iPhone/iPod touch – ライブなどのバンド生演奏を内臓マイクで録音・前編

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


音量の大きなバンド練習音等を、iPhoneやiPod touchで手軽にそこそこ聞けるように録音する方法を紹介します。アプリは録音レベルの調整できる、iRig Recorderを使います。SISOはサンデーサックスプレーヤーで、アマチュアバンドを組んで活動していますが、よく演奏をiPhoneで録音していますので、経験的な話も含めて紹介させていただきます。


 


■iPhoneでバンド生演奏録音



写真加工してアート風にしていますが、右でサックス吹いているのがSISOです。


バンド演奏などの録音には専用のレコーダーが最も適しています。友人もそういった機器を使っており、これで録音(録画もできますけど)すると、ちょっと唸っちゃうぐらいの、かなりいい音質で録音することができます。さすが専用機、といったところです。しかしながら、まあ、そこそこの音質で、しかもモノラル録音でいいじゃん、と言う話であれば、iPhoneで、しかも内臓マイクを使った録音でも、そこそこいい感じに録音することができます。


iOSには標準で録音アプリがありますが、たぶん会議録音などを想定しているアプリのようです。音量にもよりますが、ちょっとうるさめの演奏ぐらいで音が歪んでしまいます。そのため、ライブ演奏を録音する用途には向きません。ちゃんと録音レベルの調整できるアプリを使って録音することになります。後で紹介しますが、iRig Recorderというアプリを使っています。



 


白ロムiPhone購入検討時、android端末で入力レベルの調整ができるアプリがないか探してみたのですが、よさげなのが見つかりませんでした。いろいろ気に入って購入した白ロムiPhone4Sですが、このあたりもiPhone4Sの購入を決めた理由のひとつです。また、後で少し詳しく書きますが、iPod touchを使っているときからiOSデバイスって、どうもアナログレベルで入力レベルを調整する仕組みが入っているっぽい(これについては未だ未確認ですが)というのもあります。


iPhone単体で録音する場合、マイクは1つ(iPhone5は複数ついているようですが、ステレオ録音目的ではないようです)なのでモノラル録音になります。マイクを外付けすればステレオ録音も可能です。自分の演奏を後で聞き返すぐらいなら、モノラルの内蔵マイクでもそこそこ聞ける音質なので、いつも内臓マイクで録音しています。


しかし、外付けのステレオマイクをつければ、モノラルからステレオ変わると音空間が広がり、マイク性能も良いものが使われていると思いますので、未だにモンモンと、買おうかどうしようか悩んでいたりします。ボーナスが入ったので、買っちゃおうかな…。



 


iPhone5でも、この手の外付けステレオマイクは、もう発売されているのかな?


 


■iPhoneはマイクゲイン調整できるっぽい


調べきったわけではありませんが、なんとなくiPhoneには、ハード的に内臓マイクのゲインを調整する仕組みが実装されているような気がします。イヤホンマイクも同様です。今までいろいろと録音してきましたが、アプリで入力レベル(「ゲイン」とは書いていなかったので)を調整して録音すると、音が歪まずに録音することができるからです。


マイクゲインをハード的に調整する機構が無い場合、録音レベルを調整する=録音時にアナログデータからデジタルデータに変換するときに数値演算的に音量を小さくすることになります。つまり、マイクからプリアンプに入り、その後、アナログ→デジタル変換(A/D変換)することになると思います。音量が大きすぎてA/D変換前に既に音が歪んでしまっている場合、歪んだ音を小さくするだけなので、結果的に何をどうしてもいい音質で録音することは不可能です。


しかし、マイクゲインの調整できる(恐らく、マイクとA/D変換の間にある、プリアンプの増幅率を変えれるのではないかと思います。これを「マイクゲインの調整ができる」と言ってしまっていいのか、ちょっと微妙ですが…)場合は、音量を小さくしたアナログデータをデジタルデータに変換することになります。従って、音が歪むことはありません。もちろん、マイクの限界を超えた音量が入力されれば歪んでしまいますが、経験上、ライブで座って聴いているあたりでの録音で問題になったことはありません。


偶然か必然なのかわかりませんが、音楽仲間では、iPhoneを使っている人が圧倒的に多いです。


 


■そんなわけでiPhoneはバンド演奏録音向きかな


自分の演奏を録音するようになったのは、iPod touch 3rdからですが、iPod touch 3rdはマイクを内蔵していませんので、イヤホンマイクを接続して録音していました。そんなわけで、実際にうまくいくことを確認しているのは、iPod touch 3rdとiPhone4Sです(手持ちがこの2つなので)。両機において、入力ゲインが調整可能で、大音量の音源を録音しても音が歪まないことと、入力レベル調整可能な録音アプリ、iRig Recorderの動作を確認しています。



 


そういえば、白ロムiPhone4Sを購入したきっかけの1つに、演奏録音するのに毎回イヤホンマイクをつけるのがめんどくさくて、iPod touch 3rdから4thに買い換えようか?と悩んだのも1つの理由だったのを思い出しました。その点、今のiPod touch (5th)なら問題ありませんね。あの時、iPod touch 5thが発売されていたら、こっちを買っていたかも。4thと比べたら、カメラの性能が格段に上がっているようです。なんといっても安いですし。ただ、新しいタイプのコネクタに対応したマイクがまだ出揃っていない感じですので、要注意です。iPhone4Sの内臓マイクで録音している感想としては、必要にして十分、音楽として普段聞きでも問題なし、と思っています。



 


というわけで、次エントリで、アプリや小物、実際に録音するときの注意点などを紹介します。


 


 




■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!




■最近は、SIM下駄を使ってIIJmioで3G回線接続して楽しんでいます。以下のエントリに関連情報をまとめています。







購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。















AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー 【au用】iPhone4S対応 SIMロック解除アダプタ Gevey UltraS(IOS5.1.1) 正規品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑