格安SIM激戦中。楽天モバイル、IIJmioに0.1Gバイト対抗して3.1Gバイトで900円/月プラン発表!

公開日: 

SiSO-LAB 楽天モバイル

なんだかすごい競り合いになって来ました。先日、IIJmioが4月から月額900円プランの高速データ通信量を2Gバイトから3Gバイトにアップするニュースをお伝えしましたが、楽天モバイル(フュージョンコミュニケーションズ)も一気に1Gバイトアップ来ましたよ~。

0.1Gバイトの争い、再び!

ここのところ、大手参入予定の発表など何かと活気付いているMVNO業界ですが、さらに新しいニュースが…。先日、IIJmioが月額900円のデータ通信プランを2Gバイトの高速データ通信から3Gバイトへ一気に引き上げるサービス改定の話をお伝えしました。

ところが本日(あ、昨日です)!、楽天モバイルがIIJmioを超える3.1Gバイトのプランを打ち出してきました。まあ、0.1Gバイトというのがなんともな世界ですが、確かにこれなら業界ナンバー1です。

楽天モバイル 月額料金は据え置きで高速通信容量を大幅増量|フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
900円 1,450円 2,260円 …

楽天モバイルは使ったことが無いのですが、月額900円プランはほぼIIJmioと同等です。

  • 初期費用…3,000円
  • 月額…900円(3.1GBデータ通信パック、2015/4/1より)
  • 専用アプリ…高速データ通信量確認、切り替えアプリあり
  • 音声通話プラン…あり
  • MNP…可能
  • 通信速度制限…200kbps(なんとなく昔300kbpsだったような)
  • 高速データ通信容量翌月繰越…無し
  • 速度制限解除…未確認(昨年末の情報で432円/24時間らしいです)

IIJmioの高速データ通信も3Gバイト(4/1より)になりますが、高速データ通信量が余った場合の翌月への繰越扱いが異なります。また、高速データ通信量を使い切ってしまってさらに追加したい場合の購入が、IIJmioでは100MBあたり216円、楽天モバイルはホームページから見つけることができませんでした…。細かな規約を確認しようとするとわかりにくいサイトだな、なんてちょっと思ったり。

そんなわけで昨年11月、ASCIIで掲載されていた情報によれば、423円/24時間とのことです。ガンガン使うのであれば楽天モバイルの方がお得、でもあとちょっと使えれば、みたいな感じであればIIJmioの方がお得というところでしょうか。余ってもIIJmioなら翌月繰越ができますし。

IIJmioと楽天モバイルの速度比較記事

そんなわけでASCIIの週アスPLUS(先ほどの速度制限解除の記事からスタート)を改めて眺めていたら、興味深い記事を発見しました。普段からFeedlyで更新があったら読んでいるものの、改めてあちこち眺めなおすのは久しぶりです。

気になる格安SIMの設定と実測速度を公開:楽天モバイル – 週アスPLUS

気になる格安SIMの設定と実測速度を公開:IIJ mioミニマムスタートプラン – 週アスPLUS

ふむふむ、まさしく今知りたかった情報です!

あれ?ちょっとグラフトリックがありますね…。楽天モバイルの記事の方はグラフの上限値が「Speedtest.net」では25Mbps、「RBB TODAY SPEED TEST」では30Mbpsになっていますが、IIJmioの方では、「Speedtest.net」では35Mbps、「RBB TODAY SPEED TEST」では60Mbpsになっています。

時期が離れているので意図は無いと思います。そんなわけで、箇条書きなどは使わずに文章に情報を埋め込んでみました(これまた文章トリック? :-P)。

 

今日の一言二言三言

 

なんだかね 記事の落とし どころがさ

意外なところで どうしたものかな

 

「おー、楽天モバイル、微妙な感じだけどすごい~」と思ってあれこれ調べ始めたわけですが、最後はなにやら微妙なところに落ち着いてしまいました。グラフは見やすいので特に気をつけないといけないですよね。SiSOは仕事柄、ちょっとうるさい方かも。

グラフトリックについておもしろい記事があるのですが、リンクすると演出臭くなってしまってASCIIさんに申し訳ない気がするので、また何か機会があれば紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑