WordPressでカテゴリ別のRSS(フィード情報)を取得する方法。プラグイン不要でさすがWordPress!な気分。

公開日:  最終更新日:2014/11/10

SiSO-LAB - WordPress And Feedly

WordPressでブログ運営していれば、カテゴリ別にRSS情報を取得できるようにするのはとても簡単でビックリです。SiSO-LABでもしばらく前からサイドバーに実装していますが、お気づきでしたか?

RSSフィード情報があれば簡単にブログ更新情報がわかる

RSSフィード情報は、簡単に言えばブログなどの更新情報を取得するためのもので、Feedlyなどのフィードリーダーサービスを経由することで、WEB上でまとめて更新情報を読んだり、iPhone等の端末で読んだりすることができます。

ニュースサイトなどで、「どこまで読んだっけ?」とあちこち眺めるより、更新された情報だけを表示してくれますので、効率的です。

SiSO-LAB、日頃、気になったこと、思い立ったこと、なんでも記事にしちゃっているためかなりごった煮状態になっています。少しは見やすくなるかな?と期待して、記事はカテゴリで分けているわけですが、RSSフィードにもこのカテゴリ分けを反映できないか調べてみました。

カテゴリ別RSSはWordPressの標準機能だった

何かプラグインを入れないといけないのかな?と思って調べてみたら実は超簡単でして、カテゴリ別表示のURLの最後に「feed」というキーワードを付加するだけでした。

SiSO-LABの場合、カテゴリ表示のURLは、「cat」というURLを入れるようにWordPressを設定しています。

「アウトドア」というカテゴリの場合、「odr」というスラッグ(URLの一部)にしています。URLを「http://siso-lab.net/cat/odr/」のように指定すると、アウトドアカテゴリに属している記事の一覧が表示されます。

RSSフィード情報を取得できるようにするには、カテゴリまで指定したURLの最後に「feed」というキーワードを追加するだけです。

先ほどの「アウトドア」というカテゴリのRSSフィード情報でしたら、「http://siso-lab.net/cat/odr/feed/」というURLにて取得することができます。

サイドバーに実装してみました

ということで、しばらく前からサイドバーに実装しています。

カテゴリ別RSS取得

実装方法ですが、WordPressのウィジェット編集画面でテキストを追加しその中にリンクのためのコードを入れればOKです。

カテゴリ別RSS取得

実際に設定しているコードですが、先ほどのアウトドアカテゴリだけのRSSフィードへのリンクであれば、以下のようになります。


<ul>
<li><a href="http://siso-lab.net/cat/web/odr/feed/" title="このサイトを RSS2.0 で購読">アウトドアカテゴリ投稿の <abbr title="Really Simple Syndication">RSS</abbr></a></li>
</ul>

このコードの元ネタは、WordPressのウィジェットで「メタ情報」を追加した時に生成されたHTMLコードを元にしています。そのため、表示イメージもWordPressのデフォルトと同じようになっています。

 

今日の一言二言三言

 

あれこれと 表示の工夫 してみたら

少しは見やすい ブログになるかな?

 

ネタの種類が散乱しすぎている状況を少しでも収拾するため、これまで、表示カテゴリに合わせた人気記事リスト表示や新着情報リスト表示機能を加えてきました。狙いとしては、検索エンジン経由でアクセスしてくれた方々が、関連情報を探しやすくするためです。

別の期待としては、検索エンジンに対してもわかりやすく、ということもあります。しかし、アクセス数は低迷したままだったりします。

なんか、もっと根本的なところ…そもそもネタが一般ウケしなさすぎとか、文章が下手過ぎとか、いろいろなカテゴリが混ざっているとかが問題なんでしょうか。やっぱりサイト分けないとダメかなぁ。

 

まとめ記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑