FUTABA RS301用サーボホルダ試作第二弾

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

久々の更新ですが、実は先週、既にできていたというFUTABA RS301用サーボホルダ試作第二弾です。先週後半から昨日まで出張で写真を撮れなかったため、アップできませんでした。


さて、第二弾のポイントです。


1つめはコンセプト変更です。第一弾は、なんとかフレームになるもの、と思って作っていたのですが、第二弾は、あれこれ考えすぎるのはやめて、まずは単純にサーボに平面を作る、ということを主眼におきました。


2つめはワッシャ不要にしました。ホルダ内側をきれいにくりぬいてぴったりフィットにしました。切削時間はかかりますが、組み立てるときはとても気持ちいいです。


3つめサーボよりも周囲を1mm大きくしました。つまり、縦横で見ると2mmだけホルダの方が大きくなっています。目的は、上面中央にネジ穴をつけたかったこと。第一弾ですと、上面の中央にはネジ穴がありませんでした。下の写真で言うと、サーボホーン右側のところです(もう1つ下の写真だともっとわかりやすいですが)。ここにネジ穴をつけようと思うと、どうしても、一枚ものでかぶせるようにしたくなります。しかし、上部でっぱりを回避して、かつ強度を保つために外周を設けました。うーん、説明が難しいです。



上下面はこんな感じです。今回は、ケーブルの引っ張り出しが左右だけでなく、上方向?からもだせるようにしました。写真一番左のネジ穴は、空けてみたものの使えないことがわかりました。ショック。


 


もう少し、ネジ穴位置を煮詰めなおして(作ってから気づいたのですが、結構、微妙な位置についているので、すっきりとした位置…例えば、13.9mmの位置じゃなくて14.0mmみたいな感じに整理します)実際にマシーン設計してみようと思います。


RS301ユーザーのみなさま>なにかご意見があれば、今のうちにお願いしますねー。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. ほり より:

    裏面のカバーの配線溝は真ん中方向へ走らせて
    穴を開けて取り出すというのはどうでしょうか?
    CEマーキングのEの字の横あたりから出せるようにするとアームへの配線が楽にならないでしょうか。

  2. SiSO より:

    ほりさん>
    それ、いいアイデアですね!全部、つけちゃいましょー。
    「E」の下にあるあたりの穴をつぶして、そこからケーブルをコネクタごと引っ張り出せるぐらいの穴があけれないか検討してみます。

SiSO にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑