iPhone/iPod touch – ボイスメモで録音したデータをパソコンに転送する方法

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

 

最近、ちょっとiPhoneでの録音ネタをまとめてまして、それに先立って、「知っている人は知っている、知らない人は知らない」(当たり前ですが…)という、標準アプリである「ボイスメモ」で録音したデータをパソコンに転送する方法を紹介します。

 

 

「ボイスメモ」では、メールにて録音したデータを転送できます。しかし、データサイズが大きくなってくると…例えば、数時間の会議を録音した場合など…メールで送信できるサイズ、あるいは受信側の許容サイズを超えてしまうことがあります。

 

そんな時は、iTunesを使ってパソコンに転送することができます。

 

でも、

 

ええ?っと思うような場所から

 

アクセスします。

 

 

 

iTunesにて、iPhone(またはiPod touch)に接続します。そして、「ライブラリ」の下の「ミュージック」を開きます。そうすると、「iPhone4S(iTunesに登録していある名前)」がアルバム、またはアーティストとして表示されます。下のスクリーンショットは、アーティストでアクセスした場合です。

 

 

    • アルバムでアクセス…「ボイスメモ iPhone4S」

 

  • アーティストでアクセス…「iPhone4S n件のボイスメモ」

 

と表示されます。つまり、iTunesは、ボイスメモの録音データを、

 

 

 

「iPhone4S」というアーティストの

 

「ボイスメモ」というアルバム

 

 

 

として認識ているわけです。「アーティスト」なんて言われてしまうと、なんか、会議のメモを録りにくくなってしまいますね…なんてことはないですが。

 

 

 

 

で、このアーティスト(あるいはアルバム)をダブルクリックして開くと、以下の世に、データが表示されます。あとは、これをドラッグ&ドロップすればOKです。

 

 

 

 

標準アプリである「ボイスメモ」もそんなに悪くないアプリだと思います。「これだ!」という録音アプリがあれば別ですが、とりあえず、ということであれば、なかなか使えますのでお試しあれ。ちなみに、ファイルはAAC(Advanced Audio Coding)規格で圧縮されたもので、「m4a」という拡張子になります。

 

このファイルは、以前のエントリで紹介しました、「WavePad」(PC用ソフト)でも編集することが可能です。インストール直後の状態では編集できませんが、このファイルを読み込ませると、自動的に追加プログラムをインストールしてくれるらしいです(実は自動でインストールできたことが無くて、手動でインストールしました)。

 

WavePadの入手方法については、以下のエントリにて解説しています(わかりにくいけど…ちゃんと別のエントリで、使い方も含めて解説した方がよかったかな?と見直してみて反省。そのうち書きます)。

 

 

 

 

 

 


 

■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!

 

 

 


 

購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品(使っているのはブラックモデル64Gです)は以下の物です。リンク先はAmazon.co.jpです。

 

AU iPhone4S 64GB黒 白ロム AU iPhone4S 64GB白 白ロム CAZE iPhone4/4S対応 世界最薄バンパー au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版

 

 


 

 

 

その他AU版iPhone4S白ロム機商品情報リンク(アマゾン
新品 iphone4S 16GB ブラック au 携帯電話 新品 iphone4S 32GB ブラック au 携帯電話 白ロム 新品 iphone4S 16GB ホワイト au 携帯電話 白ロム 新品 iphone4S 32GB ホワイト au 携帯電話 白ロム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑