Siriって便利だけど、気温を聞くと華氏で教えてくれるのがイマイチ。摂氏に変更する方法とか。 – iPhone/iPod touch

公開日:  最終更新日:2015/03/16

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


最近、Siriを使うようになりました。人前で使うのはちょっと恥ずかしいですが、ちょちょっと天気を調べたりするにはとても便利です。複雑な質問をすると、あまり期待通りの答えを返してくれませんが、シンプルな質問ならかなりの精度で認識してくれます。でも、気温を見たら見慣れない数字…あ、これ華氏ですね。なるほど。いや、ここ日本なんだけどさ。


 


■Siriで「明日の天気は?」と聞くと


ちゃんと位置情報を使って現在地付近の天気を表示してくれます。これぞスマートフォンの機能の極みという感じで、かわいいやつです。また、地名を付け加えて質問すると、その土地の天気を教えてくれます。また、気温なども理解してくれますので、例えば、「今日の東京の気温は?」と聞くと、以下のように表示して音声でも教えてくれます。



 


この画面を見て、あれ?と思ったのが、気温らしき数値。やけに大きな数値が表示されています。音声の方を聞いていると、どうも華氏で表示されているようです。


華氏というのは、アメリカなどで使われている温度の単位系で、日本でよく使われている「℃」は摂氏と呼ばれています。摂氏/華氏換算の計算式はなかなか複雑で、さくっと暗算できるものでもありません。


 


困った!


 


と思いましたが、何のことはない、設定を変更するだけで摂氏になってくれました。でも、設定箇所は予想外のところにありました。


 


■Siriの天気表示を華氏から摂氏に変更


「設定」の中にあるのかな?と思っていたのですが、見当たらず。そんなわけで、ネットで検索してみると、どうやら「天気」アプリ内にある模様。これはズルイな。設定変更は簡単ですが、あまりボタンらしくない場所をタップするので注意が必要です。まずは「天気」アプリを起動します。やっぱりここでも華氏で気温が表示されていますね。



 


この画面の下のほうに「≡」(設定)がありますので、ここをタップすると画面がせり上がり、温度表示モードの切り替えと、天気表示エリアの編集を行うことができるようになります。この、ボタンらしくない「゜C/゜F」と書いてある部分をタップすることで温度表示モードを切り替えることができます。



 


この部分だけ見ても、ボタン表示には見えないですよね?他のアプリのユーザーインターフェイスとはちょっと違う感じで不思議です。他にもこの手の設定がiOS標準アプリに隠れているかもしれません。


再度、Siriに確認してみると、無事、摂氏で表示されました。よかったよかった。



 


■ひょっとしたら、距離を聞いたらマイル?


そんなわけで、温度が華氏ならば、距離もマイルじゃないんかな?と思って、試しに聞いてみました。



 


こちらはちゃんと「km」でした。それにしてもSiriの音声認識能力ってすごいですよね。さらに、漢字も入るわけですが、これもかなりの高精度です。おもしろいなぁ。


 


 


■今日の一言二言三言


 


ブツブツと Siriと話す 秋の夜長


 


電話って、本来、人と話す機械だとは思うのですが、たまにはこんな夜もいいかな?


 


 

 


SISO-LABオススメエントリ



購入参考情報などです。SISOが使用しているAU版iPhone4S白ロム機と関連商品は以下の物です。リンク先はamazon.co.jpです。最近はSIM下駄を入れてスマホ化したので、アクティベイトカードは使っていません。 

AU iPhone4S 64GB黒 白ロム au専用アクティベートカード マイクロSIMサイズ版 IIJmio ウェルカムパック (microSIM) 最新GPP正規品 最新ios6.1.3対応au版iPhone4s gevey simロック解除アダプター 設定手順&apn設定など全てサポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

PAGE TOP ↑