iPhone/iPod touch – スマートフォン用キーボードとして液晶ディスプレイ付きキーボードという発想はすごいな。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。


ちょい前のニュースからですが、ClamCaseというところから、「clambook」をいう製品が発表されました。発売は年内とのことです。この製品は、iPhone、Android用のもので、液晶ディスプレイ付きキーボードとでも言えばいいのでしょうか、ちょっと、こういう発想はありませんでした。なるほど、確かに、ふむふむ、なんて感心しています。


 



 


情報ソースは以下のリンクを参照してください。



ClamCaseのホームページを見ていたら、iPadをはめるとノートPCみたいになるという製品も発売しているようですね。でも、これぐらいの厚みになるんだったら、11インチ液晶ぐらいのUltrabookの方が、トータルでいいような気もしますけど…まあ、どのあたりにメリットを感じるか?というところですよね。なかなかこれだという答えは見つけられません。楽しい悩みでもあります。


 


さて、本題に戻りますが、実は、しばらく前から、iPhone4S用にBluetoothの外付けキーボードを買おうかどうしようか悩んでいます。


フリック入力に不満はありません。不満なのは、ソフトキーボードを表示させると、画面の半分がキーボードで覆われてしまい、短い文章ならばともかく、そこそこまとまった文章や、画像付きの文章を書こうとすると、全体像がさっぱりわからなくなってしまうことです。


せっかくEvernoteが新しくなって、iPhone上でも画像付きのノートを編集できるようになったのに、キーボードが画面の半分を埋めてしまったら、何を書いているのかさっぱりわからなくなってしまいます。こんな感じです。


  


 


そんなわけで、デキが良くて値崩れして激安なポケモンのキーボードとか考えていたのですが(1,500円台ってすごいですよね!)、なんか、このサイズを持ち歩くのも微妙かなぁ、なんて思っていたりします。ところで、このパッケージのピカチュウって微妙な感じだなって思ったんですが、どうでしょう?








 


clambookの話に戻りますが、魅力度は、値段、重さ、大きさによるかな?と思っています。ただ、iPhoneはiPhoneで携帯端末としての完成度の高さがありますし、処理能力もかなりのものです。端末間でデータのやり取りをする必要がないということを考えると、本体そのものでノートパソコンのように使えてしまうというのは、それなりのメリットがあると思います。


パソコンや他の携帯端末(iPad等)とネットワークで同期ができるといっても、それなりに時間が必要になりますから、本体そのもので編集することが最速であることには変わりはありません。


製品写真から、だいたいの大きさは察っすることができますが、できれば、SIGMARION IIIぐらいの面積がいいなぁ、なんて思っています。あれぐらいだと、ぎりぎりタッチタイプできますし、持ち運び性もよいです。以前、SIGMARION IIは持っていましたが、なんだか懐かしいです。


 

Evernote 4.2.1(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 20.6 MB)
全てのバージョンの評価: (29,058件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

※価格は当エントリ作成時のものですので、購入時は、再度ご確認願います。

 




■iPhone4Sについて…iPod touch 64GやAndroid携帯の購入を検討して悩んだ挙句、AU版iPhone4S 64G(白ロム無契約)を購入して愛用しています。購入経緯は以下のエントリでどうぞ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑