SIM 1枚) LTE通信容量500MB…月額 892円

  • 3Gコース(SIM 3枚) LTE通信容量0MB…月額 1,155円(※)

  • LTE 2GBコース(SIM 3枚) LTE通信容量2GB…月額 2,940円

2番目の「3Gコース(SIM 3枚) LTE通信容量0MB」ですが、プレスリリースの下のほうを読むと、


 


◆契約期間中、100MBのLTE容量を毎月プレゼント


 


と書いてあります。なんで上のほうに書かなかったんだろう?きっとこれ、実質、100MBのLTE通信容量が毎月バンドルされるってことですよね?なんで下のほうに分けて書いたのかな???


今回は、あくまでもプラン追加ですので、従来のプランは残ります。従って、200kbpsでは最も安い、「3Gコース(SIM1枚) LTE通信容量0MB 月額 787円」を選択し、必要に応じてLTE通信容量を購入することも可能です。


 


■初期費用について


どこのプロバイダも、初期費用として、SIM登録手数料等の費用が発生します(各社呼び方はマチマチ)。BB.exciteモバイルの場合、以前は4.410円だったと思うのでうすが、現在は、3,675円のようです(BB.exciteモバイルの紹介ページの中ほど「コース料金は?」のところに、小さく書いてあります)。これも安くなりました。ただ、他のプロバイダは概ね3,150円なので、それよりは高いので注意が必要です。


 


■LTE通信通信容量追加もさらに安く


また、LTE通信容量の追加も価格改定が行われ、安くなっています。



  • LTE追加容量 100MB…420円

  • LTE追加容量 200MB…735円

恐らく、200kbpsサービスをしているプロバイダの中では最安値です。追加することがよくある場合は、BB.exciteモバイルが良さそうです。


※2013.06.27追記:友と話をしていて…考えてみれば、もう少し考慮すべき点がありました。それは、使わなかったLTE通信量を翌月に持ち越せるか?購入したLTE通信量との使用順序は?ということです。IIJmioの場合は、1ヶ月繰越、バンドル、クーポンに関係なく古いほうから、という、とてもうれしい仕様になっています。


 


 


■今日の一言二言三言


 



  • BB.exciteモバイルは初期費用がやや高い。

  • 月額は200kbpsの中では最安値。

  • 追加クーポン(LTE通信増量)も安いので、運用費トータルとしては、そのあたりも見込んでおいたほうが吉。

 


ということですになります。これだけサービスが出揃ってくると、それぞれ特徴があって悩みまくります。今のところ、現在契約しているIIJmioから移行するほど悩んでいませんが、もし、「これから契約するんだけど、オススメは?」なんて聞かれた、すごく悩んでしまいそうです。


 


 




SISO-LABオススメエントリ



購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。














AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑