TASCAM iM2(ステレオマイク)で録音するアプリのオススメ – iPhone/iPod touch

公開日:  最終更新日:2014/06/05

SiSO-LAB

昨夜は燃えたぜー!というわけで、ここ2週間ほどTASCAM iM2をいじっていた成果?で自分のライブを録音してきましたが、やっぱりステレオマイクはいいです。ステージからちょっと離れて録音しているので「はっきりステレオ」と聞こえるわけではありませんが、臨調感があるといいますか、空間を感じさせる音で録音できてます。練習を録音するぐらいならiPhone4sの内臓マイクで十分ですが、これからはライブはiM2で録音します。

 

録音アプリは入力レベルが表示できるものがいい

 

TASCAM iM2本体については、前回のエントリを参照してください。なかなか凛々しくて、iPhoneに接続してスタンドに乗せると、かなりいい感じのレコーダーに見えます。

 

 

TASCAM純正アプリ

TASCAM iM2用の録音アプリとしては、純正アプリがリリースされています。WAVファイルでのステレオ録音が可能で、リアルタイムに表示されるレベルメーターがあるので入力レベルの調整も簡単です。最低限の機能は入っているのですが少々使いにくいところがあります。

 

 

というのも、入力レベル(iM2本体側でも調整できますが)の数値が表示されません。例えば、どこぞのライブハウスで誰それさんを録音する時はどれくらいがいいとか、録音情報を残せません。素人録音の場合、全部、自分でやる都合上、過去データを使って短時間でセッティングをだすのは大事かなと思います。そんなわけで、これは必須機能です。

 

アプリ、どれでも使えるのかよくわかりませんが、いくつか試してみました。

 

 

 

他の録音アプリ比較

ボイスメモ(標準アプリ)

まずは標準アプリの「ボイスメモ」ですが、これはなんか普通に録音できました!入力レベル調整はTASCAM iM2本体側のボリュームで調整する必要があります。でも、ボイスメモで録音できたということで、iM2のインターフェイスは、普通にiPhoneで認識されるインターフェイスのようだ、ということがわかってちょっと安心しました。

 

iRig Recorder Free

一番、お気に入りのiRig Recorder Freeでは録音できませんでした。どうも、iM2を認識してくれないのか、ステレオ録音してくれないのか…。iM2を接続することで、設定項目が一部変化するのですが、試しに押してみたけどダメでした(左がiM2無し、右が接続時です)。

 

ZOOM HandyRecorder

というわけで、オススメはZOOMのHandyRecorderです。入力レベルの数値表示もばっちりですし、録音したデータのカット(指定した時間で2つの録音データに分ける)編集をすることができます。再生場所の指定もスムーズに動いてくれますので、ストレスを感じません。無料なのによくできているな、と思います。これからは、iRig Recorder Freeをやめて、こっちにしようかな。

 

 

録音データをパソコンに転送するには?

いつも同期を取っているパソコンに接続し、iTunesを起動してiPhoneを接続状態します。iTunesでiPhoneを選択し、「App」をクリックします。こうすると、iPhoneにインストールされているアプリ等の情報が表示されるのですが、この画面を下にスクロールするとファイル共有という項目があります。

ここで「HandyRecorder」を指定すると「HandyRecorder」に保存されているWAVファイルが表示されますので、マウスでつまんででWAVファイルを取り出すことができます。これは、TASCAM のPCMRecorder、ZOOMのHandyRecorderともに同じ操作で取り出すことができます。

 

 

 

TASCAM ステレオコンデンサーマイク iPhone/iPad/iPod touch用 ブラック iM2-B – amazon.co.jp

今回購入したステレオマイクです。値段もだいぶ落ち着いているので、ちょっと試しに、と思って購入してみましたが、かなりいい!感じです。どうせ残すならいい音で残したいよな、なんて思うようになりました。
TASCAM ステレオコンデンサーマイク X-Y方式 iOSデバイス用 iM2X – amazon.co.jp

こちらはマイクがクロスしている(X-Y方式)タイプです。

 

 

 

今日の一言二言三言

愕然と するのも最初の 数回だけ

自分の演奏 録音ニンマリ

自分のしゃべっているところを録音(とか、普通にはビデオで撮ることのほうが多いかな?)した音を聴くと、自分がイメージしている音とかけ離れてて愕然とすることがありませんか?演奏なんかしていたら、音の違いに始まり、失敗も含めていろいろ残ってしまうので、恥ずかしいったらありゃしないわけで。でも、不思議なことに何度も聞いているうちに脳内麻薬みたいなのが出始めて、気持ちよく効いちゃうんですよね、不思議。

 

設定ですが、そこそこスピーカーから離れていたので入力レベル-7.2dB(練習よりちょい下げめ)で録音したのですが、一部、音が割れてしまいました。リミッターを有効にしておいたほうがよかったのかな?練習時に何度か録音して入力レベルは調整したのですが、ライブハウスではもっと音が大きかった…。演奏順が一番だったのでまったく調整できず。でも今回で数値が取れたので次回はバッチリです!

 

 

 


関連エントリ


落描解説:昔、SONYのWALKMANのコマーシャルにて、猿がWALKMANを持ちながら何やら浸っている、というコマーシャルがありまた。以前もこのネタでトップイラストを描いたことがありますが、まあ、自分のバンド演奏を聴きなおして反省する、ということで、また、寝たとして使っちゃいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. こんなみ より:

    私も同じの買っちゃいました。
    クロスタイプはQ3HDが有るから使い分けれるようにと。
    標準の録音アプリは評判が悪いのでブログ参考に試させていただきます!

  2. SiSO より:

    こんなみさん>
    おそろですね!iPhoneの内臓マイクでもそこそこ録れていい感じなのですが、これで録音すると「おぉぉぅっ」ってなります。
    持ち運びも簡単、充電しながらの使用も可能なのでいいですよ~。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑