自転車をこいで乗るロボットとMR-1

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

先日、「すごいすごい」と紹介させていただいた、自転車に乗るロボットですが、開発社の方のホームページを拝見させていただいていたら、なんと、


MR-1を開発した方


でした。


実は、MR-1、G-Tuneを作ろうと思ったときに情報収集をしていて見つけていまして、その機構を穴が開くほど観察していました。すごすぎて、結局、参考にはならなかったんですが、このリンク機構に、いろいろと夢を見ました。脚のリンク機構とワイヤーによる駆動がすごいです。どうやってこの構造を思いついたのかを解説してください、とお願いしたいぐらいです。写真と動画をよく観察してみると、とても興味深い動きをしますよ。


そういえば、初めてMR-1を見た時のHPには、「Copyright (c) 2001エーアイシステムテクノロジー株式会社」と書いてあったんですが今は書いてありません。なんかあったのかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. Dr.Guero より:

    偶然ここの書き込みを発見し、MR-1に注目して頂いたとのこと、ほんとうに嬉しく思いました。

  2. SiSO より:

    書き込みありがとうございます!
    2003年に、初めてホビーロボットを作るときに拝見させて頂きまして、ほんとに穴が開くほどながめて、さらに厚紙で動作検証の模型を作ったりしてました。MR-1のリンク機構からピピーンと来て考えていたのは、「脚全体の動作を、屈伸サーボと前後動作サーボの2つで制御する」ということでしたが、結局叶わず…。
    自転車に乗るロボットもすごいです。頭をコツーンと殴られたぐらい衝撃的でした。
    今後も楽しみにしていますので、がんばってください。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

PAGE TOP ↑