名古屋モーターショーに行くことにしました。

公開日:  最終更新日:2014/06/05

すいません m(_ _)m、本記事はブログ引越時に書式が崩れました。順次修正中です。

HIDEさんからのお誘いで、11/25のロボットバトル2007 名古屋モーターショーに行くことにしました。うれしい!最近、仕事が多くて出張もボチボチ入ってたりして、遊びに行くのに何かと腰が重くなっていたのですが(ネットもあんまり見てないし…ROBO-ONEの第13回規定も発表されていたんですね…いろいろ変わってますが、後でゆっくり読もう。)、なんだか急に気力アップです。


こんなとき、まとめてROBOT関係の記事をチェックするにはやっぱり0N0さんの「0N0の電脳壁新聞」が助かります。毎日更新、お疲れ様です。尊敬します。特に最近、自分とこの更新頻度が下がってますし。毎日更新するのって、ほんと大変ですよね。石川さんなんかも結構な更新頻度で、ほんと、すごいなって思います。


…とやる気アップしていたのですが、ROBO-ONE規定を読んでいたらちょっとダウン…現在製作中の新型機、重心の規定に合いそうもない…。まあ、人型が求められているということで、設計しなおそう…。かなりの力作(のつもり)なんですが、残念…。この規定だと、G-Tuneタイプは難しそう。70%ぐらいは部品の切削が終わっていただけにガックシ。今、試しに計測してみたら、ARUMO-SiR07Mですが、うーん。次回のROBO-ONEはARUMO-SiR07Mの改良版をメインに考えていたんですが、これまたダメです。バランスを見直すような改良も考えないと。だんだん第13回ROBO-ONEが遠のいていく~。


さみしく並べてみたりして。



もうちょっとまじめな設計(ヒューマノイドという意味で)をするようにしようかなぁ。あとはもう少しペースアップできる設計コンセプトにしないと続けるのが苦しいかな。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連前後記事

Comment

  1. stellar より:

    こんにちは、
    ROBO-ONEのレギュレーションと既定演技は、かなりレベルアップしましたね。エントリー数が多くなったので、敷居を高くしたって感じですかね?

  2. SiSO より:

    こんばんはー。ざっと読んでみたんですが、敷居があがったというよりは、今時の技術と部品を使えば相応、って感じでしょうか。今までの資格審査とかが、ほぼサンプルモーションでこなせるような内容だったことを考えると、適切な進歩と思ってます。力さえあれば…ってのは勘弁して欲しいですけど、見方を変えれば、180度回転ジャンプぐらいできなければ人間に近づけないって気もします。そんなわけで、設計変更のショックと、重量/軽量級の切り分けが3kgなことをのぞけば、おもしろくなってきたな、と思ってます。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP ↑